このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
堺市
  • 音声読み上げ・文字拡大・ふりがな
  • サイトマップ
  • くらしの情報
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉
  • 観光・歴史・文化
  • 産業・ビジネス
  • 市政情報


本文ここから

平成23年度 第1回 市長の「元気!いきいき訪問」

更新日:2012年12月19日

  • 訪問日時: 平成23年4月15日(金曜)午前10時30分から
  • 訪問団体: 野田校区福祉委員会
  • 訪問先: 南野田地域会館「ふれあい喫茶」

 竹山市長が平成23年4月15日(金曜)に「南野田地域会館」(東区南野田)で、野田校区福祉委員会が実施している「ふれあい喫茶」を訪問し、その後、校区福祉ボランティアの皆さんと懇談しました。
 野田校区福祉委員会は、自治会・民生委員児童委員会・青少年指導員会・体育指導委員会・老人会・子ども会・野田小学校PTA・野田中学校PTAなどで構成され、ひとり暮らしの高齢者、障害のある人、子育て中の保護者などで支援を必要とする人たちが地域で孤立することなく暮らせるように、住民主体のボランティアが個別援助活動やグループ援助活動などさまざまな活動を実践しています。

 竹山市長は、「ふれあい喫茶」では、この日参加されていた地域の皆さんに気軽に声をかけ、歓談を楽しみました。参加者の皆さんからは「毎回楽しみに参加しています。」「皆さんとお茶を飲みながらいろいろな話ができて、とても楽しいです。」との話や、「東日本大震災の支援物資を送りたいのですが」などの質問があり、「市としても全力をあげて支援しているので、皆さんも市役所や区役所へ支援物資を届けてください。」と答えました。

 「ふれあい喫茶」視察後、竹山市長は同会館2階会議室で、福祉委員会のさまざまな活動内容について映像により説明を受け、委員会の代表者及びボランティアの皆さん計15人と懇談しました。
 福祉委員会の西野委員長からは「今日は市長とざっくばらんに対話したいと思います。ボランティア活動はみんなを元気にし、自身の活性化にもつながるので、自らの健康のためにもどんどん外へ出ることが大切だと思います。」との話がありました。

 また、他の参加者からは、「地域活動の担い手が高齢化しているので、若い人たちにも参加を呼びかけていきたい。」「地元の伝承や歴史など、子どもたちに伝えていきたい。」「市街化調整区域の開発を止めて、緑や田園風景を守るようにしてほしい。」などの意見や、「東日本大震災の被災者を、当校区の雇用促進住宅で受け入れることができました。」との報告もありました。

 これに対して、竹山市長は、「本日は野田校区の、子どもから高齢者にわたるさまざまな地域の支えあい活動を知り、地域の結びつき、連携の強さを感じました。地域を強くするための基盤整備は行政の務めだと思っています。」「子どもたちに堺に愛着を持ってもらうために、郷土の歴史をきちんと教えることが大切です。」また、「今回の震災の被災地域に対し、本市では全国トップクラスの人的支援を行っています。みなさんも、引き続きご支援をお願いします。」と述べました。

市長と皆さんの写真

このページの作成担当

市長公室 広報部 市政情報課
電話:(市政情報係)072-228-7439、(広聴係)072-228-7475 ファックス:072-228-7444
〒590-0078 堺市堺区南瓦町3番1号 堺市役所本館5階
(市政情報センター)〒590-0078 堺市堺区南瓦町3番1号 堺市役所高層館3階

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで



以下フッターです。
Copyright © Sakai City. All Rights Reserved.
フッターここまでこのページの上へ戻る