このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
堺市
  • 音声読み上げ・文字拡大・ふりがな
  • サイトマップ
  • くらしの情報
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉
  • 観光・歴史・文化
  • 産業・ビジネス
  • 市政情報


本文ここから

『堺 風のまち広場』 手作りチェアでさかいの春風を感じよう!

更新日:2017年3月16日

平成28年年度堺市と関西大学の地域連携事業

堺地方合同庁舎前の広場に自由に座れる椅子やかざぐるまを置いて、広場を通る風を感じながら心地よく過ごせる場を設えます。
25日(土曜)には、人数限定で国産の天然木を使ってキャンプチェアを作るワークショップも開催します。
春の光のなか、いつもとは違う雰囲気の広場で、のんびりとお話をしたり、くつろいだりしてみませんか。もしかしたら、広場の桜も少しほころび始めているかもしれません。
※飲食物の販売はありません。持込み自由。食べ終わったゴミは各自でお持ち帰りください。

開催概要
日時  2017年3月25日(土曜)、3月26日(日曜) 午前10時から午後5時
 ※雨天中止 中止の場合は広場のホームページに掲載します。
場所  市民交流広場 堺地方合同庁舎前
展示内容
  • 自由にくつろげる、手作りの椅子とテーブル
  • 堺の子供たちと一緒に作ったかざぐるま(昨年7月29日、30日のワークショップで制作)
  • 広場のかぜの調査に関するパネル
  • 天然木のキャンプチェアづくりWOKRSHOP(25日(土曜)のみ/ 先着順人数限定)
ワークショップについて

第1部 3月25日11時~  先着順 10組限定 (10時40分受付開始)
第2部 3月25日15時~  先着順 10組限定 (14時40分受付開始)

所用時間 1時間~2時間程度
参加料  1組500円 (材料費および保険料)
※制作した椅子は会期終了後お持ち帰りいただけます。
事前申込み不要、先着順、直接会場にお越しください。

小学生から大人まで、お一人でも、親子や友人と一緒でも参加いただけます。
ただし、制作する椅子は1組につき1脚です。
小学生の方は必ず大人と一緒にご参加ください。

関西大学建築学科の大学院生や大学生が作り方をレクチャーして、制作をサポートします。

ワークショップでつかう木のはなし
関西大学建築環境デザイン研究室では、兵庫県丹波市青垣町佐治でのまちづくり活動を10年ものあいだ継続し、多くの成果をあげています。
自然豊かな丹波市は豊富な森林資源を有しており、「丹波杉」のブランドで知られています。
昨年から始まった堺市市民交流広場での活動と丹波での活動をつなごうと、今回のワークショップでは、「ひのき」「すぎ」「けやき」「くり」の4種類の丹波の木材を使います。

【プレビュー】丹波天然木キャンプチェアWORKSHOP

1. 木をえらぶ                    2. くみたてる                    3. クギをうつ

4. 布をはる                          5. たたんで運ぶ

所要時間 1~2時間!   完成!

企画実施:関西大学 建築環境デザイン研究室 / 関西大学 佐治スタジオ                                                       協力:関西大学建築環境工学第三研究室

問合せ先: 堺すまいまちづくり公社 072-222-4050 / 堺市都心まちづくり課 072-228-7514

このページの作成担当

建築都市局 都市再生部 都心まちづくり課
電話:072-228-7514 ファックス:072-228-8034
〒590-0078 堺市堺区南瓦町3番1号 堺市役所高層館14階

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで



以下フッターです。
Copyright © Sakai City. All Rights Reserved.
フッターここまでこのページの上へ戻る