このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
堺市
  • 音声読み上げ・文字拡大・ふりがな
  • サイトマップ
  • くらしの情報
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉
  • 観光・歴史・文化
  • 産業・ビジネス
  • 市政情報


本文ここから

プロジェクションマッピング2018 【ワークショップ】

更新日:2018年12月4日

堺っ子とつくるプロジェクションマッピング
 『堺未来創造プロジェクト』は、堺の歴史・文化の魅力を発信するとともに、子どもたちの芸術性・創造性を育むことが目的です。

 2018年は堺市立金岡北中学校美術部の生徒たちと、本市出身のアーティスト村松亮太郎さん(NAKED Inc.)がコラボして、プロジェクションマッピングの制作に取り組みました。作品名は「空飛ぶ展望台」11月30日から翌1月15日まで堺市役所高層館21階展望ロビーで披露します。

ネイキッド村松亮太郎さんのワークショップ

第一回目は

まずプロジェクションマッピングについて学ぼう

9月10日(月曜) 16時~17時30分 

 「みんな、プロジェクションマッピングって知ってる?」 
そんなネイキッドさんの問いかけに、一同シーン!これまで誰も体験したことはない様子。「まずは、プロジェクションマッピングってどんなものか見てみよう!」。
 

 続いて、今回制作するストーリーの紹介へ。「タイトルは『空飛ぶ展望台』。みんなが描いた絵をプロジェクションマッピングに取り込みます」。みんなが住む堺のまちの魅力をどう表現すればいいんだろう。
 堺のテーマを(1)チンチン電車(2)古墳(3)鯉のぼり(4)工場夜景(5)利晶の杜(6)ふとん太鼓、と6つに分けて、どのシーンを描くのかを選びました。

ワークショップの様子

 次回はラフ画を発表してもらいます。みんなどんな絵を描いてくれるのか楽しみです。

第二回目は

みんなのラフスケッチを発表してもらおう
10月9日(火曜) 16時~17時30分 

 今日は宿題を発表する日。みんな緊張しながらも、それぞれのアイデアをネイキッドさんにぶつけます。

「演出がおもしろい。この擬人化されたアイデアはいい。個性があって表情も違うのがいい」と、みんなの絵に感心するネイキッドさん。「見たままを描くのでなく、想像をカタチにしよう。何かもうひと工夫してうまく表現できればいいな。現実ではない非リアリティーな世界を描けるよ」との感想を交えながら、堺のまちはステキだなと思えるものにしたいねと、みんなの顔を見て話されました。

 「『空飛ぶ展望台』のプロジェクションマッピング試作品ができたので、見てみよう。みんなのアイデアをカタチにした絵が、市役所21階の展望ロビーに投影されるんだよ」。
 次はいよいよワークショップ最終日。村松亮太郎さんに、みんなの作品をプレゼンテーションする日です。どんな作品に仕上がるんだろう。

思いがつまった最後のプレゼンテーション

完成したデザインとみんなの思いを村松亮太郎さんに伝えよう

10月22日(月曜) 16時~17時30分
 今日は最後のワークショップ。来月に予定するマッピングの披露に向けて、完成したデザインとアイデアを村松亮太郎さんに発表する日だから、プレゼンテーションにも力が入ります。

最後のワークショップ

 「前回からブラッシュアップされていて、とてもいい絵になったと思う。みんなでアイデアを出し合って作品をつくった成果だね」と村松さん。

 「今後も、より自由な頭で考えてほしい。みんなの作品を見て、僕たちもアイデアがどんどんわいてくるよ」と、当日のプロジェクションマッピングを楽しみにしてほしい♪と話されていました。

 

後日にみんなの作品を紹介します

堺桜彩イルミネーション2018
「堺桜彩イルミネーション2018」はこちら

このページの作成担当

市長公室 広報部 シティプロモーション担当
電話:072-228-7340 ファックス:072-228-8101
〒590-0078 堺市堺区南瓦町3番1号 堺市役所本館5階

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで

サブナビゲーションここから

シティプロモーション

情報が見つからないときは

世界文化遺産を大阪に 百舌鳥・古市古墳群

サブナビゲーションここまで


以下フッターです。
Copyright © Sakai City. All Rights Reserved.
フッターここまでこのページの上へ戻る