このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
堺市
  • 音声読み上げ・文字拡大・ふりがな
  • サイトマップ
  • くらしの情報
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉
  • 観光・歴史・文化
  • 産業・ビジネス
  • 市政情報


本文ここから

第3回市長の「ふれあいトーク」

更新日:2015年10月15日

  • 開催日:平成27年10月1日(木曜)
  • 開催場所:堺市南区竹城台 みんなのひろば はっぴいえんど 
  • テーマ:「音楽を通じた地域の活性化について」

 市長の「ふれあいトーク」は市民の皆さんと市長が直接対話し、相互理解を深め、ともにまちづくりを進めることを目的に開催しています。

 今回は、市内の障害児施設や老人ホーム、地域のイベント等で演奏活動を行っている「はっぴいえんど音楽隊」の皆さん7人が竹山市長と意見交換しました。

 なお、当日は意見交換の前に、皆さんから歌と演奏を披露していただきました。

参加者の皆さんの主な発言と市長の主な発言

坂田勢津子さん(はっぴいえんど音楽隊代表)

  • 障害児にとっては、コンサートやライブは行きにくい環境です。そんな子ども達に「生」の音楽を聴いてもらって、一緒に歌ったり、踊ったりできればいいなとの思いから、この活動を始めました。
  • 子ども達が「夢」を持つことができる社会を願っています。そのためには、私たちの世代が頑張らないといけないと思っています。これからも、音楽を通じて社会に貢献していきたいです。

市長

  • 音楽があると心がなごみ、気持ちに余裕ができます。皆さんの訪問先の方々も、きっと同じ気持ちになったのではないでしょうか。
  • 市民の皆さんと一緒になって、次世代の子ども達が「夢」や「希望」を持つことができるまちにしていきたいと思います。それが、私達の世代の仕事だと思います。
  • また、音楽を通じて、学校の雰囲気が良くなったという事例もあります。音楽が学校の特色にもなり、地域からも応援されるようになることが大事だと思います。

中辻律子さん

  • 私たちの演奏を聴いてくれた方々に喜んでいただけると、こちらも嬉しくなり、私たちの方が元気をもらっています。音楽の力は本当に大きいと思います。
  • 活動を通じて、「演奏したい」「歌いたい」という方だけでなく、「聴きたい」という方も大勢いることを知りました。そのような方と心の交流が出来ることをうれしく思っています。

市長

  • 訪問先の方々の年代が皆さんと近い場合だと、一層身近に感じられて、喜ばれているのでしょうね。
  • 高齢になると表情が乏しくなると言われますが、皆さんの音楽を聴いて、昔を思い出して感動されているのでしょう。素晴らしいことだと思います。

天羽貴美子さん

  • お年寄りには懐メロ、子ども達にはアニメソングなど、訪問先に応じて演奏する曲を変えることで喜ばれています。中には感動で涙を流されたり、私の手を握ってくれる人もいます。
  • 先日、市役所前で行われた「ガシペラ」に参加しました。すごく心地よく歌わせていただきました。お客さんも大勢いらしてましたので、この場所を活用したイベントは地域の活性化に繋がるのではないでしょうか。

市長

  • 堺東周辺を、お年寄りから子どもまで、いろんな年代が集まる場所にしないといけないと思っています。人が集まれば、にぎやかな会話が始まり、輪が広がります。これがまちの活性化に繋がるのだと思います。

我妻 勉さん

  • 地域の小学生にサッカーを教えていますが、子ども達には、サッカーと勉強以外にも「頑張れるものを持ちなさい」と言っています。今では音楽に興味を持つ子も増えてきました。
  • 音楽をする人にとっての課題は「発表する場がない」ことです。これからは、もっと「SAKAIサウスミュージックカーニバル」のようなイベントを増やしてほしいと思います。

市長

  • 多分野・多方面で活躍できる人は、将来、地域でも核となって活躍してくれるのではないでしょうか。
  • 音楽活動をされている方の「発表する場」としても利用できるよう、市役所の前にある「市民交流広場」を開放しています。行政としては、今後も「場づくり」の面での支援を考えていきたいと思います。

丸山雅章さん

  • 親が地域でつながりを持てば、子どものためにもなると思います。その意味では音楽は適しており、これからは、子ども達も地域に巻き込んでいきたいと思います。

市長

  • 「地域内のつながり」は子ども達にとっても本当に大事だと思います。最近は子ども達も様々な悩みごとを抱えているので、身近に「悩みを聞いてくれる人がいる」という環境づくりが大切だと思います。
  • 行政としても、各区に設置している「区教育・健全育成相談窓口」などをもっとPRしていかないといけないと思います。

坂田善彦さん(ミュージシャン「SUN」さん)

  • 音楽イベントを行うには、主催者が自立する力を持たないといけないと思いますが、行政には、きっかけづくりや「発表する場」を作る際のバックアップの面で、力を貸して欲しいです。
  • アートであふれる街は「かっこいい」し、「素敵」だと思います。堺もそんな街になればいいなと思っています。

市長

  • 子どもたちが「夢」「希望」「自尊心」を持ち続けるためには、音楽などを通じて情操を養うことが大事だと思います。
  • 最近は「世の中が、ぎすぎすしている」と言われますが、音楽や絵画などの芸術・文化に触れることで、心がなごみます。堺ではそのような機会を増やして、ゆとりを持てるまちにしていきたいと思います。

中浦義巳さん

  • 南区に音楽のシンボルになるような施設があれば、若い人を呼び込むことができ、活性化に繋がると思います。
  • 南区の「SAKAIサウスミュージックカーニバル」に携わっています。イベントの開催にあたっては、人の輪を広げていくという意識が大切だと思います。

市長

  • 若い人を呼び込むためには、「ショッピングセンター」とまではいかなくても、「ちょっと遊ぶことができるところ」は必要だと感じています。
  • イベントを続けるために、「核」となる人は大変だと思います。これからは、それを担える人を地域で育てていくということが大事だと思います。

このページの作成担当

市長公室 広報部 市政情報課
電話:(市政情報係)072-228-7439、(広聴係)072-228-7475 ファックス:072-228-7444
〒590-0078 堺市堺区南瓦町3番1号 堺市役所本館5階
(市政情報センター)〒590-0078 堺市堺区南瓦町3番1号 堺市役所高層館3階

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで

サブナビゲーションここから

第3回市長の「ふれあいトーク」

  • 第3回市長の「ふれあいトーク」

情報が見つからないときは

世界文化遺産を大阪に 百舌鳥・古市古墳群

サブナビゲーションここまで


以下フッターです。
Copyright © Sakai City. All Rights Reserved.
フッターここまでこのページの上へ戻る