このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
堺市
  • 音声読み上げ・文字拡大・ふりがな
  • サイトマップ
  • くらしの情報
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉
  • 観光・歴史・文化
  • 産業・ビジネス
  • 市政情報


本文ここから

平成28年度「新任課長補佐級研修 市長講話」

更新日:2016年6月10日

平成28年4月25日(月曜)~27日(水曜)の3日間に分けて、新任課長級、新任課長補佐級、新任係長級の職員研修を行いました。
研修の始まりにあたり、市長よりご講話いただきましたので、その内容をそれぞれお知らせします。
今号は、平成28年4月26日(火曜)の新任課長補佐級研修での市長講話の内容をお知らせします。

新任課長補佐級職員の皆さんへ

1 はじめに

平成28年熊本地震
 まず、平成28年熊本地震についてお話ししたい。堺市は被災地の皆さん方を支援するために現在135人の職員を派遣している。さらに避難所運営に今日から17人の職員が新たに携わっている。
 堺市はしっかりと被災地を支えていく。そして救援物資を必要な限りお届けしたい。
 堺市立総合医療センターのDMAT(災害派遣医療チーム)の隊員が帰任の報告に来てくれた。その言葉で私が感動したのは、「自己完結で私たちは仕事をするんだ。」という言葉。自分たちのことは自分たちでやって、被災者である現地のドクターや看護師の方々の邪魔にならないように、お世話にならないように、自分達が課せられた任務を果たしていくということを言っていた。
 それともう一つ、私が大事だと思ったことは、「堺市立総合医療センターが被災した場合に、どのようにして正常な業務を運営しながら、被災した方、負傷した方、重症の方を受け入れるかを考えなければならない。」という言葉。熊本、大分で起こっている地震を、次の南海トラフ巨大地震が起こった場合の教訓としながら、しっかりと堺市民を守っていくということだ。今日も水道の緊急援助に行ってもらった職員と話をしたが、まったく同じことを言っていた。そして、今回は東日本大震災と全然様子が違うということだった。
 東日本大震災の被災地に行った人は知っていると思うが、まちが全て無くなっていた。今回はまちは残っているが、機能が麻痺している。様々な形の災害があるということ。
 堺で言えば、南海トラフ巨大地震や上町断層帯地震が発生する、あるいは、両方起こる可能性もある中で、大災害に対してどのように対応していくか。堺市役所としてBCP(業務継続計画)をどうしていくのかということが、私たちに課せられた職務である。
 是非とも皆さんと一緒になって堺の安全、安心を守っていきたい。堺市の職員として一致団結して仕事していきたい。

2 課長補佐級職員に望むこと

(1)私が補佐級であった頃
 私が課長補佐であった時どうだったかを考えた。私にとってまさに人生の転機が課長補佐の時であったと思う。
 私は大阪府に入ってずっと人事畑を歩んできた。そして平成元年に美原町の助役として出向を命じられた。基礎自治体で現場の皆さんと一緒に仕事をしたのは、私にとって人生の大きな転機だったと思う。そこで私は基礎自治体の仕事に興味を持ち、自分の住んでいる堺市の市政の状況はどうであったか、そしてどうするべきかという問題意識を持った。
 2年間の勤務の後、大阪府に戻り交通公害課の課長代理という職に就いた。交通公害課というのは、自動車排ガス対策、騒音対策、さらには大阪空港の対策をする課であった。私は今まで現場の仕事はほとんど経験していなかったので、交通公害課の課長代理として、現場で大阪空港や自動車排ガス対策や騒音対策をしたことが、本当に自分の経験として良かったと思っている。また環境全般についての勉強もさせてもらった。
 そういう意味で私は課長補佐級の4年間は、何ものにも代えられない貴重な経験であったと思う。
 西洋の神様は前髪はあるけど後ろ髪はないという話があるが、おもしろいと思う。チャンスが来たとき、神様が来たとき、その前髪を捕まえないといけない。通り過ぎてから捕まえようと思っても、後ろ髪がないから捕まえられないということだが、要するにチャンスは絶対先手を打ってものにせよということ。
 皆さんもこれからいろんなチャンスがあると思うが、そのチャンスでは臆することなくそれを捕まえてもらいたい。

(2)役割意識
 リーダーシップとは何か
 次に役割意識ということで、リーダーシップとは何かをお話ししたい。リーダーシップはメンバーシップでもある。メンバーでありリーダーであるということが組織を動かしていくために大事なことだと思う。
 また、どんなリーダーが望まれているのかということについてだが、リーダーシップには三つのタイプがある。専制的リーダーシップ、民主的リーダーシップ、放任的リーダーシップである。この三つのリーダーシップの中で一番いいのは何かと言うと、実は民主的リーダーシップではない。状況によってリーダーシップを使い分けることが必要である。
 例えば、自分がベテラン課長補佐で仕事を熟知していて、他の係員が全て若くて熟達していない人であれば、専制的リーダーシップで対応すべきである。また、非常に困難な仕事で、それぞれのメンバーが平均以上の知識、経験を持っている場合は民主的リーダーシップで対応し、さらに、自分が経験のない職場であって、他のメンバー全員がそれについて熟達しているなら放任的リーダーシップで対応する。
 つまり、状況に応じてリーダーシップを変えることが大切。皆さんが日常の仕事の中で、部下と話をする中で、自分がメンバーの一人になるつもりでリーダーシップを発揮する、そういった変化が大事だということ。
 皆さんは昔の戦争映画の「コンバット」を見たことがあるだろうか。「コンバット」の主人公は「サンダース軍曹」で、上官は「ヘンリー少尉」である。サンダースは激戦の勇者なので、上等兵や一等兵達は戦闘時にはサンダースに付いて行く。しかし、通常時はヘンリー少尉の言うことを聞く。このように、戦闘時には熟達したリーダーに付いて行く、職階ではなくその人の持っている役割や経験や知識に対して付いて行く。その状況を「コンバット」は描いている。
 この映画を見ると、組織論とは何か、固定的な組織論ではなく、それぞれの状況に応じてリーダーをしっかりと務めること、組織にはそういうことが求められていることが分かると思う。
 皆さんには役割意識をしっかり持ってほしい。課長補佐級職員として今何を課長から求められているのか。何を今、係長や係員に向けてどう指示していくのか。時によって専制的リーダーシップ、民主的リーダーシップ、放任的リーダーシップを使い分けることが大事だと思う。

(3)仕事の管理 ~PDCAサイクルの意識化~
・お役所仕事からの決別
 次に仕事の管理について。PDCAサイクルを意識化する、ということを研修で何度も聞かされていると思う。しかしそれを実行するのはなかなか難しい。
 私たちの周りでもPDCAが回されていないものがたくさんある。特に公務員はPとDが好きである。PlanとDoをしっかりとやって財政課に予算を要求して事業をするが、後のCheck、Actionが出来ていないことが往々にしてある。

・コスト意識を持つ
 そしてもうひとつ大事なのが、コスト意識を持つということ。無駄な印刷物を作っていないか。印刷せずにパソコンに保存しておけばいいのではないか。是非自分の身の回りで無駄な紙をたくさん使っていないか考えてほしい。
 さらに固定費のチェックについて。財政局にも固定費をチェックするよう指示した。
 「民間の場合は鉛筆一本でもチェックするよ。」と聞いた。私もそのとおりだと思う。監査で指摘されているということもたくさんある。すべてについてコストパフォーマンスを考えるということを皆さんにお願いしたい。

(4)人事管理
人事評価システムを活用した部下の育成
 課長補佐の仕事はまさに第一線の管理監督者だということに加え、人事管理を任されている立場にある。
 人事管理は即ち仕事の管理である。また、人の管理は組織の資源を有効活用するために大事なことである。そしてそのために人事評価システムをうまく使うことが必要である。
 なぜ人事評価をするのか。人を評価するということはある意味不遜なことである。しかし、仕事を上手く行うために、期首にはその職員と一緒になって問題点を議論し、中間チェックをして、期末にはどうだったかということを総括する。これがなければ仕事も回らないし部下の成長もない。
 自分と部下の成長のために人事評価をしていくことになる。だから皆さんも是非、人事評価は定められているからやるのではなく、自分と部下の成長のために、人材育成、能力開発のためにやるんだということを再認識してもらいたい。
 全ての人には個性がある。能力も適性も色々である。Aという職に向く人もいるし、Bという職に向く人もいる。
 適職に適材を配置するというのは人事管理の要諦であり、合わなかったら変えることも必要だ。しかし変えるときには、こういうことを勉強しなさいねとか、こういう課題がありますね、ということを添えて指導しないといけない。出来が悪いから変えるのではなく、この人の成長のためにどうするのかということまで踏まえて考えてもらいたいと思う。
 そして絶対に必要なことは、出来たら褒めるということ。人間は怒られたこともよく覚えているが、褒められたことはそれ以上に覚えている。だから小さな成功体験を積み重ねることがその人のモラール、やる気を上げていくことにつながる。
 部下が仕事を終えたら「お疲れ様」。そして「よく出来たね」、「これはよく出来ているね」というふうに言ってほしい。そういう一言を部下の人は待っていると思う。是非ともそれを忘れずにお願いしたい。
 人事評価システムを活用した部下の育成は、褒めることからはじまる。そしてミスをしたときはそのまま放置せずに、「ここはこう間違ってるね。」と指摘してあげる、指導のためにそれが大事だと思う。
 人事管理で一番注意するのはハラスメントである。セクシュアル・ハラスメント、パワー・ハラスメント、そういったものは堺市役所から追放しなければならない。
 上司も部下も同じ気持ちで仕事をする。そしてフォーマルでは上司と部下であるが、インフォーマルになればお互い人間対人間。部下も再任用職員や非常勤職員など、色々な勤務形態の者がいるし、年齢も様々である。年齢が自分より上の人には長幼の序というのをわきまえて立てる。それをインフォーマルな付き合いの中でしっかりとやってもらうことが強い組織を作っていくことになると思う。
 ぜひともフォーマルでは厳しい上司だけれど、仕事帰りではあの人なかなか良い人やな、と言われるようになってほしい。部下と一緒に自分も成長してもらいたい。

3 最後に

・都市内分権 堺からの発信
 平成28年、堺市は政令指定都市に移行して10年を迎えた。政令指定都市では大きすぎて、きめ細かい対応ができないのではないかと言われることがある。しかし堺市は、7つの区民評議会と区教育・健全育成会議を設置して、それぞれの区の特色に合わせたまちづくりや施策を行っている。平成27度から地域の皆さんと一緒になって、子育てや教育を考えている。
 今年度はより具体的なテーマで議論してほしいと区にお願いしている。政令指定都市として、権限と財源が最も具備された堺市において、よりきめ細かい行政をするためには、7つの区でしっかりと市民に寄り添った、区民に寄り添った行政をすることが必要であり、その成果を、7つの色の区政の特色と重要性を全国に発信していくことが大事だ。
 堺市役所の職員は自治会に入ってほしい。堺市外に住んでいても、その地域の自治会に入ってほしい。それは、やはり堺市の職員は自治会でもよく活動してくれるね、というように言ってもらいたい。私は自治会の活動やPTAの活動をすることが何よりも大事だと思っている。
 ファザーリング・ジャパンの安藤さんというリーダーと話したとき、イクボスになってほしいとおっしゃったので、私はイクボス宣言をした。そのとき安藤さんは、「これからはイクメンとして地域で活動していくことが大事ですよ。」とおっしゃった。また、MBAよりもPTAのほうが大事だということもおっしゃっていた。大学院等で難しい勉強をしてMBAを取得するよりも、地域のPTAに入って地域活動をすることが大事だということを言ってくれた。私はその言葉に共感した。是非とも皆さんに地域活動を担ってもらうことを切にお願いしたい。

・AKEを忘れずに
 最後に、課の職員と共に組織を作るために、私はAKEが大事だと思う。AKEのAは挨拶ができる、Kは声かけができる、Eは笑顔が美しい。このAKEは市民の皆さんに対しても、部下に対しても、組織内でも、皆さんが率先してやってほしい。挨拶ができて笑顔で声かけができる。そういう課長補佐になってもらいたい。
 皆さん方はまさに今後の堺市の中核を担う人材である。是非とも堺の成長は皆さん方の肩にかかっているということを自覚してもらい、自己研鑽してもらいたい。皆さん、頑張ってください。

このページの作成担当

総務局 人事部 人材開発課
電話:072-228-7194 ファックス:072-228-8823
〒590-0078 堺市堺区南瓦町3番1号 堺市役所本館5階

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで

サブナビゲーションここから

「市長と職員との対話」

情報が見つからないときは

世界文化遺産を大阪に 百舌鳥・古市古墳群

サブナビゲーションここまで


以下フッターです。
Copyright © Sakai City. All Rights Reserved.
フッターここまでこのページの上へ戻る