このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
堺市
  • 音声読み上げ・文字拡大・ふりがな
  • サイトマップ
  • くらしの情報
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉
  • 観光・歴史・文化
  • 産業・ビジネス
  • 市政情報


本文ここから

セルフメディケーション税制の明細書(個人住民税関係)

更新日:2021年1月29日

申請書等の名称

セルフメディケーション税制の明細書(PDF:60KB)
セルフメディケーション税制の明細書(エクセル:16KB)

制度の概要

平成30年度以降の市民税・府民税の申告において、セルフメディケーション税制(医療費控除の特例)の適用を申告する場合に、市民税・府民税申告書に添付して提出する書類です。
ただし、この制度の適用を受けるためには、この書類の提出の他に、この制度の適用を受ける方がその適用を受けようとする年分に一定の取組を行ったことを明らかにする書類(1氏名、2取組を行った年、3取組に係る事業を行った保険者、事業者若しくは市区町村の名称又は取組に係る診察を行った医療機関の名称若しくは医師の氏名の記載があるものに限ります。)の提出又は提示が必要です。

対象者の条件 平成30年度以降の市民税・府民税の申告において、セルフメディケーション税制(医療費控除の特例)の適用を申告される方。
記入上の注意 「薬局などの支払先の名称」、「医薬品の名称」ごとにまとめて記入することができます。
郵送の可否 可(送付先 市民税課
問い合わせ先

市民税課

受付窓口

市民税課(通年)、各区役所の申告会場(申告期間のみ)、各区市税の窓口(申告期間以外の期間。ただし、申告の内容によっては市民税課への取次となります。)

受付日時 午前9時から午後5時15分まで(土曜・日曜日、祝日、年末年始を除く)
その他

・この明細書によりセルフメディケーション税制(医療費控除の特例)の適用を受ける方は、通常の医療費控除を受けることはできません。
・この明細書を提出した場合、医薬品購入費の領収書を提出する必要はありません。ただし、明細書の記入内容の確認のため、領収書の提示または提出を求める場合がありますので、ご自宅等で5年間保管してください。

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DCAdobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

このページの作成担当

財政局 税務部 市税事務所 市民税課
電話:072-231-9751 市民税第一係(堺区・西区),072-231-9752 市民税第二係(中区・南区),072-231-9753 市民税第三係(東区・北区・美原区),072-231-9754 管理係,072-231-9755 特別徴収係 ファックス:072-251-5632
〒591-8037 堺市北区百舌鳥赤畑町1丁3番地1 三国ヶ丘庁舎内 市税事務所2階

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで



以下フッターです。
Copyright © Sakai City. All Rights Reserved.
フッターここまでこのページの上へ戻る