平成28年度美原区区民評議会の検証

最終更新日:2019年3月29日

検証の概要

区民評議会の機能・役割をより一層高め、区民との協働・参画による魅力あるまちづくりを推進する仕組みとするため、その活動内容などについて検証を実施しました。

検証のポイント

1.開催状況

・区域課題や実情の把握
 諮問事項を決定するにあたり、また会議を開催するにあたり、区域の課題や実情をしっかりと把握できているか、どのような手法で把握しているか など
・議員との情報交換、共有
 日常的に議員が把握している地域の実情や区民の声を聞き取り、また会議での議論状況などを情報共有できているか など
・諮問事項の妥当性
 区域の課題解決、区域の特性に応じたまちづくりに資する諮問事項となっているか、また今後の年次的な計画に基づき諮問がなされているか など
・市民、区民の関心を高めるための工夫
 区民評議会への関心を醸成するための工夫がなされているか など

2.委員構成

・男女比、年齢層、区域在住・在勤・在学者のバランスと人数
 委員構成は、幅広い視点により議論ができるものとなっているか、また人数は十分か
・区域内活動者、学識経験者、公募委員のバランスと人数
 地域性、専門性を有する委員、公募により任用している委員のバランスはどうか、また人数は十分か など
・公募委員の役割と活動内容
 公募委員はどのような役割を果たしているか、またその活動は議論にどのような影響を与えているか など
・議論の内容などに応じた対応(特別委員や専門部会などの活用)
 必要に応じて特別委員や専門部会などの活用が図れているか など

3.議論状況

・幅広い区民の意見の把握、取り入れ
 日常的に幅広い様々な層の区民、多くの声なき声や想いを十分に把握し、議論などへ取り入れ、反映できているか など
・「地域性」と「専門性」両方の視点による議論
 「地域の課題や実情を把握している委員」と「議論に専門性を与える委員」それぞれの視点からどのような意見があり、双方の視点による議論が導き出されているか など 

4.区域のまちづくり   

・区域のまちづくりに対する有効性
 中間報告や答申、意見が区域の特性に応じたまちづくりにつながっているか など

 

検証の結果

平成28年度 区民評議会の検証について(美原区)(平成29年2月時点・PDFデータ)(PDF:113KB)

このページの作成担当

美原区役所 企画総務課
電話:072-363-9311