このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
堺市
  • 音声読み上げ・文字拡大・ふりがな
  • サイトマップ
  • くらしの情報
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉
  • 観光・歴史・文化
  • 産業・ビジネス
  • 市政情報


本文ここから

映画「奇跡の教室 受け継ぐ者たちへ」無料上映会 参加者募集

更新日:2019年5月27日

 堺市では、1945年7月10日に大空襲に見舞われ、多くの尊い命が失われました。(堺大空襲)
 堺市人権教育推進協議会世界人権宣言促進堺連絡会部会は、この日を忘れず、歳月を経ても決して戦争の悲惨さを風化させることなく、次の世代に平和の尊さを伝えていくことを目的に「2019年度平和と人権を考える市民のつどい」を開催します。

映画「奇跡の教室 受け継ぐ者たちへ」無料上映会 ~2019年度平和と人権を考える市民のつどい~

一人の教師のアウシュヴィッツに関する“ある授業”が、生徒たちの人生を変えたパリ郊外の高校で本当に起こった奇跡の物語

 この作品を通して、戦争の歴史を子どもたちに伝えていくことの大切さ、子どもたちが平和の尊さを自分自身の問題として考えることの大切さについて、改めて考えてみませんか?

コピーライト2014 LOMA NASHA FILMS - VENDREDI FILM - TF1 DROITS AUDIOVISUELS - UGC IMAGES-FRANCE 2 CINEMA - ORANGE STUDIO

●あらすじ●
 貧困層が暮らすパリ郊外のレオン・ブルム高校の新学期。様々な人種の生徒たちが集められた落ちこぼれクラスに、厳格な歴史教師アンヌ・ゲゲン先生が赴任してくる。情熱的なアンヌ先生は、生徒たちを全国歴史コンクールに参加するように促すが、「アウシュヴィッツ」という難しいテーマに彼らは反発する。ある日、アンヌ先生は、強制収容所の生存者を授業に招待する。生き証人の悲惨な状況を知った生徒たちは、この日を境に変わっていく―――。
 当時18歳だった「落ちこぼれクラスの元生徒」が自身の体験を元に、マリー・カスティーユ・マンシオン・シャール監督と脚本を共同執筆し、出演もした実話に基づく奇跡のストーリー。
 主演のアンヌ先生を演じるアリアンヌ・アスカリッドの迫真の演技が、観る者の胸を熱くする感動の物語。

日時

2019年7月6日(土曜日)午後2時から午後4時まで
(開場は午後1時から)
※上映時間 1時間45分(上映の前に事前説明あり)

場所

堺市立西文化会館 1階ウェスティホール
(堺市西区鳳東町6丁600)

参加費

無料

定員(※先着順)

540人

申込受付期間

2019年6月3日(月曜日)午前9時~
定員に達し次第終了

申込方法

電話、ファックス、はがき、電子メール、電子申請(インターネット)のいずれかで。
代表者の氏名(ふりがな)、電話番号、参加人数、「平和と人権を考える市民のつどい」、(託児を希望される方は託児申込書を送付しますので、送付先住所、お子様の人数と年齢)を御記入のうえ、下記までお申し込みください。

電子申請システム(インターネット)でのお申し込みは、下記をクリックしてください。

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。お申し込みはこちらから。

※託児の対象は、2歳以上の未就学児です。(定員10人)
※お申し込み時にいただきました個人情報は、本事業以外の目的には使用しません。

その他

2014年フランス映画 
日本語吹替え・日本語字幕版
映画の事前説明時、手話通訳・要約筆記あり

お問い合わせ・お申し込み先

堺市人権教育推進協議会 世界人権宣言促進堺連絡会部会事務局(堺市人権推進課内)
〒590-0078堺市堺区南瓦町3番1号
電話072-228-7420 FAX072-228-8070
E-mail:jinkensui@city.sakai.lg.jp

主催

堺市人権教育推進協議会 世界人権宣言促進堺連絡会部会

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DCAdobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

このページの作成担当

市民人権局 人権部 人権推進課
電話:072-228-7420 ファックス:072-228-8070
〒590-0078 堺市堺区南瓦町3番1号 堺市役所高層館6階

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで



以下フッターです。
Copyright © Sakai City. All Rights Reserved.
フッターここまでこのページの上へ戻る