このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
堺市
  • 音声読み上げ・文字拡大・ふりがな
  • サイトマップ
  • くらしの情報
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉
  • 観光・歴史・文化
  • 産業・ビジネス
  • 市政情報


本文ここから

平成26年7月9日開催ピースシネマ

更新日:2014年6月2日


 第2次世界大戦中の昭和20年、堺のまちは5次にわたる攻撃を受け、多くの市民が犠牲となりました。なかでも、7月10日の第4次空襲では、70,000人もの被災者を出し、堺のまちが一夜にして焼け野原となりました。
 この「堺大空襲」をテーマにピースシネマを開催します。この空襲を体験された37人の方々の貴重な体験談とともに当時の記録や写真などを収録した戦争体験証言集「堺大空襲」全4巻を上映します。
 このピースシネマで、69年前に堺のまちで実際にあった悲劇について知り、戦争の悲惨さや平和の尊さについて考えていただきたいと思います。

戦争体験証言集「堺大空襲」(全4巻) 

「vol.1 堺大空襲編(39分)」
「vol.2 学校生活・疎開編(26分)」  
「vol.3 学徒動員編(28分)」  
「vol.4 絵本編(28分)」

堺大空襲
戦争体験証言集「堺大空襲」

戦争体験証言集「堺大空襲」 2011年 / 堺市制作

 第2次世界大戦中の昭和20年、5次にわたる攻撃を受け、多くの市民が犠牲となった堺大空襲。堺のまちが一夜にして焼け野原となった、69年前のこの空襲で、炎の中を逃げ惑った人、かけがえのない家族を失った人、家財を焼失して苦難の戦後を生き抜いた人等、37人が語り継ぐ戦争体験証言集「堺大空襲」。
 この戦争体験証言集では、「とにかくものすごい焼夷弾が落ちてきましてね。『シャーシャーシャー』という音がしてね。その時は防空壕なんて全然入っていられないので、表に出てきて家に水をかけました。」「防空頭巾を防火用水でぼてぼてにぬらして、それを被って、兄と僕は手をつないでとにかく浜のほうへ逃げたんです。」等、空襲の時の様子や「飛行機の部品とかね。あんなん作ってた。強制的にみんな動員に行かされた。さぼったりなんて絶対できへん。」といった学徒動員の話等、戦時下の堺のまちで暮らしていた方たちの体験談とあわせて当時の記録や写真等も収録しています。

開催日時

平成26年7月9日(水曜) 午後1時30分~午後3時50分

会場

堺市教育文化センター(ソフィア・堺)3階 研修室1・2
堺市中区深井清水町1426番地

定員

90人、直接会場へ

参加費

無料

過去のピースシネマ

平成26年3月16日開催ピースシネマ

平成25年9月22日開催ピースシネマ

このページの作成担当

市民人権局 人権部 人権推進課
電話:072-228-7420 ファックス:072-228-8070
〒590-0078 堺市堺区南瓦町3番1号 堺市役所高層館6階

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで



以下フッターです。
Copyright © Sakai City. All Rights Reserved.
フッターここまでこのページの上へ戻る