このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
堺市
  • 音声読み上げ・文字拡大・ふりがな
  • サイトマップ
  • くらしの情報
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉
  • 観光・歴史・文化
  • 産業・ビジネス
  • 市政情報


本文ここから

平成27年度第1回堺市健康福祉局指定管理者候補者選定委員会 会議録

更新日:2015年10月27日

開催日時 平成27年7月14日(火曜) 午後2時開会 午後4時閉会
会場 堺市役所 本館3階 財政局・堺区役所会議室
出席委員

委員長 目久保 秀明(堺市総務局行政部行政管理課総括参事役(指定管理・事務見直し担当))
委 員 小田 久和(公認会計士)
委 員 澤井 勝(奈良女子大学名誉教授)

欠席委員

委 員 鶴谷 衣江(堺市老人クラブ連合会理事)
委 員 中辻 さつ子(堺市民生委員児童委員連合会副会長)

事務局 大森 秀樹(健康福祉総務課長)外
傍聴人数 0人
案件名

(1)堺市立共同浴場指定管理者募集要項、業務仕様書等について
(2)堺市立共同浴場の指定管理者候補者選定に係る審査方法等について
(3)堺市立堺、中、東、西、南、北老人福祉センター及び堺市立美原総合福祉会館・美原老人福祉センター指定管理者募集要項、業務仕様書等について
(4)堺市立堺、中、東、西、南、北老人福祉センター及び堺市立美原総合福祉会館・美原老人福祉センターの指定管理者候補者選定に係る審査方法等について

会議資料

(資料1)会議次第(PDF:65KB)
(説明資料1)堺市立共同浴場指定管理者候補者の公募について(PDF:116KB)
(説明資料2)募集要項・業務仕様書の概要(堺市立共同浴場):募集要項、仕様書(PDF:217KB)
(説明資料3)堺市立共同浴場指定管理者候補者選定基準(案)(PDF:231KB)
(説明資料4)審査方法について(案)(堺市立共同浴場)(PDF:127KB)
(説明資料5)面接審査について(案)(堺市立共同浴場)(PDF:80KB)
(説明資料6)同点の場合の取扱いについて(案)(堺市立共同浴場)(PDF:93KB)
(説明資料7)堺市立堺、中、東、西、南、北老人福祉センター及び堺市立美原総合福祉会館・美原老人福祉センターの指定管理者の公募について(PDF:126KB)
(説明資料8)募集要項・業務仕様書の概要(堺市立老人福祉センター等):募集要項、仕様書(PDF:264KB)
(説明資料9)堺市立老人福祉センター等指定管理者候補者選定基準(案)(PDF:226KB)
(説明資料10)審査方法について(案)(堺市立老人福祉センター等)(PDF:126KB)
(説明資料11)面接審査について(案)(堺市立老人福祉センター等)(PDF:86KB)
(説明資料12)同点の場合の取扱いについて(案)(堺市立老人福祉センター等)(PDF:95KB)

開会

事務局

 平成27年度第1回堺市健康福祉局指定管理者候補者選定委員会を開催する。
 委員長及び委員を紹介。
 委員会は、出席者3人、欠席者2人で、定足数を満たしている。
 配付資料の確認。
 審議案件を確認。

委員長

 堺市指定管理者候補者選定委員会規則第3条第3項の規定により、委員長があらかじめ指名する委員長の職務を代理する者として、澤井委員を指名する。
 堺市指定管理者候補者選定委員会規則第7条第1項の規定に基づき、本会議を公開とする。
 指定管理者候補者を選定する次回以降の会議については、堺市情報公開条例第7条第5号に該当するため、非公開とする。
 会議録は、非公開部分を除いて、市ホームページで公開する。

案件審議

委員長

 第1回堺市健康福祉局指定管理者候補者選定委員会の案件の審議に入る。
 (案件1)「堺市立共同浴場指定管理者募集要項、業務仕様書等について」所管課からの説明をお願いする。

所管課

 公募により指定管理者候補者を選定する理由について説明。(説明資料1)

委員長

 意見、質問等はないか。

委員

<意見等なし>

委員長

 堺市立共同浴場指定管理者募集要項、業務仕様書について所管課から説明をお願いする。

所管課

 募集要項・業務仕様書について説明。(説明資料2)
   (1)施設名
   (2)施設の概要
   (3)管理運営の基本的な考え方
   (4)指定管理者が行う業務
   (5)指定期間(予定)
   (6)指定管理料の支払条件
   (7)利用料金制度の採用
   (8)利用料金の減免
   (9)自主事業の実施、参加費等
   (10)開業時間及び休業日
   (11)リスク(責任)分担
   (12)業務の第三者への委託
   (13)モニタリング等
   (14)目標設定
   (15)募集のスケジュール
   (16)応募資格
   (17)欠格事項・選定対象外
   (18)応募書類
   (19)選定審査方法
   (20)選定結果の通知
 「選定基準(案)」について説明。(説明資料3)

委員長

 意見、質問等はないか。

小田委員

 選定基準(6)の3指定管理料の削減の項目は、市で削減率を計算して、あらかじめ点数を入れておいてくれるのか。

所管課

 あらかじめ点数を計算し、入れておく。

澤井委員

 市が年一回以上モニタリング、実地調査を行うと書いてあるが、その実績値はあるのか。それは見せてもらえないのか。

所管課

 昨年度は10月に実地調査を行い、アンケート調査等の結果を確認し、施設にも聞き取り調査を行っている。次回の選定委員会までに資料を用意する。

澤井委員

 指定管理料の積算は、どうのようになっているか。

所管課

 水光熱費が年間約2300万円。人件費が約3500万円。その他、設備維持のための委託料が約300万円から400万円程度。全体で支出の合計が約6300万円となっており、そのうち入浴料が約2100万円で、それを差し引いた、およそ4200万円 が指定管理料となっている。

澤井委員

 経費削減の考え方に10点がついているが、価格点に評価が高いと、コストを下げるために労働者へ経費削減のしわ寄せがされないか。指定管理を行うことによって低賃金労働が発生することになるのではないか。

所管課

 指定管理の本来の目的は今以上のサービスの向上、ならびに経費の削減であるが、人件費にしわ寄せがいかないよう十分チェックしていく。
 人件費について、最低賃金の問題なども最低限クリアしているし、他市の事例を参考に効率的な運用が出来るかということも踏まえて積算を出している。

澤井委員

 公募によって選出された指定管理者が交代となった場合、現在の従業員はどうなるのか。雇用は継続されるのか。施設の管理運営方法を大きく変更するとなると管理の水準が下がる恐れがある。指定管理者が交代する際は様々な問題が生じる可能性があるので、どうやってノウハウを維持するかをまずは視野に入れるべきではないか。

所管課

 市が現在の従業員の継続雇用を要請することは難しいが、次の指定管理者との相談によっては継続して雇用される可能性もある。ただ、次の指定管理者がどのような運用をするのかによるので、お答えしにくい。
 清掃の技術はマニュアル化されている部分があり、また利用料金の収受など一部の業務については、技術的なものが必要となるわけではないので、指定管理者が交代しても管理の質については問題ないと考える。

委員長

 他に意見、質問等はないか。

委員

<意見等なし>

委員長

 堺市立共同浴場指定管理者募集要項及び業務仕様書等について、原案のとおり承認することに異議はないか。

委員

<異議なし>

委員長

 異議なしと認め、本件を原案のとおり承認。
 (案件2)「堺市立共同浴場の指定管理者候補者選定に係る審査方法等について」事務局から説明をお願いする。

事務局

 審査方法、面接審査、同点の場合の取扱いについて説明。(説明資料4、説明資料5、説明資料6)

委員長

 意見、質問等はないか。

委員

<意見等なし>

委員長

 堺市立共同浴場指定管理者候補者選定に係る審査方法等について承認することに異議はないか。

委員

<異議なし>

委員長

 異議なしと認め、本件を原案のとおり承認する。
 (案件3)「堺市立堺、中、東、西、南、北老人福祉センター及び堺市立美原総合福祉会館・美原老人福祉センター指定管理者募集要項、業務仕様書等について」所管課に説明をお願いする。

所管課

 公募により指定管理者候補者を選定する理由について説明。(説明資料7)

委員長

意見、質問等はないか。

委員

<意見等なし>

委員長

 堺市立堺、中、東、西、南、北老人福祉センター及び堺市立美原総合福祉会館・美原老人福祉センター指定管理者募集要項、業務仕様書について所管課から説明をお願いする。

所管課

 募集要項・業務仕様書について説明。(説明資料8)
   (1)施設名
   (2)施設の概要
   (3)管理運営の基本的事項
   (4)指定管理者が行う業務
   (5)指定期間(予定)
   (6)指定管理料の支払条件
   (7)利用料金制度の採用
   (8)自主事業の実施、参加費等
   (9)開館時間及び休館日
   (10)リスク分担
   (11)業務の第三者への委託
   (12)モニタリング等
   (13)目標設定
   (14)募集のスケジュール
   (15)募集区域
   (16)応募資格
   (17)欠格事項、選定対象除外
   (18)応募書類
   (19)選定審査方法
   (20)選定結果の通知
 なお、(2)「施設の概要」において、堺老人福祉センターについて、施設の移転予定があることを説明。
 続いて、「選定基準(案)」について説明。(説明資料9)

委員長

 意見、質問等はないか。

小田委員

 老人福祉センターの60歳以上の利用者数はどうなっているのか。利用割合等の資料はあるのか。

所管課

 センター利用時に発行される利用証の発行数を把握している。また、平成23年度から4年間の年間の延べ利用者数の推移と、利用証の発行者数の累計の資料がある。

小田委員

 利用証というのは、センターの初回利用時に発行してもらうのか。それは何年ごとに更新するのか。

所管課

 新規利用時に発行し、次回利用時に窓口で提示してもらう。また、指定管理期間に合わせて利用期限を設定しているため、次回は平成28年度に指定管理者が変更となるので、その際に利用証も一新される。

委員長

 60歳以上の人口と、利用者数の統計はあるのか。

所管課

 平成27年4月1日現在の堺市の60歳以上の人口は約27万3000人である。

小田委員

 利用者は平成26年度では約58万人なのか。

所管課

 実人数について現在はまだ把握出来ておらず、延べ人数での集計となっており、26年度の利用人数は延べ約58万人となっている。利用者の割合は、新規利用者より継続利用者が多いように思う。

澤井委員

 浴場の利用状況はどうか。

所管課

 センターの入口で利用証を確認しているため、浴場のみの利用者数は把握していない。しかし、現在の指定管理者によれば、利用者のうち約半数程度が浴場を利用しているようである。

澤井委員

 相談事業を行っているとのことだが、誰が対応にあたっており、相談後のフォロー体制はどうなっているか。

所管課

 健康相談コーナーでは看護師が常駐し対応している。また、認知症の方等については、担当の包括支援センターのケアマネージャーと連携を取り、その後の利用者の健康状態について見守りを強化している。

委員長

 他に意見、質問等はないか。

委員

<意見等なし>

委員長

 堺市立堺、中、東、西、南、北老人福祉センター及び堺市立美原総合福祉会館・美原老人福祉センター指定管理者募集要項及び業務仕様書等について、原案のとおり承認することに異議はないか。

委員

<異議なし>

委員長

 異議なしと認め、本件を原案のとおり承認する。
 (案件4)「堺市立堺、中、東、西、南、北老人福祉センター及び堺市立美原総合福祉会館・美原老人福祉センターの指定管理者候補者選定に係る審査方法等について」事務局から説明をお願いする。

事務局

 審査方法、面接審査、同点の場合の取扱いについて説明。(説明資料10、説明資料11、説明資料12)

委員長

 意見、質問等はないか。

澤井委員

 応募団体の15分間のプレゼンテーションは別々にやるのか。

事務局

 募集区域ごとにそれぞれで面接を行う。

委員長

 他に意見、質問等はないか。

委員

<意見等なし>

委員長

 堺市立堺、中、東、西、南、北老人福祉センター及び堺市立美原総合福祉会館・美原老人福祉センターの指定管理者候補者選定に係る審査方法等について、承認することに異議はないか。

委員

<異議なし>

委員長

 異議なしと認め、本件を原案のとおり承認する。
 

閉会

委員長

 以上で本日の案件は全て終了し、本委員会を閉会する。

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DCAdobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

このページの作成担当

健康福祉局 生活福祉部 健康福祉総務課
電話:072-228-7212 ファックス:072-228-7853
〒590-0078 堺市堺区南瓦町3番1号 堺市役所本館7階

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで

サブナビゲーションここから

指定管理者候補者選定委員会会議録等

情報が見つからないときは

世界文化遺産を大阪に 百舌鳥・古市古墳群

サブナビゲーションここまで


以下フッターです。
Copyright © Sakai City. All Rights Reserved.
フッターここまでこのページの上へ戻る