このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
堺市
  • 音声読み上げ・文字拡大・ふりがな
  • サイトマップ
  • くらしの情報
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉
  • 観光・歴史・文化
  • 産業・ビジネス
  • 市政情報


本文ここから

アセアン映画フェスタ2018

更新日:2018年8月27日

映画の上映を行います。鑑賞をご希望方は、事前申込が必要です。申込方法をごらんください。

上映作品と上映スケジュール

日にち 上映時間 タイトル/制作年
2018年10月15日(月曜) 午後2時30分から(本編103分) ベトナム 草原に黄色い花を見つける(2015年)
2018年10月16日(火曜) 午前10時30分から(本編112分) ラオス、日本合作 ラオス 竜の奇跡(2016年)
2018年10月16日(火曜)

午後2時30分から(本編93分)

マレーシア、オランダ、ドイツ、フランス合作 世界を救った男たち(2014年)

全作品日本語字幕付、吹替はありません。

会場

パンジョホール(泉北高速鉄道泉ケ丘駅から南東へ約750メートル)

上映作品概要

「草原に黄色い花を見つける」


(c)2015 Galaxy Media and Entertainment. All rights reserved.

1980年代後半、ベトナム中南部の貧しい村に生きる、兄弟と幼馴染みの少女との淡い初恋を描いたベトナムの人気作家グエン・ニャット・アインのベストセラー小説を原作に、新世代監督、ヴィクター・ヴーが詩情豊かに映画化。

【あらすじ】
ティエウとトゥオンの兄弟は、いつも一緒の仲の良い兄弟。思春期を迎える12才の兄ティエウは、近所に住む少女ムーンが気になっているが、うまく想いを伝えることができない。そんなある日、ムーンが家の不幸から兄弟の家に身を寄せることになる。一緒に過ごす時間にティエウの恋心は募るばかり。しかし急接近したトゥオンとムーンの仲に嫉妬したティエウは、遂に取返しのつかないことをしてしまう…。

「ラオス 竜の奇跡」


(c)Japan-Laos Creative Partners

1960年のラオスに実在した日本人技師をモデルに、現代のラオスの少女が過去にタイムスリップし、日本人青年と出会うという、時空を超えたネイチャーファンタジーです。ラオスの美しい大自然を舞台に、私たちが大切にすべき「人を思いやる優しさ」を思い起こしてくれる珠玉の名編が生まれました。

【あらすじ】
1960年(昭和35年)、オリンピック開催を間近に控えた日本。終戦から15年が経ち、誰もが上を向いていた時代に日本を飛び出し、ダム建設調査の為、ラオスに渡った日本人(川井)がいた。しかし、川井は調査中の事故で消息を絶つ。時を経て2015年、経済発展が進む首都ビエンチャン。ラオス人女性「ノイ」が友人たちとナグム観光の折、森に迷い、1960年のラオスにタイムスリップしてしまう。そこで、水難事故にあった「川井」に出会う。

「世界を救った男たち」

(c) 2014 Everything Films, Volya Films, Flying Moon Filmproduktion, Mandra Films. All rights reserved.

2014年マレーシア国内で行われるマレーシア映画祭にて、最優秀作品賞を受賞。マレーハウス(マレー系伝統的家屋)は石造りや瓦屋根を持つ家屋より軽量なので、家ごと引越しをすることもできるとか。

【あらすじ】
娘の結婚祝いに、マレーハウスをプレゼントしたいアワンお父さん。村の仲間に協力してもらい、家をジャングルから担いで移動させることになりましたが、その家には若い女を襲う「油男」と呼ばれる伝説のお化けが住んでいると噂が広がり、村人は大パニック。疑心暗鬼になった人々が繰り広げるドタバタ劇に翻弄されるアワン。人々の誤解が、誤解を生む大騒動の行方は…。

申込方法

1 電子申請システム:https://shinsei.city.sakai.lg.jp/sakai-u/offer/offerList_detail.action?tempSeq=1901 【24時間受付】
2 電話: 072-222-7343 (堺市役所国際部アセアン交流推進室) 【祝日を除く月曜日から金曜日の午前9時から午後5時30分まで受付】

申込期間

2018年9月3日9時から10月12日午後5時30分まで
※定員になり次第受付を終了いたします。

必要事項

(1)申込代表者氏名、(2)連絡先(電話番号)、(3)観覧希望映画名及び入場人数 ※複数映画の申し込みも可能です。

費用

無料

定員

各回150人程度

備考

開場は各回開演の20分前で、自由席です。

このページの作成担当

文化観光局 国際部 アセアン交流推進室
電話:072-222-7343 ファックス:072-228-7900
〒590-0078 堺市堺区南瓦町3番1号 堺市役所高層館6階

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで



以下フッターです。
Copyright © Sakai City. All Rights Reserved.
フッターここまでこのページの上へ戻る