このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
堺市
  • 音声読み上げ・文字拡大・ふりがな
  • サイトマップ
  • くらしの情報
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉
  • 観光・歴史・文化
  • 産業・ビジネス
  • 市政情報


本文ここから

第15回堺市景観賞(平成25年度)

更新日:2014年1月30日

 堺市景観賞は、堺市内の優れた景観を有する建築物、工作物、広告物の所有者等、まちなみ及び良好な景観形成に貢献する活動を行う人々を表彰することにより、市民及び事業者とともに魅力ある都市空間の形成を推進するものです。
 今回は、平成25年7月1日から8月30日にかけて募集し、皆さまから推薦・応募をいただきました。ありがとうございました。
 選考の結果、建築物等部門3件、歴史的建造物部門2件の合計5件を堺市景観賞に選びました。

総評

堺市景観賞選考委員会会長 増田 昇

 15回目を迎えた今回は部門を見直し、歴史的建造物部門を新たに設け、従来の部門を統合した建築物等部門と景観活動部門、まちなみ部門の4部門とした。一次選考における委員選出と市民投票を経て、建築物等部門19件中7件、歴史的建造物部門2件中2件、まちなみ部門2件中1件、計10件を二次選考対象として選出した。二次選考では現地審査を実施し、建築物等部門3件と歴史的建造物部門2件を堺市景観賞とした。今回応募された物件は、教育施設や業務施設、工場、商業施設、住宅等と多岐に渡っており、景観の重要性が多様な部門で認識され始めているといえよう。
 また、今回新設された歴史的建造物部門は、長い年月に渡って使い続けられてきたものであり、「生き続ける景観」として堺市の地域性や個性を表出するものとして重要である。 
 一方、景観資源はまだまだ点的分布に留まっているが、これらの資源が連続し魅力的なまちなみの形成や面的に広がることによって、魅力的な地区景観が形成されていくことが望まれる。

受賞一覧

建築物等部門

歴史的建造物部門

第15回堺市景観賞の概要

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DCAdobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

このページの作成担当

建築都市局 都市計画部 都市景観室
電話:072-228-7432 ファックス:072-228-8468
〒590-0078 堺市堺区南瓦町3番1号 堺市役所高層館16階

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで

サブナビゲーションここから

都市景観

情報が見つからないときは

世界文化遺産を大阪に 百舌鳥・古市古墳群

サブナビゲーションここまで


以下フッターです。
Copyright © Sakai City. All Rights Reserved.
フッターここまでこのページの上へ戻る