このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
堺市
  • 音声読み上げ・文字拡大・ふりがな
  • サイトマップ
  • くらしの情報
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉
  • 観光・歴史・文化
  • 産業・ビジネス
  • 市政情報


本文ここから

ひとり親家庭で障害基礎年金等を受給している方へ 「児童扶養手当」が変わります

更新日:2021年2月1日

1.児童扶養手当と障害年金の併給について

 これまで、ひとり親家庭で障害基礎年金等(※1)を受給している方は、その年金額が児童扶養手当の額を上回る場合、児童扶養手当を受給できませんでした。
 児童扶養手当法の改正により、令和3年3月分からは児童扶養手当の額が障害年金の子の加算部分の額を上回る場合、その差額を児童扶養手当として受給できるようになります。

 (※1)障害基礎年金等
 国民年金法に基づく障害基礎年金と同様に日常生活能力の制約に着目してその者の生活を支えることを趣旨目的とする公的年金給付です。(労災保険の障害補償年金など、その他同趣旨の公的年金)

ご注意

 今回の改正で併給の対象になるのは障害基礎年金等を受給している方のみです。(障害基礎年金1級や2級を受給している方など)

 障害基礎年金を受給していない方(※2)は、今回の改正後も児童扶養手当の額と調整する公的年金等の範囲に変更はありません。障害基礎年金等以外を受給している方は公的年金等の額が児童扶養手当の額を下回っている場合のみ、その差額を受給できます。
 (※2)障害厚生年金3級のみ、遺族年金、老齢年金、労災保険の遺族補償年金などを受給している方

手当を受給するための手続き

 児童扶養手当の申請がまだの方は申請が必要です。なお、令和3年3月1日より前であっても事前申請は可能です。申請や提出書類については、お住いの区役所子育て支援課へお問合せください
 なお、既に児童扶養手当受給資格者として認定を受けている方は、原則、申請は不要です。

お問合せ先 各区役所(子育て支援課)

支給開始月

 通常、児童扶養手当は申請の翌月分から支給開始となりますが、これまで障害年金を受給していたため児童扶養手当を受給できなかった方のうち、令和3年3月1日時点で支給要件を満たしている方は、令和3年6月30日までに申請すれば、令和3年3月分の手当から受給できます。
 令和3年3月2日以降に支給要件を満たして申請した方はその申請の翌月分の手当から受給できます。
 令和3年3月分と4月分の手当は、令和3年5月以降に支払われます。

2.支給制限に関する所得の算定が変わります

 児童扶養手当を算定するにあたって、令和3年3月分以降は障害基礎年金等を受給している受給資格者の支給制限に関する「所得」に非課税公的年金等(※3)が含まれます。
 (※3)非課税公的年金等
 障害年金、遺族年金、労災年金、遺族補償など

 児童扶養手当制度において受給資格者(母子家庭の母など)と、その資格者と生計を同じくする民法上の扶養義務者(子どもの祖父母など)などについて、それぞれ前年の所得に応じて支給を制限する取り扱い(※4)があります。
 (※4)支給制限の額は、扶養親族の数などによって異なります。詳しくはお住いの区役所子育て支援課へお問合わせください。

お問合せ先 各区役所(子育て支援課)

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DCAdobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

このページの作成担当

子ども青少年局 子ども青少年育成部 子ども家庭課
電話:072-228-7331 ファックス:072-228-8341
〒590-0078 堺市堺区南瓦町3番1号 堺市役所高層館8階

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで



以下フッターです。
Copyright © Sakai City. All Rights Reserved.
フッターここまでこのページの上へ戻る