子ども・子育て支援新制度に移行しない私立幼稚園児への助成・給付

最終更新日:2020年6月16日

(令和元年10月~)幼児教育・保育の無償化について

令和元年10月から始まる幼児教育無償化により、私立幼稚園に通う幼児の保護者の負担を軽減する制度が変わりました。令和元年10月以降、就園奨励費補助金は廃止され、新たに施設等利用給付事業が施行されています。なお、堺市独自の補助金である幼児補助金は継続しています(令和3年度廃止予定。令和2年度に満3歳児クラス及び3歳児クラスに入園するお子さんから対象となりません。)。
幼児教育・保育の無償化について

幼児補助金(対象年齢:4歳児・5歳児)について

堺市では、私立幼稚園(※)に通う幼児の保護者の入園料と保育料の負担を軽減するため、幼児補助金の助成制度を実施しています。
幼児補助金は、堺市独自の補助金です。
※子ども・子育て支援新制度に移行していない私立幼稚園が対象となります。詳しくは、園にご確認ください。

1 補助を受けることができる方

堺市に住所を有し、私立幼稚園に在園している4歳児・5歳児の保護者。
住所を有するとは、住民登録と居住実態が一致していることをいいます。

2 申請方法

補助金の交付申請は、通園先の私立幼稚園を通じて行う、又は市担当課(幼保推進課)に直接持参又は郵送にて受付することができます。幼稚園を通じて申請を行う場合、幼稚園が指定する提出期限までに、幼稚園に提出してください。市担当課(幼保推進課)に直接持参又は郵送する場合、通園先の私立幼稚園にその旨を伝えてください。

3 補助金額

年額(上限)31,200円(2,600円×在園月数)
幼稚園が定める入園料・保育料が25,700円を上回る場合に交付します。

4 補助金の交付時期

令和3年5月下旬(予定)
振込日等については、通園先の幼稚園を通じてお知らせします。
なお、締め切り直前の申請や審査の進捗状況等によって、補助金の支給時期が遅くなる場合があります。

5 提出書類について

堺市私立幼稚園幼児補助金交付申請書

申請後の変更について

申請後から園児を扶養する方が変わった場合は?(離婚・死亡など)

令和3年2月28日までに変わった場合は「世帯変更申立書」を令和3年2月28日までに幼稚園に提出してください。
3月以降に世帯状況に変更があったとしても、世帯変更申立書の受け付けは行いません。

※施設等利用給付認定を受けられている方について
施設等利用給付認定日以降、認定期間中に認定した世帯状況から変わった場合、『施設等利用給付認定(変更・取消)申請(届出)書』を幼稚園から受け取り(堺市ホームページよりダウンロードすることができます。)、記入後、速やかに幼稚園に提出してください。

退園や堺市外へ転出(住民登録を異動)する場合は?

「園児異動報告書」を幼稚園から受け取り(堺市ホームページよりダウンロードすることができます。)、記入後、速やかに幼稚園に提出してください。

「園児異動報告書」と「施設等利用給付認定(変更・取消)申請(届出)書(※)」を幼稚園から受け取り(堺市ホームページよりダウンロードすることができます。)、記入後、速やかに幼稚園に提出してください。なお、転出後は転出先の市区町村で新たに施設等利用給付の申請をすることになります。
詳しくは、転出先の市区町村にお問い合わせください。

「園児異動報告書」と「施設等利用給付認定(変更・取消)申請(届出)書(※)」を幼稚園から受け取り(堺市ホームページよりダウンロードすることができます。)、記入後、速やかに幼稚園に提出してください。なお、転出後は転出先の市区町村で新たに施設等利用給付の申請をすることになります。
詳しくは、転出先の市区町村にお問い合わせください。

※幼稚園を退園したが堺市在住の場合は、『施設等利用給付認定(変更・取消)申請(届出)書』の提出は不要です。

このページの作成担当

子ども青少年局 子育て支援部 幼保推進課
電話:072-228-7173