このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
堺市
  • 音声読み上げ・文字拡大・ふりがな
  • サイトマップ
  • くらしの情報
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉
  • 観光・歴史・文化
  • 産業・ビジネス
  • 市政情報


本文ここから

第14回堺市景観賞の概要

更新日:2012年12月19日

趣旨

 堺市内の優れた景観を有する建築物、工作物、まちの風景及びそれらを支える人々を堺市長が表彰し、市民及び事業者とともに魅力ある都市空間の形成を進めようとするものです。

対象

堺市内にある次のようなものが対象です。

建築物部門(ビル、店舗、住宅など)

工作物・広告物部門

  • おおむね10年間(平成13年4月から平成23年6月)に新設、補修、改築等を行ったもので、次の(1)から(4)のいずれかに該当していると思われるもの

(1)先進的なデザイン等を取り入れ、まちのシンボルとなるような魅力を発信しているもの
(2)古い時代の堺のまちなみ又は自然の保護に配慮しているもの
(3)周辺のまちなみに調和し、付近の景観を引き立たせているもの
(4)モニュメント等(記念碑、顕彰碑、歌碑、その他これらに類するもの)の工作物は、設置に合わせて景観形成に寄与するよう設置地を整備したもの
ただし、建築物・工作物の建築等及び広告物の設置にあたり、許認可等の手続きを経ていないものは表彰の対象外となります。

景観活動部門

  • 美しいまちなみを形成し、又は保全する取組みを行っている団体等

まち部門

  • 地域が誇る景観や事物で、その場所を印象的にしている場所や空間等の風景等

※次のものについては対象外とします。

[1]国・地方公共団体などの施行によるもの

[2]文化財保護法その他条例等による指定等を受けているもの

[3]過去に堺市景観賞で表彰されたもの

募集・審査対象

  • 平成23年7月1日(金曜)から8月31日(水曜)
  • 推薦・応募55件
  • 審査対象41件(建築物部門30件 工作物・広告物部門2件 景観活動部門5件 まち部門4件)

審査

(1)一次審査

市民審査(平成23年9月27日(火曜)から9月30日(金曜)、市役所高層館1階北側ロビー)

  • 審査方法:推薦・応募物件の写真を展示、一人につき3つまで物件を投票
    (投票者数529人、総投票数1,464票)

書類審査(平成23年10月19日(水曜)、堺市総合福祉会館5階 第1研修室)

  • 審査方法:審査員による審査(推薦・応募物件の写真及び資料)と市民審査による結果(上位3物件)から二次審査対象物件を選考
  • 審査結果:建築物部門8件、工作物・広告物部門1件、景観活動部門2件、まち部門1件を選定

(2)二次審査(平成23年11月25日(金曜)、現地審査)

  • 審査方法:審査員による現地審査
  • 審査結果:建築物部門3件、景観活動部門2件、奨励賞1件を選定

審査員(敬称略)

増田 昇(委員長) 大阪府立大学大学院生命環境科学研究科教授

岩井珠惠 ヴィジュアルデザイナー

岡村 筍 堺デザイン協会理事長

藤本英子 京都市立芸術大学美術学部デザイン科教授

柳川陽文 社団法人大阪府建築士会会長

このページの作成担当

建築都市局 都市計画部 都市景観室
電話:072-228-7432 ファックス:072-228-8468
〒590-0078 堺市堺区南瓦町3番1号 堺市役所高層館16階

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで



以下フッターです。
Copyright © Sakai City. All Rights Reserved.
フッターここまでこのページの上へ戻る