このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
堺市
  • 音声読み上げ・文字拡大・ふりがな
  • サイトマップ
  • くらしの情報
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉
  • 観光・歴史・文化
  • 産業・ビジネス
  • 市政情報


本文ここから

堺市シティプロモーション認定事業 平成26年度インタビュー:03

更新日:2015年12月25日

この事業を通して、どのように堺を盛り上げていこうと思いましたか?

2014年秋の堺文化財特別公開の時期に、堺のあちこちで様々なイベントが展開されていたので、堺者でも「ちん電マルシェ」を開催することにしました。同時期にこれだけたくさんのイベントが行われているのなら、来場者、特に来堺者(堺市外から訪れる方)が一元的にイベント情報を得ることができれば、もっと人が集まり、まち全体が盛り上がるのではないか。このように考え、「さかい まち Festa」と称して数多くのイベントを1つの冊子にまとめることに。また、そうすることで各イベント間のつながりも強化され、さらなる相乗効果を生むのではないかという期待も込めて実施したんです。この冊子「さかい まち Festa」を多くの人に見てもらうことによって、堺には、堺市民と堺を訪れる来堺者が一緒になって作り上げる、参加性の高い温もりのある祭り(Festa)が数多くあることを認識してもらえるように企画しました。

実際にやってみてどうでしたか?事業を通して変わったことはありますか?

7万部もの部数に刷られた冊子は、堺市はもちろん大阪市内など堺市外のお店やイベントでも配布していただくことができ、配りきることができました。冊子が広がったことで、多くの方々に、堺ではこの時期にイベントがこんなにたくさんあるのだということをPRできましたし、まち全体に一体感が生まれたのではないでしょうか。冊子には、イベントの詳細情報だけではなく、あわせて立ち寄ってもらいたい、山之口商店街界隈のちょっと珍しい神社のプチネタなど、地元ならではの記事を入れることで、読み物としても面白い冊子に仕上げることができました。また、掲載イベント関係者に集まっていただき、キックオフパーティーを開催するなど、各イベントのつながりを強化する機会も提供できたと思います。

事業実施からしばらく経ち、その後はどうですか?また今後の展望を教えてください。

さらなる堺の魅力発信として新たに考えているのは、「堺の逸話を集めて本を出す」ことです。全国的にはあまり知られていませんが、実は堺には古い逸話が数多く残っているんです。たとえば「徳川家康は堺で死んだ」という話があり、現に南宗寺には家康のお墓があるなど、事実性が高く興味深い逸話も多いんですよ。今はまだ公開勉強会などをして内容を固めていっている最中なのですが、具体的に形にできるようにいよいよ動いていきたいと思っています。同じことを繰り返していくことももちろん大切ですが、新たな切り口を発見し、今までに知られていない堺を全国に発信していくことも必要ですよね。私たちは、歴史と今を、人とまちを、そして人と人を繋いでいくことで、堺を魅力的に発信できる方法を今後も模索していきたいと思っています。

冊子をつくることで、堺市内で情熱をもって活動する多くの方々にお話を聞くことができ、たくさんのご縁が新たに生まれました。堺市の認定事業として冊子を発行することで、「堺者」自体のPRに繋がったことも非常にありがたかったです。

冊子に掲載した11月に行われる各イベントの情報は、メンバーの人間関係で集めましたが、それでも掲載内容を確定させるまでに時間がかかり苦戦しました。事業の認定をいただいた8月からの活動期間内で間に合わせるのが大変でしたね。

このページの作成担当

市長公室 広報部 シティプロモーション担当
電話:072-228-7340 ファックス:072-228-8101
〒590-0078 堺市堺区南瓦町3番1号 堺市役所本館5階

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで

サブナビゲーションここから

堺市シティプロモーション認定事業

情報が見つからないときは

世界文化遺産を大阪に 百舌鳥・古市古墳群

サブナビゲーションここまで


以下フッターです。
Copyright © Sakai City. All Rights Reserved.
フッターここまでこのページの上へ戻る