このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
堺市
  • 音声読み上げ・文字拡大・ふりがな
  • サイトマップ
  • くらしの情報
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉
  • 観光・歴史・文化
  • 産業・ビジネス
  • 市政情報


本文ここから

【記念品】Dコース(注染)

更新日:2018年6月1日

記念品の選び方」「その他注意事項」に、堺市からの大切なご案内を記載しています。ご一読の上、お申し込みください。
※寄附金の使いみちに「原池公園野球場指定寄附金」を希望される方は、記念品が異なります。詳しくは、こちらをご覧ください。
※寄附金の使いみちに「大浜体育館指定寄附金」を希望される方は、記念品が異なります。詳しくは、こちらをご覧ください。

堺の特産品 Dコース 一覧(注染)

D-01 堺一心染(5,000円)

丹念に染められた 手染めの手法「注染」 スカーフや和の雑貨素材としても人気です

職人の手作業により表裏両面から染めていますので両面が染まる、糸の中にまで染料がしみこむ、また差し分け染めやボカシ染めができる、などのプリントにはない特徴があります。洗うたびに生地は肌触りがよくなり、手染めならではの風合いも増していきます。
・【サイズ】 商品全て 約35センチメートル×90センチメートル 
・【素材】 商品全て 綿100% 
☆柄の選択可能☆(下記の数字より、1種類ご指定ください)

  1. かまわぬ
  2. 花かごめ
  3. なし
  4. 太陽の花

D-02 減災手ぬぐい(捺染)セット(5,000円)

サイズ約35cm~90cm、素材、綿100%

D-03.04.05 にじゆら(手拭い) 2枚組(15,000円)

世界にふたつとない、オンリーワンの魅力をお手元に

注染は、すべてを職人が手作業で行うので、ひとつとして同じものは存在しません。
職人の手作業だからこそ表現できる、繊細でやさしいぼかしやにじみの何ともいえない風合いが注染の一番の魅力といえます。

(堺燈台)旧堺灯台を背景に自転車で旅する様子を表現しています。「灯台」「自転車」「注染」と堺にまつわるストーリーのある手拭いです。
(ボタン)ヨーロッパをメインに、世界各地のかわいいボタンを直輸入。神戸にあるお店の佇まい・ディスプレイも素敵な、「手芸屋Rollo」とのコラボレーション。
(ROND2)注染独特のぼかしの技法をふんだんに使ったROND。型を使わず職人の感覚で染めるので、染めるたびに違った色合い、違った柄の大きさになります。
(GIRL)落ち着いたイメージの一人の女の子。少し大人びた彼女に起こった物語を想像してみてください。色の配色が美しい手ぬぐいです。
【サイズ】 商品全て 約35センチメートル×90センチメートル 
【素材】 商品全て 綿100% 
☆組合せ選択可能☆(下記の3パターンからご指定ください)

(1)堺燈台と(2)ボタンのセット(各1枚入)
(1)堺燈台と(3)ROND2のセット(各1枚入)
(1)堺燈台と(4)GIRLのセット(各1枚入)

D-06 にじゆら 堺セット+タペストリー棒(35,000円)

サイズ約35cm×90cm、素材・綿100%、棒2本 2×2×42cm、紐1本 約80cm

D-07 堺注染 手作り日傘(50,000円)

柄の選択可能!あなただけのオンリーワン日傘で粋にお出かけ

(左) 日傘 全体イメージ、(右) 日傘 柄イメージ

平成24年度大阪製ブランドのロールモデル(優秀優良商品)に選ばれました
注染手拭の日傘です。熟練の染色職人と傘職人が一本一本丁寧に仕上げた手作りの日傘。スレン染料を用いることで、手染めながら日光堅牢度の高い日傘にしました。生地の素材感を活かし、涼しさを感じていただくために、UV加工・防水加工処理はあえて行っておりません。手拭いを裁断し、傘の骨組みに一枚一枚縫い付けていますので、同じ手拭いのデザインでも、日傘としては「あなた」だけのオンリーワン日傘です。
・スレン染料使用、手染
・UV・防水加工なし(紫外線遮蔽率80%以上)
・親骨長さ:50センチメートル
*柄が写真と異なる場合あり
☆柄の選択可能☆ (下記の数字より、1種類ご指定ください)

  1. 団扇文様(紺)
  2. 団扇文様(赤)
  3. いとし藤
  4. 太陽の花

D-08 日傘、扇子(夏の夜)、ガーゼストール(風光る)(70,000円)

日傘/選択制、扇子/夏の夜(開いた状態 約22cm×約24cm)、ガーゼストール/風光る(約34cm×約180cm)

このページの作成担当

財政局 財政部 資金課
電話:072-228-7191 ファックス:072-228-7856
〒590-0078 堺市堺区南瓦町3番1号 堺市役所本館4階

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで



以下フッターです。
Copyright © Sakai City. All Rights Reserved.
フッターここまでこのページの上へ戻る