このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
堺市
  • 音声読み上げ・文字拡大・ふりがな
  • サイトマップ
  • くらしの情報
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉
  • 観光・歴史・文化
  • 産業・ビジネス
  • 市政情報


本文ここから

平成29年就業構造基本調査にご協力を

更新日:2017年8月31日

ポスター

平成29年就業構造基本調査を平成29年10月1日を基準日として実施します。
調査へのご理解とご協力をお願いします。

調査の目的

国民の就業・不就業の状態を明らかにすることを目的とし、統計法に基づき実施する国の重要な調査です。
調査結果は雇用・経済施策などの企画や立案のための基礎資料として活用します。

調査の対象

総務大臣が指定した地域に居住し、かつ、その地域の中から総務大臣が定めた抽出方法で選出された世帯の15歳以上の世帯員を対象とします。
堺市では105調査区、約1,600世帯の約4,000人が対象となります。

調査の期間

大阪府知事が任命した統計調査員が以下の期間中、調査対象となる地域・世帯を訪問します。
  8月下旬から9月上旬・・・調査対象となる地域の全世帯に調査のお知らせリーフレットを配布します。
  9月下旬から10月下旬・・・対象地域の中から選出され、調査対象となった世帯に調査票を配布・回収します。

調査の方法

統計調査員が世帯に調査票を配布し、インターネットによる回答又は記入済みの調査票を回収する方法により行います。
☆皆様により便利にご回答いただくため、パソコンやスマートフォンなどを使って簡単にインターネットによる回答ができます☆

調査する内容

全ての人について・・・男女の別、出生の年月、教育の状況、育児・介護の有無など
ふだん仕事をしている人について・・・・雇用契約期間、仕事内容、1週間あたりの就業時間、現職に就いた理由など
ふだん仕事をしていない人について・・・・就業希望の有無、希望する職種、求職活動の有無など

かたり調査にご注意ください

統計調査員は顔写真付きの「調査員証」を必ず携帯しています。
この調査は金銭を要求することや、銀行口座、クレジットカード番号をお聞きすることは一切ありません。
政府の統計調査をよそおって世帯の情報を聞き出そうとする不審な訪問者や、不審な電話・電子メールなどにご注意ください。

個人情報の保護について

ご回答いただいた内容を統計作成の目的以外に使用することは統計法で固く禁じられています。
また、統計調査員をはじめとする調査関係者が調査で知り得た事項を他に漏らしてはならない義務も統計法に規定されています。

関連リンク

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。平成29年就業構造基本調査(総務省統計局ホームページ)

このページの作成担当

市長公室 企画部 調査統計担当
電話:072-228-7450 ファックス:072-222-9694
〒590-0078 堺市堺区南瓦町3番1号 堺市役所本館4階

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで



以下フッターです。
Copyright © Sakai City. All Rights Reserved.
フッターここまでこのページの上へ戻る