このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
堺市
  • 音声読み上げ・文字拡大・ふりがな
  • サイトマップ
  • くらしの情報
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉
  • 観光・歴史・文化
  • 産業・ビジネス
  • 市政情報


本文ここから

第2回市長の「ふれあいトーク」

  • 開催日:平成26年8 月4日(月曜)
  • 開催場所:堺市役所本館4階 秘書課会議室
  • テーマ:「市民と創る文化のまち堺をめざして」

 市長の「ふれあいトーク」は市民の皆さんと市長が直接対話し、市民との協働によるまちづくりを推進していくことを目的に実施するものです。
 今回は、堺市新進アーティストバンクに登録されている皆さん7人が参加し、竹山市長と意見交換しました。

市民と創る文化のまち堺をめざして

参加者の主な発言

  • 演奏するだけではなく、演奏会などを自ら企画・運営することで、裏方の役割などを知り、多くのことを学ぶことができる機会になっています。
  • 展示会を開催するには、様々な方の協力が必要になってきます。また、芸術では作品を作るだけでなく、活動を広めたり、自分で企画を練ることが大切だと思っています。
  • 聴衆のニーズと自分たちの芸術性を高める活動とをマッチさせるような工夫や、興味あるものと芸術とをからめる、いろんな切り口でアプローチするなど、芸術家もいかに皆さんに楽しんでもらえるかを考えることも必要ではないかと思います。
  • 音楽に縁のない方にも楽しんでもらえるように工夫して演奏会をつくり上げています。身近に音楽を楽しんでもらえるような環境づくりが必要だと思っています。
  • 堺市新進アーティストバンクのシステムは素晴らしいと思っていますが、広く周知されておらず、まだ利用が多くありません。民間事業者など、多くの方に利用いただきたいと思っています。

竹山市長の主な発言

  • 市民が文化をつくっていくのが堺の古くからの伝統です。これからの時代は、古い文化と新しい文化を融合していかなければならないと思っています。皆さんの芸術、創造活動が高まるように市としても支援していきたいと思っています。
  • 市民交流広場などの公共の場で、パフォーマンスをしてもらい、若者を呼んでいただきたいと思っています。定期的に演奏会を行うなど、工夫していきたいと思っています。
  • 人は文化・芸術に対する根源的な欲求を持っていると思います。そこで、文化・芸術が身近となるようなまちづくりが求められます。もう一方で、幼少の頃から、文化・芸術に触れる教育を行うことも大切だと思います。また、レベルの高い文化・芸術に触れることで、豊かな感受性を育むことができると思っています。
  • 堺市新進アーティストバンク制度を様々なところへPRしていますが、まだまだ浸透しきれていない状況です。皆さんの活動を広げ、市民が文化・芸術に触れる機会を増やしていくことも大切ですので、活用いただけるよう広報していきたい思います。
本文ここまで



以下フッターです。
Copyright © Sakai City. All Rights Reserved.
フッターここまでこのページの上へ戻る