このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
堺市
  • 音声読み上げ・文字拡大・ふりがな
  • サイトマップ
  • くらしの情報
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉
  • 観光・歴史・文化
  • 産業・ビジネス
  • 市政情報


本文ここから

2014年度 女性に対する暴力をなくす運動

更新日:2015年2月5日

 毎年11月12日から11月25日(女性に対する暴力撤廃国際日)までの2週間、全国で「女性に対する暴力をなくす運動」が実施されます。本市におきましても、「パープルリボン」をシンボルに、女性に対する暴力根絶に向けた啓発活動を行いました。

「パープルリボン運動」は、世界を子どもや女性に対する暴力被害者にとって、より安全なものとすることを目的として、1994年、アメリカ・ニューハンプシャー州の小さな町で、近親姦やレイプの被害者によって始められたといわれています。
女性に対する暴力を許さない社会づくりに取り組んでいる世界各地の個人や団体が、暴力の下に身を置いている人々に勇気を与えようとの願いから、「パープル」をシンボルカラーとして布リボンやバッチなどにより「パープルリボン」を広めており、現在では40カ国以上に広がっています。

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。「女性に対する暴力をなくす運動」についての内閣府のウェブサイトはこちら

女性に対する暴力をなくす運動実施報告(2014年度)

堺セーフシティ・プログラム キックオフシンポジウム

女性に対する暴力をなくす運動パネル展

11月1日(土曜)~27日(木曜)の間、市役所本館1階ロビーにて、「女性に対する暴力をなくすために 脱暴力宣言」についてのパネル展示を行いました。

オレンジ&パープルリボンキャンペーン実施報告(2014年度)

堺東駅前・堺市役所前広場での街頭キャンペーン

11月4日(火曜)午後4時~午後5時、堺東駅前及び堺市役所前広場で啓発物品の配布を行いました。

市公用車へのマグネットシートの貼付

キャンペーン期間中に、市公用車にオレンジ&パープルリボンのマグネットシートを貼付しました。

タペストリーのライトアップ

11月1日(土曜)~27日(木曜)午後6時~午後9時に、オレンジ&パープルリボンのタペストリーをライトアップしました(11月27日を除く)。

市役所・各区役所等での懸垂幕の掲示

堺東駅前通路橋への横断幕の掲示

区民まつり等での啓発

各区で実施される区民まつり等において啓発物品の配布を行いました。

堺ブレイザーズとの協働によるPR

監督やスタッフの皆さんが胸にオレンジ&パープルリボンをつけ、金岡公園体育館でのVプレミアリーグのホームゲームに臨みました。
また、観客の皆さんにも啓発物を配布し、児童虐待防止・女性への暴力根絶について呼びかけました。

市職員の名札への啓発バッジの貼付

11月の1カ月間、市職員全員を対象として、名札へのオレンジ&パープルリボンバッジ貼付を呼びかけ、「子どもへの虐待防止」と「女性に対する暴力の防止」に向けた啓発に取り組みました。

ひとりで悩まずに相談して下さい。

女性に対する暴力の相談窓口

堺市にお住まいの方はこちらをご覧ください。

相談窓口はこちらへ(区役所 保健福祉総合センター(子育て支援課))

参考ホームページ等

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。配偶者からの暴力被害支援情報(内閣府男女共同参画局ウェブサイト)

女性のための人権ホットライン 全国共通電話:0570-070-810

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。外国人のための人権相談所(法務省ウェブサイト)

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。大阪府内市町の相談窓口(大阪府ウェブサイト)

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。セクシュアル・ハラスメントに関する相談(大阪労働局雇用均等室ウェブサイト)

DV相談ナビ

配偶者等からの暴力(DV)に悩んでいる方へあなたの近くの相談窓口をお答えします。

ナビダイヤル電話:0570-0-55210(ここにでんわ)

このページの作成担当

市民人権局 男女共同参画推進担当 男女共同参画推進課
電話:072-228-7408 ファックス:072-228-8070
〒590-0078 堺市堺区南瓦町3番1号 堺市役所高層館6階

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで



以下フッターです。
Copyright © Sakai City. All Rights Reserved.
フッターここまでこのページの上へ戻る