このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
堺市
  • 音声読み上げ・文字拡大・ふりがな
  • サイトマップ
  • くらしの情報
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉
  • 観光・歴史・文化
  • 産業・ビジネス
  • 市政情報


本文ここから

第22回さかい男女共同参画週間 女と男が生きるのやSAKAI

更新日:2017年11月28日

 市では、2018年1月20日(土曜)から27日(土曜)までを、第22回さかい男女共同参画週間とし、週間行事として次の催しを行います。 それぞれの詳細およびお申込みについては下記をご覧ください。

1.オープニング記念講演

日時

2018年1月20日(土曜)午後2時から4時

内容

『オープニング・アトラクション』

大阪府立登美丘高校ダンス部による公演

プロフィール:
2004年にサークルとして発足し、今年で14年目を迎えます。現在は2年生31人、1年生42人の73人で活動しています。2011年にダンス部OGのakaneさんをコーチに迎え、その斬新な振付とすばらしい指導のおかげで、色々な大会で賞をいただけるようになりました。今年度は全国高校ダンス部選手権(DCC)決勝大会優勝、日本高校ダンス部選手権(ダンススタジアム)全国大会準優勝という結果を残すことができ、全国高校野球選手権CMにも出演させていただきました。これからも、支えてくださっている全ての人への感謝を胸に、見てくださる方に楽しんでいただけるダンスをめざしてがんばります。

『オープニング記念講演』

タイトル:「『居場所』のない男、『時間』がない女~誰もが幸せになるために~」

講師:水無田気流(みなした きりう)さん
    (詩人・社会学者・國學院大學教授)

プロフィール:
1970年生まれ。詩集に『音速平和』(中原中也賞)、『Z境』(晩翠賞)。評論に『黒山もこもこ、抜けたら荒野 デフレ世代の憂鬱と希望』(光文社新書)、『無頼化した女たち』(亜紀書房)、『シングルマザーの貧困』(光文社新書)、『「居場所」のない男、「時間」がない女』(日本経済新聞出版社)。本名・田中理恵子名義で『平成幸福論ノート』(光文社新書)など。2013年4月から2015年3月まで朝日新聞新刊書評委員、2015年4月から2016年3月までNHK「News Web」ネットナビゲーターを務める。

場所

サンスクエア堺 B棟サンスクエアホール

定員

400人(先着順)

その他

要約筆記、手話通訳、託児あり(2歳~6歳の未就学児、定員5人、2018年1月10日(水曜)までに要予約)

お申込み・お問合せ

2017年12月4日(月曜)から、電話・電子メール・ファックス・ハガキのいずれかで、住所・氏名・電話番号・託児の有無(お子様の名前・年齢)をご記入のうえ、男女共同参画推進課へ。
堺市電子申請システムからの申込みも可。申込フォームはこちら。

※参加券は発行しません。定員を超え、参加できない場合のみこちらからご連絡いたします。

2.ワークショップ

ワークショップ(1)

悩み事やストレスの解消に有効とされる今話題の瞑想法
対人関係のイライラを減らし、自分らしく周りの人と笑顔になれる
「マインドフルネス」一緒に体験しませんか?

日時

2018年1月21日(日曜)午前10時から正午(受付:午前9時30分~)

タイトル

「マインドフルネス ~こころのモヤモヤをすっきり捨てさる瞑想法~」

講師

有光 興記 さん
関西学院大学文学部総合心理科学科教授。博士(心理学)、臨床心理士。専門は臨床心理学。ストレスや抑うつ、不安に悩む子ども・成人を対象として、ソーシャルスキルトレーニング、認知行動療法、マインドフルネス瞑想を実践している。主な著書に『マインドフルネス―基礎と実践』(分担執筆、日本評論社)、『図解マインドフルネス瞑想法がよくわかる本』(監修、講談社)など。

定員

42人(先着順)

ワークショップ(2)

あなたは自分のことが好きですか?心の栄養は足りていますか?
あなたがあなたらしく生き、周りのひとを“幸せ元気”にするために
ちょっと立ちどまって人生をみつめ直してみませんか?

日時

2018年1月21日(日曜)午後1時30分から4時(受付:午後1時~)

タイトル

「人生をハッピーに過ごすには?~自分を好きになり、ひとを好きになる~」

講師

金 香百合さん
大阪YWCAガールズ・パワーアップ・プロジェクト長。ホリスティック教育実践研究所所長。「すべての人が幸せに元気に生きる」ことをライフワークに、ゆりかごから墓場まで多様なテーマに関心をもつ。 全国各地で講演やワークショップを行う一方で、2008年に開設した「eトコ」では地域の居場所づくりや里親をしている。

定員

42人(先着順)

場所

どちらも サンスクエア堺 A棟2階 研修室2

その他

託児あり(2~6歳の未就学児、定員5人、2018年1月12日(金曜)までに要予約)

申し込み・問い合わせ

2017年12月4日(月曜)から、電話・電子メール・ファックス・ハガキのいずれかで、住所・氏名・電話番号・託児の有無(お子様の名前・年齢)をご記入のうえ、男女共同参画推進課へ。
堺市電子申請システムからの申込みも可。申込フォームはこちら。

※参加券は発行しません。定員を超え、参加できない場合のみこちらからご連絡いたします。

3.女性の働くを応援するセミナー

【第1部】

子育て世代、おひとり様、シングルマザー、熟年離婚、シニア婚など、女性の生涯は、これまでの年代別区分などでは計れないくらい多様に変化してきています。今を生きる女性達に、生活環境が変わっても長く働きながら将来設計を考えるきっかけにしていただけます。

日時

2018年1月26日(金曜)午後1時から午後2時30分

タイトル

「女性の働き方と生き方とマネープラン~私の将来設計~」

講師

中留 庸子さん
近畿財務局 総務部 財務広報相談室 上席調査官 
協力:近畿財務局

定員

40人(先着順)(就職・転職を希望する全年齢の女性)

【第2部】

堺の企業で働く女性の体験談や企業が努力している取り組みなど、直接体験者から聞いていただくパネルディスカッションです。

私にとって働きやすい会社とは?多様化する女性の働き方に伴い、働きやすさも個々人によってさまざまです。実際に働く女性や、堺市の企業の取り組みなどを知っていただき、これからの自分の働き方のヒントにしていただけます。

日時

2018年1月26日(金曜)午後2時50分から4時20分

タイトル

「堺の中でみる女性の活躍推進」

参加企業

有限会社 クック広告社 ・ 大阪第一交通 株式会社 ・ 医療法人 綿秀会

定員

40人(先着順)(就職・転職を希望する全年齢の女性)

場所

どちらも サンスクエア堺A棟2階 研修室2

その他

託児あり(0~6歳の未就学児 2018年1月24日(水曜)までに要予約)

申し込み・問い合わせ

2017年12月4日(月曜)から、電話または来場にて、さかいJOBステーション女性しごとプラザへ。
(〒590-0077 堺区堺区田出井町2-1 サンスクエア堺A棟1階 
電話:072-238-4650(火木金土:午前10時~午後7時、水:午前10時~午後8時。)
【休業日】日・月・祝・サンスクエア堺の休館日・年末年始)

主催

堺市雇用推進課・さかいJOBステーション(女性しごとプラザ)

4.男女共同参画交流の広場「悩みの相談」

 心やからだ、家庭・地域・職場の人間関係、配偶者等からの暴力のこと、生き方、性に関すること等、さまざまな問題を自分自身で解決できるように、専門のカウンセラーが相談をお受けします。

日時

女性の悩みの相談

2018年1月23日(火曜)午前10時~午後1時、午後2時~午後4時、午後6時~午後8時
2018年1月24日(水曜)午前10時~午後1時、午後2時~午後4時、午後6時~午後8時
2018年1月27日(土曜)午前10時~午後1時

男性の悩みの相談

2018年1月20日(土曜)午前10時~午前12時、午後6時~午後8時

お申込み・お問合せ

事前予約制。2017年12月5日(火曜)から先着順。電話または来場にて、男女共同参画交流の広場(東区北野田1077 アミナス北野田3階)へ。
・面接相談予約は 072-236-8266 まで
・男性電話相談予約は 072-237-3400 まで

(午前10時~午後9時、日曜は午前10時~午後4時30分、月曜・祝日・年末年始(12月28日~1月4日)休み)

5.ジェンダーブックフェア

ジェンダー、セクシュアリティなど男女共同参画に関する図書を展示・貸出しします。

テーマ

 「自分らしく生きる」

開催日

2018年1月4日(木曜)~31日(水曜)
※15日、22日、29日は休館日

会場

南図書館(堺市南区茶山台1丁7-1)
電話:072-294-0123 ファックス:072-298-0597
(火曜~金曜 午前10時~午後8時、土曜・日曜・祝日 午前10時~午後6時)

※申し込み不要、直接会場へ

このページの作成担当

市民人権局 男女共同参画推進担当 男女共同参画推進課
電話:072-228-7408 ファックス:072-228-8070
〒590-0078 堺市堺区南瓦町3番1号 堺市役所高層館6階

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで



以下フッターです。
Copyright © Sakai City. All Rights Reserved.
フッターここまでこのページの上へ戻る