このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
堺市
  • 音声読み上げ・文字拡大・ふりがな
  • サイトマップ
  • くらしの情報
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉
  • 観光・歴史・文化
  • 産業・ビジネス
  • 市政情報


本文ここから

「市民の声」Q&A


上下水道料金の値下げをしてください
   
(市民の声)
  (1)水道料金と下水道使用料が他市よりも高いです。大阪市に比べて努力する気があるのでしょうか。
(2)苦情の電話受付をすべて下請けに丸投げしており、局で対応していません。
   
(市の考え方)
  (1)水道事業並びに下水道事業の経営は、地方公営企業法に基づき、事業の経費は当該事業の経営に伴う収入をもって充てる、いわゆる独立採算制を基本としております。
 これは、サービスの提供に要する経費をその受益者に負担を求める受益者負担の原則により、使用者間の負担の公平性を図るとともに、財政の自主・自立を確保し、効率的な事業運営を達成しようとするものです。
 本市の水道料金は、一般のご家庭で1か月に20立方メートルお使いの場合、消費税込みで2,484円となり、政令市20市中で高い方から11番目、府内43市町村中では35番目の水準となっております。
 また、下水道使用料については2,824円となり、政令市20市中で高い方から3番目、府内43市町村中では2番目の水準となっております。
 本市の水道料金については、直近で、平成21年8月と平成22年10月の二度にわたり引き下げを実施しております。本市の給水人口は平成23年度をピークに減少傾向に転じ、料金収入も減少傾向になっており、今後も減少傾向は続くものと予測しております。
 今後、上町断層帯地震等を想定した施設耐震化及び経年劣化施設の更新など、水道の安定供給に向けた取組も必要となることから、現時点において更なる引き下げを実施することは難しいと考えております。
 また、本市の最重点施策の一つとして積極的に進めてきた下水道整備により、下水道使用料は、平成12年度、平成15年度、平成18年度と値上げを実施しました。
 下水道整備を進めた結果、本市の下水道普及率は、平成27年度末で98.0%となり、多くの方に下水道をご利用いただけるようになった一方、近年の急速な下水道整備により、その事業費の財源として借り入れた企業債の支払利息や新たに整備を行った下水道施設に係る減価償却費が多くなり、使用料の算定に影響を与えているところです。
 本市を含め多くの市町村では、使用水量が多くなるほど単価が高くなる逓増制の料金体系を採用しておりますが、大阪市など、多くの水を使用・排出する大企業や大規模ビルが集中している事業体においては、高い単価部分での収入割合が大きく、その分、一般家庭(小口使用者)の水道料金及び下水道使用料を低く抑えることができていると考えられます。
 このように、下水道事業を独立採算制のもとで経営する場合、下水道の整備時期や普及状況、都市構造などの条件によって、下水道使用料は各都市間で差が生じますが、本市では、人件費の削減をはじめ、維持管理費の削減や水洗化率向上による使用料収入の増加などの経営改革にも取り組んでおり、引き続き経営基盤の強化に努めているところです。
 今後は、下水道事業の経営状況や災害対策などの市民の安全安心を守る取組の推進状況を勘案しつつ、下水道使用料の引き下げについても検討していきたいと考えております。
 今後とも、より安価に水道及び下水道をご利用していただけるように、更なる経営の効率化を図り、より一層の経費削減に努めてまいりますので、現行の上下水道料金についてご理解くださいますようお願いいたします。

(2)水道の使用開始や使用休止などの各種の届出、水道料金及び下水道使用料に関するお問合せ等の電話受付につきましては、総合窓口であるお客様センターで対応しております。
 お客様センターは、一元的かつ統一的な対応、局の営業時間外の受付等によるお客さまサービスの向上及び業務の効率化を目的として民間委託しておりますが、問合せの内容によっては、局担当課による電話対応も行っております。
 お客様センターに寄せられた、お客様からの貴重なご意見やお叱りのお言葉などにつきましては、「お客様の声」として、局内においても共有化を図り、お客様サービスの向上、上下水道事業の充実化等に活用させていただいております。

【掲載日】平成28年10月14日
   
(分類)
  上下水道>下水道>下水道使用料
   
(受付日)
  平成28年9月12日
   
(担当局部課)
 
上下水道局経営管理部経営企画課
   
(関連情報)
 
   
 


以下フッターです。
Copyright © Sakai City. All Rights Reserved.
フッターここまでこのページの上へ戻る