このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
堺市
  • 音声読み上げ・文字拡大・ふりがな
  • サイトマップ
  • くらしの情報
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉
  • 観光・歴史・文化
  • 産業・ビジネス
  • 市政情報


本文ここから

堺市シティプロモーション認定事業 平成25年度インタビュー:01

更新日:2015年12月25日

この事業を通して、どのように堺を盛り上げていこうと思いましたか?

「まちを盛り上げたい!」という思いや言葉はよく耳にするのですが、どういう状態が「盛り上がっている」という状態なのでしょうか。私が今まで、フリーペーパーやWEBなどメディアづくりの仕事をしてきた中で出した答えは、「経済的にプラスになること」でした。店が10軒しかない街と20軒ある街では後者が良いし、1日に100人が行き交う街と200人行き交う街ではもちろん後者が良い。ガラガラのところが「盛り上がっている」とはどう考えても言えないですもんね。『& Rice in SAKAI』は堺の「食」に関する様々なものを紹介するメディアです。ご覧になった方が、ここで紹介している商品や人、歴史や文化などに興味を持ち、実際に堺を訪れたり堺の商品を購入したりする。そんな風に、『& Rice』を通して「食」を中心とした堺の魅力を発信していくことが、少しでも経済活動の活性化に繋がればと考えています。

実際にやってみてどうでしたか?事業を通して変わったことはありますか?

飛躍的に変わったことがたくさんありました。堺市からの認定があることで、人脈がより広がりましたし、信用度が格段に上がったので取材を依頼する際も、交渉を非常にスムーズに進めることが出来ました。また、一番嬉しかったのは『& Rice』で紹介したものが、堺市を越えて広く注目を浴びるようになったことですね。堺市唯一の養鶏場「ヨシダファーム」は、『& Rice』で紹介したことがキッカケで、広く知られるようになり、今では、雑誌やテレビなどメディアでもよく取り上げられています。注目を集め続けるこの玉子は、ミシュラン2つ星の評価を受ける三宮の「料理屋・植むら」をはじめ、様々なお店でも使用されています。私自身は、『& Rice』で関わった縁でヨシダファームのロゴデザイン、WEB制作をし、現在ではプロデューサー的な仕事もしています。双方にとって、シティプロモーションでの取り組みが、新たな仕事につながっていったことが良かったですね。

事業実施から2年経ち、その後はどうですか?また今後の展望を教えてください。

取材先のHPを新たに手がけたり、東京で開催されたイベント「全国ふるさと甲子園」で、44年振りに復活した堺のお酒「千利休」をPRするなど、活動は少しずつ広がっています。今後の展望としては、『& Rice』立ち上げ当初から考えていた海外に向けたプロモーションを、いよいよ実施していきたいですね。日本国内に留まらず、世界中の人に堺の魅力を知ってもらいたいです。まずは海外への玄関口である関空のような、外国の人が大勢行き交う場所で『& Rice』がセレクトした堺の食の物産展を出せないかと構想中です。堺には、美味しいものや素敵なものを作っている人がたくさんいるのですが、うまくPR出来ていない人が圧倒的に多いように感じます。そこを私が見つけて発信し、堺の新名物として世界中に広げられるような商品をたくさん紹介していきたいです。また堺の人たちと協力し、新商品を自分たちの手で作っていけたら、とも思っています。

認定事業での取り組みが、結果としてビジネスにも繋がったことです。『& Rice』に掲載することで多くの人に知ってもらいお店の売上が上がったり、取材先のお店が弊社のデザインを気に入ってくださり、新たなHPのデザインを依頼していただけたり、WIN-WINの関係を築くことができました。

取り上げるもの・事柄の情報収集と判断でしょうか。正直なところ、堺市に由来する「食」というものが当初思っていたよりは、数少なかったと感じます。

このページの作成担当

市長公室 広報部 シティプロモーション担当
電話:072-228-7340 ファックス:072-228-8101
〒590-0078 堺市堺区南瓦町3番1号 堺市役所本館5階

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで

サブナビゲーションここから

堺市シティプロモーション認定事業

情報が見つからないときは

世界文化遺産を大阪に 百舌鳥・古市古墳群

サブナビゲーションここまで


以下フッターです。
Copyright © Sakai City. All Rights Reserved.
フッターここまでこのページの上へ戻る