このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
堺市
  • 音声読み上げ・文字拡大・ふりがな
  • サイトマップ
  • くらしの情報
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉
  • 観光・歴史・文化
  • 産業・ビジネス
  • 市政情報


本文ここから

平成26年度第4回文化観光局指定管理者候補者選定委員会会議録

更新日:2014年9月9日

開催日時

平成26年6月30日(月曜) 午後6時00分開会 午後8時00分閉会

会場 堺市役所 本館3階 第3会議室
出席委員

委員長  岡本 憲一(堺市総務局行政部行政管理課 総括参事役)
委  員  岩本 洋子(岩本法律事務所 弁護士)
委  員  林 紀美代(林紀美代公認会計士事務所 公認会計士)
委  員  高田 雅子(日本幼少児健康教育学会会員)
委  員  藤本 淳也(大阪体育大学教授)

欠席委員 なし
事務局

森 功一(観光部副理事兼観光企画課長)
矢田 潤一(スポーツ施設課長) 外

傍聴人数 2人
案件名

(1)指定管理者選定に係る募集要項について
 ・堺市立鴨谷体育館等
 ・堺市家原大池体育館等
 ・堺市立サッカー・ナショナルトレーニングセンター
(2)指定管理者選定基準及び選定審査方法について
(3)指定管理者公募及び選定のスケジュールについて

会議資料

次第(PDF:39KB)
資料1-1堺市立鴨谷体育館等(PDF:210KB)
資料1-2堺市家原大池体育館等(PDF:211KB)
資料1-3堺市立サッカー・ナショナルトレーニングセンター(PDF:209KB)
資料2-1選定審査方法(PDF:97KB)
資料2-2面接審査について(PDF:69KB)
資料3-1堺市立鴨谷体育館等(PDF:188KB)
資料3-2堺市家原大池体育館等(PDF:188KB)
資料3-3堺市立サッカー・ナショナルトレーニングセンター(PDF:186KB)
資料4採点を行う上での目安について(PDF:102KB)

開会

平成26年度第4回文化観光局指定管理者候補者選定委員会を開催する。

本市では、指定管理者制度の運用を「指定管理者制度活用のためのガイドライン」に基づき行うため、その内容について説明。
 (1)選定委員会の委員は原則、外部委員とする。
 (2)全庁的に統一した会議運営を確保するため、委員長は総務局の職員とする。
 (3)委員長は議決や審査・採点に参加せず、議事進行及びその調整に専念する。
 (4)本会議は公開とし、傍聴いただける。

委員長及び委員紹介

定足数報告

出席者5人、欠席者なし。委員会開催に必要な定足数を満たしている。

配付資料の確認

本日の審議案件

(1) 指定管理者選定に係る募集要項について
 ・堺市立鴨谷体育館等
 ・堺市家原大池体育館等
 ・堺市立サッカー・ナショナルトレーニングセンター
(2) 同施設の指定管理者選定基準及び選定審査方法について

その他

(1) 指定管理者公募及び選定スケジュールについて

委員長代理指名の報告

 堺市指定管理者候補者選定委員会規則第3条第3項により、委員長があらかじめ指名する委員長の職務を代理する者として岩本委員を指名していることを報告。

会議の公開等

 堺市指定管理者候補者選定委員会規則第7条により、本会議は公開とする。次回以降の会議(書類審査・面接審査)については、堺市情報公開条例第7条第2号に該当するため非公開とする。

案件審議

委員長

 第4回文化観光局指定管理者候補者選定委員会の案件の審議に入る。
 施設概要について説明をお願いする。

所管課(説明)

所管課

 施設の概要について説明(各施設のパンフレット等参照)

委員長

 説明について、質問はあるか。

高田委員

 家原大池体育館とみなと堺グリーンひろばの距離はどのくらいか。 

所管課

 8キロほどあります。

委員長

 次に、各施設の募集要項・業務仕様書の審議に入る。
 所管課から説明をお願いする。

所管課(説明)

所管課

 募集要項のうち主な項目について説明(募集要項を参照)
 (1)対象施設の名称・場所
 (2)指定管理者が行う業務の概要
 (3)管理の基本的な考え方
 (4)指定管理期間
 (5)自主事業
 (6)管理経費等
 (7)利用料金等
 (8)管理の基準
 (9)行政財産の使用等
 (10)事業計画書
 (11)リスク(責任)分担
 (12)保険加入
 (13)業務の第三者への委託
 (14)市の指示等
 (15)モニタリング等
 (16)管理業務の報告
 (17)管理業務の継続が困難になった場合の措置
 (18)引き継ぎ等
 (19)管理業務に関する評価
 (20)公募手続きに関する事項
 (21)提出書類に関する事項
 (22)選定及び指定に関する事項

委員長

 説明について、質問はあるか。

高田委員

 サッカー・ナショナルトレーニングセンターの広告料は指定管理者の収入になるのか。

所管課

 指定管理業務として広告業務を取り扱うこととしているので、指定管理者の収入となる。

高田委員

 サッカー・ナショナルトレーニングセンターのメインピッチの座席数はどのくらいか。

所管課

 座席数はメインに約3000席、宿泊施設上部に約600席で合計3600席ほどです。

岩本委員

 サッカー・ナショナルトレーニングセンターにかかる前回の応募団体数は何団体か。

所管課

 2団体から応募があった。

委員長

 サッカー・ナショナルトレーニングセンターに匹敵するような施設は、国内ではどこがあるのか。

所管課

 現在利用を中止しているが、福島県のJヴィレッジ福島がある。

林委員

 サッカー・ナショナルトレーニングセンターの2面増設は5年間の中で行われると思うが、そのときの収支計画はまた別に立ててもらうのか。

所管課

 2面増設も含めて収支計画を立ててもらうことになる。

林委員

 鴨谷体育館等、家原大池体育館等、サッカー・ナショナルトレーニングセンターについて、応募者がないという予想はあるか。

所管課

 応募者なしということはないと考える。

委員長

 事務局から説明のあった、募集要項、業務仕様書等について承認することに異議はないか。

藤本委員

 各施設の募集要項のところに施設の使命や設置目的を記入したほうがよいのでは。

所管課

 募集要項にある施設の使命や設置目的を厚く記入する方向で検討する。

委員長

 先ほどの藤本委員の指摘の部分について一部修正の上、承認することに異議はないか。

 〈異議なし〉

委員長

 異議なしと認め、一部修正のうえ承認する。
 また、修正箇所については早急に反映のうえ、事務局から各委員に確認いただくようお願いする。
 それでは、続いて指定管理者選定基準及び選定審査方法について説明をお願いする。

所管課(説明)

 指定管理者選定基準及び選定審査方法について(資料2-1~2-2、3-1~3-3、4)

委員長

 説明について、質問はあるか。

藤本委員

 1次審査、2次審査は4団体に満たなくても1次審査をして2次審査をするということか。

所管課

 4団体以上の募集があった場合は、1次審査で3団体に絞り込む。3団体以下の場合についても1次審査、2次審査とも実施する。

林委員

 審査で3団体あったとして、書類審査で60%以上に達しなかった場合も面接はするのか。

所管課

 総合計点で満点60%以上なので、面接は行う。

委員長

 他に質問はないか。

藤本委員

 審査表の「主な審査対象」項目の堺市立鴨谷体育館の部分と堺市家原大池体育館の「(5)施設の効用を最大限発揮させることができること。」の項目がスポーツ教室になっているが自主事業(2)ではないのか。

所管課

 指摘のとおり変更する。

委員長

 他に質問はないか。

委員

 〈質問なし〉

委員長

 所管課から説明のあった、指定管理者選定基準及び選定審査方法について、一部修正のうえ、承認することに異議はないか。

 〈異議なし〉

委員長

 異議なしと認め、一部修正のうえ承認する。
 また、修正箇所については早急に反映のうえ、事務局から各委員に確認いただくようお願いする。

その他

委員長

 それでは、続いて指定管理者公募及び選定スケジュールについて説明をお願いする。

所管課(説明)

 指定管理者公募及び選定スケジュールについて

 ・10月上旬に書類審査、中旬に面接審査を予定

委員長

 本日の案件の審議は全て終了した。
 以上で閉会する。

閉会

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DCAdobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

このページの作成担当

文化観光局 スポーツ部 スポーツ施設課
電話:072-228-7567 ファックス:072-228-7454
〒590-0078 堺市堺区南瓦町3番1号 堺市役所高層館6階

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで

サブナビゲーションここから

指定管理者候補者選定委員会会議録等

情報が見つからないときは

世界文化遺産を大阪に 百舌鳥・古市古墳群

サブナビゲーションここまで


以下フッターです。
Copyright © Sakai City. All Rights Reserved.
フッターここまでこのページの上へ戻る