65歳以上の方などへのインフルエンザ予防接種について

最終更新日:2021年10月11日

 季節性のインフルエンザは、例年12月~3月ごろに流行します。高齢者の方がインフルエンザに感染すると発病しやすくなったり、また、症状が重くなったりしますので注意しましょう。

実施期間

令和3年10月21日(木曜)から令和4年1月31日(月曜)
※上記期間外の接種については、公費負担の対象になりませんのでご注意ください。

対象者(市に住民登録のある方が対象)

※接種当日は、医療機関へ健康保険証など年齢確認できるものを持参してください。

接種費用

対象者が市内の契約医療機関で接種した場合
自己負担金 1,500円(1回目のみ)

ただし、対象者のうち、以下の世帯に属する方は、自己負担金が免除されます。
(1)令和3年度市民税非課税世帯
(2)生活保護世帯
(3)中国残留邦人等支援給付世帯
(4)堺市の公害健康被害補償の対象となる方

自己負担金免除の手続き

 接種を予定している契約医療機関の窓口に、自己負担金免除に該当することの証明できる書類を提示してください。自己負担金が免除されます。

1 令和3年度市民税非課税世帯

下記の証明書類のうち、いずれかを医療機関の窓口にご提示ください。

 上記の書類をお持ちでない方は、事前にお住まいの保健センターに申請してください。自己負担金が免除される無料受診券を発行します。必ず健康保険証など、本人確認できるものを持参してください(※申請の受け付けは、令和3年10月14日(木曜)から、各保健センターで行います。)。
 なお、同一世帯の家族以外の代理人が申請する場合は、委任状と代理人本人である確認のできるものが必要です。委任状の様式は下記よりダウンロードしていただくか、任意の様式でも結構です。

※令和3年度1月1日時点において、堺市以外に住民登録されていた方については、別途書類が必要な場合がありますので、事前に保健センターにお問い合わせください。

2 生活保護世帯

下記の証明書類のうち、いずれかを医療機関の窓口にご提示ください。

3 中国残留邦人等支援給付世帯

下記の証明書類のうち、いずれかを医療機関の窓口にご提示ください。

※接種後の申請は一切できません。
※自費で支払った後に、市から費用をお返しする償還制度はありません(以下4の方を除く)。

4 堺市の公害健康被害補償の対象となる方

堺市公害医療手帳を医療機関の窓口にご提示ください。

注意事項

次の場合、接種費用は全額自己負担になります。医療機関で定めた接種費用を負担していただくことになりますので、ご注意ください。

(1)実施期間外に接種する場合
(2)対象者以外の方が接種する場合
(3)市の契約医療機関以外で接種する場合
(4)実施期間中に2回目以上の接種を受ける場合

堺市外の契約医療機関以外で予防接種を受ける場合は下記リンク先をご覧ください。

実施医療機関

市の契約医療機関にて実施します。

契約医療機関名簿

以下のファイルに、実施医療機関を掲載しております。なお、目の不自由な方などで、実施医療機関をより早くお知りになりたい場合などには、感染症対策課072‐340‐3074まで、ご遠慮なくお問い合わせください(お問い合わせ時間:平日9:00~17:30まで)。

このページの作成担当

健康福祉局 健康部 保健所 感染症対策課
電話:072-222-9933