このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
堺市
  • 音声読み上げ・文字拡大・ふりがな
  • サイトマップ
  • くらしの情報
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉
  • 観光・歴史・文化
  • 産業・ビジネス
  • 市政情報


本文ここから

平成30年度第5回文化観光局指定管理者候補者選定委員会会議録

更新日:2018年11月27日

開催日時

平成30年10月23日  午前9時~午前11時45分

会場 堺市役所 本館地下1階会議室(会議室B)
出席委員

委員長  戸奈 章(総務局行政部行政管理課総括参事役(指定管理・内部統制担当))
委 員  西村 智子(公認会計士)
委 員  藤本 淳也(大阪体育大学教授)
委 員  田中 ひかる(近畿大学准教授)

欠席委員

委 員  永田 守(弁護士)

事 務 局

東野 秀一(観光企画課長) 外
所 管 課

清水 秀行(スポーツ施設課長) 外

案 件 名

(1)堺市立美原体育館等指定管理者候補者選定に係る書類審査について
(2)堺市立美原体育館等指定管理者候補者選定に係る面接審査の基本質問について
(3)堺市立美原体育館等指定管理者候補者選定に係る面接審査について
(4)堺市立美原体育館等指定管理者候補者の選定結果について

会議資料

会議次第(PDF:39KB)
指定管理者候補者審査基準(審査表)(美原)(PDF:204KB)
資料2 選定審査方法(PDF:147KB)
資料3 面接審査について(PDF:69KB)
資料4 面接審査に係る基本質問項目について(美原)(PDF:98KB)

開会

事務局

 平成30年度第5回堺市文化観光局指定管理者候補者選定委員会を開催する。

定足数報告

事務局

 委員会は、出席者が4人、欠席者1人で、定足数を満たしている。

応募団体との関係の有無確認

事務局

 応募団体と関係のある委員はいないことを確認する。

応募団体からの接触の有無等

事務局

 各委員に対して、応募団体からの接触等はなかったことを確認する。

配布資料の確認、案件確認等

事務局

 本日の審議案件は
  (1)堺市立美原体育館等指定管理者候補者選定に係る書類審査について
  (2)堺市立美原体育館等指定管理者候補者選定に係る面接審査の基本質問について
  (3)堺市立美原体育館等指定管理者候補者選定に係る面接審査について
  (4)堺市立美原体育館等指定管理者候補者の選定結果について
 本日の審議結果は、事務局から堺市に書面で報告する。
 また、会議録は、非公開部分を除いて、堺市ホームページにて公開する。

案件審議(案件1)

委員長

 第5回堺市文化観光局指定管理者候補者選定委員会の案件の審議に入る。
 案件1「堺市立美原体育館等の指定管理者候補者の選定にかかる書類審査について」応募団体から提出のあった「応募書類が募集要項に定められた応募に必要な要件を満たしているかの報告」及び「企画提案内容の概要」について所管課から説明をお願いする。

所管課

 応募団体は1団体であり、応募に必要な条件を満たしていることを説明。
 企画提案内容の概要について説明。

委員長

 何か質問・意見はないか。

藤本委員

 応募している団体は現指定管理者だが、新規の計画や自主事業は提案しているか。

所管課

 今回新たに、自主事業(1)としてスポーツ用品の販売と広告掲載を提案できるように公募要件に加えているが、そのどちらの事業も実施すると提案している。

委員長

 それ以外の部分で、何が新規で、何が拡充なのか、あれば簡潔に述べてほしい。

所管課

 基本的には現行の管理運営を踏襲した提案である。

西村委員

 自主事業(1)スポーツ用品販売及び飲料自動販売機設置事業の収益還元提案として年間約200万円の収益を市へ納付するとの提案であるが、この金額は昨年度の実績から算出したのか。昨年度の納付金の実績額はいくらか。

所管課

 スポーツ用品販売は今回が初めてで実績はないが、自動販売機設置事業は現在も行っており、その収入額を参考に納付金額を提案している。今まで納付金の提案はなかったが、今回納付金を納めるとの提案である。

藤本委員

 美原体育館は他事業者が参入しにくいのか。

所管課

 美原町時代から現指定管理者が管理運営を行い、長年の実績があることや、他区と比べスポーツ施設が点在し、ノウハウが必要なことや、人件費等のコストもかかることなどから、他事業者が参入しにくいと思われる。

委員長

 月1回の指定管理者との意見交換ではどんな話題が出ているのか。

所管課

 月例報告書をもとに、利用者からの苦情・要望及び修繕計画等について協議している。

藤本委員

 この提案資料からは熱意が伝わってこない。

所管課

 長年の実績もあり、利用者からも評判はかなりいい団体で、安心して任せている。

委員長

 高齢な常勤職員が在席とあるが、世代交代などどうなっているのか。

所管課

 長年勤務されている方が多く、美原体育館について熟知しており、運営面では全く問題はないと考えている。将来的には世代交代が必要となると思われる。

委員長

 利用者は、小学生から高齢者まで幅広く利用されているのか。

所管課

 卓球をする高齢者の方、キッズのストリートダンス等、幅広い年齢層が利用している。また、府内では数少ない、オリンピッククラスのトランポリンを置いており、トランポリンスクールで活動していた子どもたちからオリンピック候補選手もでている。

田中委員

 資料の平成28年度、29年度事業報告書を見ると、人気のある子ども体操教室やストリートダンスは、以前は支出のほうが多かったが、収入が上がってきている。子ども体操、ストリートダンス、水泳教室、着衣水泳教室、全部一緒に記載されているので、全体的に上がっているのか分かりづらいが。

所管課

 着衣水泳教室は無償である。ストリートダンスや、子ども体操教室などは、地域の子育て世代から好評と聞いている。

田中委員

 美原の水泳教室は参加者が多いのか。

所管課

 参加者は多い。夏限定であり、25メートルの学校プールのようではあるが、指導員は大手スイミングスクールなどと同水準の先生方が教えている。

委員長

 他に意見質問等はないか。

委員

 <質問等無し>

委員長

 それでは書類審査の仮採点を行っていただく。事務局から仮採点にあたって注意事項の説明をお願いする。

事務局

 採点にあたっての注意すべき事項を説明(選定審査表、資料2)

委員長

 それでは、書類審査の仮採点をお願いする。

案件審議(案件2)

委員長

 次に案件2「堺市立美原体育館等指定管理者候補者選定にかかる面接審査にかかる基本質問について」所管課より説明をお願いする。

所管課

 面接審査の基本質問について説明(資料4)

委員長

 何か質問、意見等ないか。

委員

 <質問・意見等なし>

委員長

 資料4の内容を基本質問として、私が代表して質問することでよいか。

委員

 <異議なし>

委員長

 次に面接審査の流れについて説明をお願いする。

事務局

 面接審査の流れについて説明(資料3)

案件審議(案件3)

委員長

 次に、案件3「堺市立美原体育館等指定管理者候補者選定に係る面接審査について」に入る。

応募団体

 <応募団体入室>

事務局

 応募団体に対し、委員の紹介並びに面接審査の進め方について説明。
 応募団体出席者の紹介と応募書類に基づくプレゼンテーションをお願いする。

応募団体

 プレゼンテーション(15分)

質疑応答

委員長

 本市では第2次堺市スポーツ推進計画を策定し、総合目標として、「20歳以上の市民の週1回以上のスポーツ実施率の向上」をめざしている。市民のスポーツ実施率を高めるため、指定管理者としてどのような取り組みができるか、お答え願う。

応募団体

 子ども向けには体操・水泳・ストリートダンスといった教室を実施し、高齢者向けにはグラウンドゴルフ・ゲートボール等の活動の場を提供し、幅広い年齢層でのスポーツ利用を促進している。また、健康促進キャンペーンにより、トレーニングルームの利用促進も実施している。

委員長

 各委員から質問はないか。

藤本委員

 先ほどの質問に対してより具体的に方策を教えていただきたい。

応募団体

 トレーニングルームを10回利用につき、1回が無料で利用できるキャンペーンを実施している。利用者のやる気を向上させ、キャンペーン開始から参加者数が増加している。

田中委員

 収益が出ていないスポーツ教室もいくつかあるが、目標人数達成のため、どのようにニーズを把握し事業展開を行っていくのか。

応募団体

 太極拳教室などの初心者向けのスポーツ教室は、練習を重ね上達すると、参加者が離れていきやすいので、そういった教室の継続が課題である。

藤本委員

 教室事業の参加者数について、現在の予定人数を大きく下回る人数で平成31年度以降の計画をしている教室がある一方、収益は年間で2%収益を増やすとしているが、どのように収益を増加させるのか。

応募団体

 収益だけで考えると、赤字教室の廃止や、参加費の値上げを行う必要があるが、参加人数が少ない教室であっても、教室で上達した方々が自主的にクラブを作り、美原体育館で活動をしていく例もあり、それはそれで存在意義がある。全体でみた時に黒字が出ればいいと考えている。

委員長

 以上で質疑応答を終了する。

応募団体

 <応募団体退室>

委員長

 書類審査及び面接審査を踏まえ意見交換を行うが意見等あるか。

藤本委員

 資料と違って熱意は感じられた。利用者とコミュニケーションをとって取り組んでいるのは伝わった。計画書への記載がやや詰め切れていない印象はある。

田中委員

 社会貢献事業なので、収益にこだわらないという考えがある。そこは理解できる。

藤本委員

 そこは私も同意する。

委員長

 他になければ書類及び面接審査をふまえて採点をお願いする。

 

 

委員長

 他になければ書類及び面接審査を踏まえて採点をお願いする。

集計結果発表

事務局

 <集計結果一覧表を委員長及び各委員に配布>

案件審議(案件4)

委員長

 
それでは、案件4「堺市立美原体育館等指定管理者候補者の選定結果について」の集計結果を発表する。
 総合計得点:284点

 総合計得点が満点(400点)の60%に達しているため、A団体を堺市立美原体育館等の指定管理者候補者として選定する。

閉会

委員長

 本日の案件の審議は全て終了した。
 以上で本日の委員会を終了する。

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DCAdobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

このページの作成担当

文化観光局 観光部 観光企画課
電話:072-228-7493 ファックス:072-228-7342
〒590-0078 堺市堺区南瓦町3番1号 堺市役所本館2階

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで

サブナビゲーションここから

指定管理者候補者選定委員会会議録等

情報が見つからないときは

世界文化遺産を大阪に 百舌鳥・古市古墳群

サブナビゲーションここまで


以下フッターです。
Copyright © Sakai City. All Rights Reserved.
フッターここまでこのページの上へ戻る