このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
堺市
  • 音声読み上げ・文字拡大・ふりがな
  • サイトマップ
  • くらしの情報
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉
  • 観光・歴史・文化
  • 産業・ビジネス
  • 市政情報


本文ここから

平成29年度 第3回 市長の「元気!いきいき訪問」

更新日:2018年1月12日

  • 訪問日時:平成29年12月8日(金曜) 午前11時30分~午後1時
  • 訪問場所:堺市西区鳳南町4丁444-1 西保健センター
  • 訪問先:堺市健康づくり食生活改善推進協議会西支部(おおとり食改)

 
 12月8日、竹山市長は堺市健康づくり食生活改善推進協議会西支部(おおとり食改)が運営する料理教室に参加しました。
 おおとり食改は、「私たちの健康は私たちの手で」をスローガンに、子どもから高齢者まで地域に健康の輪を広げる活動をしているボランティアグループで、料理教室の開催や食育イベントへの参加などによって、健康づくりを啓発しています。昭和58年に発足した鳳保健所栄養学級同好会を前身とし、西保健センターで開催されている健康づくり教室の修了者で組織されています。

 訪問したこの日は生活習慣病を予防するための男性料理教室が開催されており、参加者の皆さんと「野菜たっぷり減塩クッキング」をテーマに、鶏肉の南蛮漬け、とん汁、キャベツの即席昆布茶漬け、さつまいものチーズようかんを調理した後、おいしくいただきました。

集合写真1

 その後、竹山市長は運営メンバーの皆さんと懇談を行いました。

 皆さんからは、

  • メンバーは地元の各地区から集まっており、栄養・運動・休養の3つを柱に健康づくりをわかりやすく啓発しています。
  • 3歳児健診時に野菜の実物を見せ、1日に必要な野菜の摂取量を周知しています。夏休み親子クッキングや男性料理教室では味噌汁やお吸い物の塩分濃度を測定し、減塩の重要性を説明しています。
  • 食育ボランティアは大変ですが、啓発活動で普段関わりのない若い人たちとふれあえることが楽しく、とてもやりがいを感じています。
  • 30年以上活動を続けているメンバーもいますが、高齢化などでメンバーが減ってきているので、定年を迎えた男性などもメンバーになってほしい。

 などの声がありました。

 皆さんの意見に対して、竹山市長は、

  • 健康づくりにはバランスの取れた栄養の摂取が重要なので、子どもから高齢者まで啓発する皆さんの活動に感謝しています。
  • 地域活動に参加する男性を増やし、長生きにつながる健康的な食事や運動、人とのコミュニケーションを促進して、市民の健康寿命を延ばしていきたいと考えています。
  • 市長の仕事は健康でなければできないので、皆さんに教わった栄養・運動・休養の3つの柱を、自分の生活でも実践しようと思います。

 と述べました。

集合写真2

このページの作成担当

市長公室 広報部 市政情報課
電話:(市政情報係)072-228-7439、(広聴係)072-228-7475 ファックス:072-228-7444
〒590-0078 堺市堺区南瓦町3番1号 堺市役所本館5階
(市政情報センター)〒590-0078 堺市堺区南瓦町3番1号 堺市役所高層館3階

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで



以下フッターです。
Copyright © Sakai City. All Rights Reserved.
フッターここまでこのページの上へ戻る