このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
堺市
  • 音声読み上げ・文字拡大・ふりがな
  • サイトマップ
  • くらしの情報
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉
  • 観光・歴史・文化
  • 産業・ビジネス
  • 市政情報


本文ここから

堺市長定例記者会見 平成29年7月25日

更新日:2017年7月31日

市長

世界文化遺産登録実現に向けた取組について

 まず初めに、文化審議会世界文化遺産部会がいよいよ今月末に開催される予定でございます。間もなく具体的な日時が発表されると思いますが、現時点ではまだまいっておりません。
 決定の当日、堺市では、高層館の21階ロビーで世界遺産登録を応援する堺市民の会や市民の皆さんと一緒に吉報を待ちたいと思っております。
 市民の皆さんに国内推薦獲得の報告ができることを楽しみにいたしております。
 現在、堺市ではさまざまな環境整備を進めております。その一環として、JR百舌鳥駅前の収塚古墳広場にお土産物屋さん、「もず庵」を開設することになりました。オープンは8月上旬の予定でございます。
 堺の銘菓、和菓子や、そしてお茶、伝統産業品の注染の手ぬぐいや線香、昆布などを販売いたします。さらに古墳型のクッションなど古墳関連の多彩な商品が並ぶ予定でございますので、開店後はぜひお立ち寄りいただきたいと思います。

稲本響氏・稲本渡氏の堺親善アーティスト就任について

 次にお若いアーティストの力で堺の魅力を全国に発信していく「堺親善アーティスト」に堺出身のピアニストで作曲家の稲本響さん、そしてクラリネット奏者の稲本渡さんのご兄弟に就任していただくことになりました。
 堺親善アーティストは、ロックバンドのKANA-BOONに続き、2組目となります。
 兄の響さんは、モントリオール世界映画祭のグランプリを獲得した作品にかかわるなど、映画・舞台・ドラマ・CMなどの多彩な分野で、作曲・音楽監督を務められてるところでございます。
 弟の渡さんは、京都御苑での奉納演奏や、自身がプロデュースするオーケストラで全国ツアーをされております。4月の文化財特別公開におきましても、妙國寺本堂前でコンサートをしていただきました。
 今回、音楽のみならず、幅広い文化・芸術活動で活躍されている稲本ご兄弟に就任いただけることを非常にうれしく思っております。

市役所前市民交流広場のオープンについて

 9月2日、土曜日の市民交流広場のオープニングイベントにおきまして、委嘱式を行いたいと思っております。当日は、渡さんを中心としたトリオコンサートが開かれるところでございます。
 お二人には、今後とも堺の魅力を発信していただいて、堺を盛り上げていただくことを期待いたしております。
 9月2日、土曜日当日は、午後2時からオープニングイベントを開催して、募集しておりました市民交流広場の愛称も発表させていただきます。
 ステージでは、堺少女歌劇団や堺・泉州ご当地アイドルであるCulumiさんのパフォーマンスや、堺観光ボランティア協会の皆さん方による「KOFUNダンス」もご披露いただきます。
 また、鳳高校出身の若手グラフィックデザイナー森俊博さんと一緒に、大きなキャンバスに、みんなでペイントできる参加型のプログラムも予定いたしております。そのほか、お子さんが楽しめるようなスイカ割りや水遊びなどたくさんご用意いたしております。スライダーがあったり、いろいろ子供さんが水遊びで楽しんでいただくところでございます。
 夕方の6時には、先ほどご紹介いたしました稲本渡さんのコンサートが行われます。そのコンサートから、ドライミストに光を当ててつくり上げる幻想的なミストホログラムもごらんいただけるところでございます。
 また、これに先立つ8月27日、日曜日には、プレオープニングイベントといたしまして、「ダンスパワーSAKAI」を開催いたします。全国大会に出場いたしました堺の8つの高校のダンス部、総勢300人が大ステージを所狭しと踊る圧巻のステージが期待できます。若い力による迫力のあるステージをご披露いただきたいと思います。これは登美丘高校、去年のダンス選手権の優勝校、2年連続の優勝校でございます。大阪のおばちゃんをイメージしたダンスでございます。
 なお、9月中は、「堺市・バークレー市姉妹都市提携50周年記念イベント」を初め、小中学生によるブラスバンドコンサート、南大阪地域の大学8校による合同学園祭など、盛りだくさんのイベントを開催いたします。10月以降は、一般の方もご利用できますので、ぜひ使っていただきたいと思います。
 今後、この広場で、さまざまなステージや物販などのイベントが開催されることで、さらなるにぎわいや人の流れが生まれます。また、堺東に立ち寄った方が、ほっとできる「憩いの場」として幅広い層の皆さんに、新しい広場を使っていただけると思っております。

工場夜景ツアーの実施について

 次に、今年の1月に大好評でございました堺・泉北臨海工業地帯の工場夜景のバスツアーを、今回は、クルーズ船ツアーとして、9月2日、土曜日に高石市と共同で実施いたします。
 私も先日、クルーズ船に試乗いたしましたが、真っ暗な海に鮮やかに浮かぶ工場群の迫力は圧巻でございます。建物からの光が水面に映し出される風景も幻想的なものがございます。当日は、バスにもご乗車いただきまして、間近に見る工場夜景など、陸上からの見どころもご案内いたします。明後日の7月27日、木曜日から、8月11日、金曜日まで参加応募を受け付けます。定員は30人でございます。
 1月のツアーは、先着順で、すぐに定員に達してしまいましたが、今回は抽せんで行います。ぜひご応募いただきたいと思います。

管理職によるイクボス宣言の実施について

 最後に、管理職によるイクボス宣言の実施ついて、お知らせいたします。
 私は、平成26年11月に全国の自治体首長で初となるイクボス宣言を行いました。それ以降、職員のワーク・ライフ・バランスを応援してきたところでございます。本年の5月には、「堺市職員働き方改革プラン“SWITCH”」を策定いたしまして、ワーク・ライフ・バランスを推進するため、全庁一丸となって長時間労働防止などに取り組んでいるところでございます。
 それに当たりまして、特に管理職には「職員の健康に留意し、仕事のパフォーマンスを向上させる」ことが求められております。
 そうしたことから、今般、働き方改革の取り組みの一環といたしまして、イクボスの趣旨を理解する管理職が、自らイクボス宣言を行うことによりまして、ワーク・ライフ・バランスの推進を通じて、市民サービスの向上を図っていきたいと考えております。
 管理職がイクボス宣言を行うことによりまして、子育てや介護などで時間に制約のある職員に理解をもち、キャリア形成を応援する私の姿勢がさらに浸透していくのではないかと思っております。
 また、本市の取り組みを民間事業者も含め、市全体に伝えることによりまして、ワーク・ライフ・バランスの重要性を浸透させて、女性の活躍推進にもつなげていきたいと考えております。
 私からは以上でございます。

質疑応答

(産経新聞)

 冒頭に市長が百舌鳥古市古墳群の世界文化遺産の発表の日は堺市役所の21階のセレモニーに出席されるというふうにおっしゃっていたんですけれども、今年は府庁のほうにもセレモニーがあるということで、推進本部長としてそちらに出席されるということはないんでしょうか。

(市長)

 そうですね。そういうふうなことも推進本部から伝えられておりますので、2つに分かれてしまうんじゃないかというふうに思っております。私はやはり推進本部のほうに行かなければならないというふうに思いますけれど、やはり21階で市民の会の皆さん方、そして副市長、集われた市民の皆さん方、ぜひお祝いしてほしいなと思っております。

(産経新聞)

 じゃあ、市長はもう府庁のほうに行かれるということで。

(市長)

 ええ。推進本部の知事さんや3市長がそこに集まることに、多分なるんじゃないかというふうに思います。推進本部主催でやるならば、私はそちらのほうに行かせていただきたいなと。すぐ帰ってきたいなと思っています。

(産経新聞)

 じゃあ、両方行きたいと。

(市長)

 両方行きたい。はい。一緒に市民の皆さんと、推進本部の皆さんと一緒に2回やりたいなと、喜ぶときは2回がいいと思います。

(産経新聞)

 ありがとうございます。
 工場夜景ツアーに関してですね。今回、高石市と合同で、何か今後、その観光資源としてこういう夜景を生かしていくとか、何かそういうふうなお考えもあるんでしょうか。

(市長)

 もちろんそうなんです。高石と連携しまして、この工場夜景はいろいろ日本の中でも工場夜景サミットというのがやってるんですね。そのサミットの中の一員として堺市も高石市も入りました。そして、工場夜景のツアーが今、日本国中でいろいろ話題になってます。それを海外の方にも見ていただきたいと思いまして、工場夜景を見よう思ったら滞在型じゃないとと思いますね。宿泊型で工場夜景を見ていただくということで、堺に泊まっていただく、そういうこともセットで工場夜景を見ていただくということを考えております。そういうツアーを組んでいきたい、旅行会社とツアーを組んでいきたいなと思っております。

(産経新聞)

 海外の方に向けてということは、どのような形で発信されていくということでしょうか。

(市長)

 それは、私どものホームページとか、留学生の皆さんがそれぞれ海外発信をしていただいてる、SNS発信をしていただいているんです。そういう形で留学生の皆さん方、東南アジアの留学生の皆さん方にもお願いしたいなと思ってますし、旅行会社にもそういう海外向けのモデルツアーみたいなものも企画してもらおうというふうに思ってます。

(産経新聞)

 ありがとうございます。

(市長)

 どうもありがとうございました。

このページの作成担当

市長公室 広報部 広報課
電話:072-228-7402 ファックス:072-228-8101
〒590-0078 堺市堺区南瓦町3番1号 堺市役所本館5階

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで



以下フッターです。
Copyright © Sakai City. All Rights Reserved.
フッターここまでこのページの上へ戻る