このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
堺市
  • 音声読み上げ・文字拡大・ふりがな
  • サイトマップ
  • くらしの情報
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉
  • 観光・歴史・文化
  • 産業・ビジネス
  • 市政情報


本文ここから

第4回市長の「ふれあいトーク」

  • 開催日:平成27年2 月21日(土曜)
  • 開催場所:堺市役所高層館20階 第1特別会議室
  • テーマ:「自転車のまち・堺の実現に向けて」

自転車のまち・堺の実現に向けて

 市長の「ふれあいトーク」は市民の皆さんと市長が直接対話し、市民との協働によるまちづくりを推進していくことを目的に実施するものです。
 今回は、「自転車のまち・堺の実現に向けて」をテーマに、自転車業界関係者及び自転車愛好家の皆さんと竹山市長が活発な意見交換を行いました。

参加者の主な発言

  • 自転車道の整備はとても素晴らしい取組だと思います。この整備は、自転車に乗る人だけでなく、自動車、歩行者などすべての人に有益だと思います。
  • 堺の自転車の歴史や先端技術、また走行マナーを学習する場、いわゆる「堺自転車の楽校」を開設したいと思っています。
  • 定期的に自転車の整備や交通ルール・マナーのイベントを開き、自転車に興味を持ってもらうことは重要だと思います。整備することで未然に事故が防げるケースもあります。
  • 堺市立高校の約7割の生徒が自転車通学をしています。先日、スケアード・ストレート※の自転車安全教育を実施しましたが、啓発効果が期待できます。
  • トップアスリートを真近で観戦できる「ツアー・オブ・ジャパン」を今後も堺で継続してほしいと思います。
  • 堺は自転車のまちと呼ばれていますが、堺ならではのものが少ないと思います。「自転車のまち」を推進するにあたっては、「健康づくり」の観点から仕掛けをするのもいいと思います。
  • 泉北ニュータウンは、道が広く特に桜や紅葉の時期などは自転車で走るにはとてもいい環境です。南区を自転車のモデル地区に設定するなど、多くの方にPRしていき、この魅力を知ってもらいたいと思います。

竹山市長の主な発言

  • 自転車の製造に大きく関わることとなった堺のものづくりの歴史、伝統を誇りに思っています。「シビックプライド(堺の誇り)」を継承していく必要があると思います。。
  • 自転車を安全に利用するためには、自転車道の整備だけでなく、利用者の交通ルール・マナーに対する理解、協力が必要です。
  • 自転車マナーを守ることはとても大切です。スケアード・ストレート※は、学校だけでなく、自治会等と協働して開催するなど、学校・地域が一体となり交通安全教育に取り組んでいきたいと思います。
  • 大阪府内の健康寿命が下がってきています。日常生活で自転車を利用することで、健康寿命を延ばすことができると思いますので、市民に浸透させていきたいです。
  • 南区は、自然環境が多く残っており、住環境はとてもよいところです。高齢者も多く、若者と高齢者の交流のツールに自転車は活かせると思います。
  • 皆さんの自転車への熱い思いを聞かせていただき、感銘を受けました。自転車のまち・堺の実現に向けて、自転車とまち、人が発展、共存できるまちづくりを行っていきたいと思います。

※ スケアード・ストレート・・・交通事故の再現シーンを直視し、事故の恐怖を体感することによって、自転車運転中における危険な行為等を未然に防ぐとともに、交通ルール順守の重要性を学習する効果的な教育技法

本文ここまで



以下フッターです。
Copyright © Sakai City. All Rights Reserved.
フッターここまでこのページの上へ戻る