このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
堺市
  • 音声読み上げ・文字拡大・ふりがな
  • サイトマップ
  • くらしの情報
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉
  • 観光・歴史・文化
  • 産業・ビジネス
  • 市政情報


本文ここから

平成30年度 第4回堺市建設局指定管理者候補者選定委員会会議録

更新日:2018年11月29日

開催日時 平成30年9月7日(金曜)  午後3時開会 午後4時30分閉会
会  場 堺市役所 本館地下1階 大会議室(西)
出席委員

委員長  戸奈 章
〔総務局行政部行政管理課総括参事役(指定管理・内部統制担当)〕 
委 員  佐保 美奈子〔大阪府立大学 看護学研究科 准教授〕
委 員  西村 智子 〔公認会計士〕
委 員  森本 芳樹 〔弁護士〕
委 員  山田 宏之 〔大阪府立大学 生命環境科学研究科 教授〕

欠席委員 な し
事 務 局

(建設総務課長)高寄 直人 外

所 管 課

(大浜公園事務所長)笹木 英次 外

案 件 名

(1)堺市鳳公園指定管理者候補者選定に係る書類審査について
(2)堺市鳳公園指定管理者候補者選定に係る面接審査の基本質問について
(3)堺市鳳公園指定管理者候補者選定に係る面接審査について
(4)堺市鳳公園指定管理者候補者の選定結果について

会議資料

会議次第(PDF:43KB)
【資料1-2】基本質問(鳳公園)(PDF:72KB)
選定審査表(鳳公園)(PDF:198KB)
【参考資料1】審査方法及び採点について(PDF:129KB)
【参考資料2】同点の場合の取扱いについて(PDF:85KB)
【参考資料3】面接審査の方法について(PDF:76KB)

開会

事務局

第4回堺市建設局指定管理者候補者選定委員会を開催する。

定足数確認

事務局

委員会は委員全員出席で、委員定足数を満たしている。

応募団体との関係の有無確認

事務局

応募団体と関係のある委員はいなかった。

応募団体からの接触等の有無確認

事務局

各委員に対して、応募団体からの接触等はなかった。

配付資料確認

案件確認等

事務局

本日の審議結果は、事務局から堺市に書面で報告する。
また、会議録は、非公開部分を除いて、堺市ホームページで公開する。

案件審議

(案件1)

委員長

第4回堺市建設局指定管理者候補者選定委員会の案件の審議に入る。
案件1の「堺市鳳公園指定管理者候補者選定に係る書類審査について」、応募団体から提出のあった「応募書類の確認結果」、「応募団体の概要」及び「企画提案書の概要」について、所管課から説明をお願いする。

所管課説明

所管課

応募団体は1団体(現指定管理者)であり、応募に必要な条件を満たしていることを報告
応募団体及び企画提案書の概要について説明(資料1-1)

委員長

何か質問・意見はないか。

山田委員

自主事業に係る提案が4つあるが、だんじりの観覧場所の設置は新規事業か。

所管課

そうである。今回の新規事業である。

山田委員

その他の3事業は継続の事業か。

所管課

そうである。

佐保委員

人員配置について、週5日勤務、1日4時間、午前2人、午後2人という勤務体制になっているが、勤務する曜日は決まっているのか。

所管課

水曜日、土曜日が休みである。

佐保委員

その他の曜日は午前2人、午後2人の勤務体制になっているのか。

所管課

基本的にはそうである。

佐保委員

現地視察を行った5月21日(月曜)15時過ぎのトイレの汚れ具合や物品の補充状況を見ると、前日や当日の午前中に勤務していたというような状況ではなかった。

山田委員

勤務時間の時間帯は決まっているのか。

所管課

応募団体からの提案では時間の指定はない。現在の勤務体制は明確に決まっていないが、午前10時~12時、午後2時~4時の勤務体制が多い。

委員長

例えば1人目が2時間勤務した後に2人目が2時間勤務したら空白期間が無いことになると思うが、勤務体制はどうか。

所管課

現行では、基本的に2人ペアの体制である。何かあった際には1人で対応できないことや、作業も連携して行うことがあるのが理由である。

委員長

午前、午後両方とも2時間ずつ2人ペアで勤務し、1日4時間勤務しているということか。

所管課

そうである。

山田委員

役員名簿に記載のある鳳公園管理責任者について、他の方と比べて一際若いが、何をされている方か。

所管課

所管課との連絡調整や管理運営のマネジメントを行っている。何か問題があればその方に連絡している。

委員長

他に質問・意見はないか。

委員

<質問等なし>

委員長

それでは、書類審査の仮採点を行っていただく。事務局から採点にあたって注意すべき事項について説明をお願いする。

事務局

採点にあたっての注意すべき事項を説明(選定審査表、参考資料1)

書類審査仮採点

委員長

それでは、書類審査の仮採点をお願いする。

(案件2)

委員長

次に面接審査の流れについての説明と、案件2「堺市鳳公園指定管理者候補者選定に係る面接審査の基本質問について」の説明をお願いする。

事務局

面接審査の流れについて説明(参考資料3)

所管課

面接審査の基本質問について説明(資料1-2)

委員長

何か質問・意見はないか。

委員

<質問等なし>

委員長

堺市鳳公園指定管理者候補者選定に係る面接審査の基本質問(案)について承認することに異議はないか。

委員

<異議なし>

(案件3)

委員長

次に、案件3の「堺市鳳公園指定管理者候補者選定に係る面接審査について」の審査を進める。

応募団体入室

事務局

<応募団体に対し、委員の紹介並びに面接審査の進め方について説明>

応募団体

出席者紹介

応募団体

プレゼンテーション

質疑応答

基本質問(1)

委員長

指定管理者として、4期12年の実績を踏まえて、今後の鳳公園をどのような公園にしたいと考えているか。

応募団体

まずは当初の目標通り、いつまでも安全で安心な公園をめざして運営していきたいと思っている。先日の台風21号でも多くの倒木被害があったが、幸いにも甚大な被害とまではいかなかった。大災害があった時に安心して避難していただけるような公園づくりを今後ともめざしていきたいと考えている。

基本質問(2)

委員長

指定管理者として、市の求める目標・水準を達成するための方策を項目ごとに説明してください。また、今後の公園管理の在り方や問題点があれば、考えを示してください。

応募団体

1つ目の年4回以上の点検実施について、目視及び簡単な点検を月1回行うと共に、本格的な点検も年2回行っている。これらは引き続き行っていきたいと考えている。
2つ目の講習受講についてだが、従事している職員が順番に毎年1人すつ遊具の点検講習を受講している。加えて、1年に1回、更新の講習も吹田の公園で行っている。
3つ目の収支の均等について、鳳公園は利用料金がほとんどないので、場所貸しするなど利用料金を徴収できるイベントを考えたい。また、支出のほとんどが人件費のため、上手にローテーションを組んで人件費を減らすことを重視していきたいと考えている。
問題点について、鳳公園を管理して約12年になるが、いたずらが多いのが一番の問題点だと考えている。自治会にテレビカメラを設置してもらうなど色々な対策をとった結果、当初からはかなり減ってきてはいる。ごみが捨てられるなどのいたずらに対して夜回りなども行っているが、更に夜遅くにいたずらをされており、この対策をどうするかというのが一番大きな課題となってくる。また、施設を破壊されることもあるが、税金を使って修繕しており、その修繕費が一番大きくなってきているので、何か改善策を考えていきたい。

委員長

各委員からの質問はないか。

佐保委員

人員配置のところで、高齢者の方は清掃で雇用されていると思うが、体調不良時のシフト変更は速やかに対応できるのか。

応募団体

そこは日々気をつけているところで、シフトに入る時は必ず2人ペアで入るようにしている。1人で業務を行っていると、その人が倒れたりしたら連絡も行えなくなるからである。2人ペアでシフトに入ることができない場合は、やむを得ずに休んでもらったこともある。

佐保委員

企画提案書には水曜日、土曜日以外は午前・午後2人ずつで1日4時間勤務を行うことが記載されているが、出勤しない日があるということか。

応募団体

そうである。その場合は、本来休みの日である水曜日に代わりに出勤を行うなど、週の中での出勤回数は減らさないようにしている。2人ペアのうち1人の体調が悪くて休むので、もう1人もやむを得ずに休ませるということはめったにないことで、誰かが休む場合は代わりの人を出勤させるという対応を行っている。しかし、体調不良で5人いる職員の数が一時的に3~4人に減った時には、やむを得ず2人とも休ませるという対応を行っていた。

佐保委員

現地視察に行った際のトイレの管理状況がとても残念だった。入ってすぐの場所に時間がたったような汚れがあったのと、トイレットペーパーが1つも無かった。例えば、お腹が痛くなったときに、あそこの公園に行ったらトイレを使えると思って公園に行ったのに、トイレは汚れているし、トイレットペーパーも無いといった状況は、トラウマになるかもしれないと思っている。そういったことが無いように管理をしてほしい。あと、苦情対応の考え方の項目で、いままでどんな苦情があったか。例えば、トイレの汚れやトイレットペーパーが無いといったような苦情はあるのか。

応募団体

トイレットペーパーが無かったという苦情はあまりない。先ほどのいたずらに関連してくるが、朝トイレットペーパーを設置しても、職員が帰った後には持って帰られたり、投げて遊ばれたりして、夜中のうちには無くなっており、また次の日に足すという追いかけっこの状態になっていて、非常に無駄が生じている。委員が行っていただいたときには汚かったかもしれないが、普段は非常にきれいにしているという自信もある。
地元から来る苦情は、公園自体の苦情というよりは、花火やスケートボードの音がうるさいからどうにかしてほしいといったようなものである。その時は本部の職員が行って注意をしている。後は、落ち葉が風で公園の外に流れていくことが多いが、職員が公園の外の道路も含めて掃除を行っており、理解をいただいている。

山田委員

今年の夏は非常に暑く、日中に公園の管理業務を行うのは大変だと思う。酷暑時における勤務時間の調整はしているのか。

応募団体

酷暑への対応については、早朝や夕方の勤務にするなどその日その日で柔軟に勤務時間の変更を行っている。

山田委員

従業員に過度の負担がかからないような体制にできているということか。

応募団体

そこは自信を持ってやっている。

山田委員

新規事業として、だんじり祭り時の観覧場所として一部開放するというものがあり、有料にするのかと思っていたが、無料となっている。具体的にどういった計画か。

応募団体

あくまでも計画だが、来年8月に鳳公園横の道路が完全に開通する予定であり、10月のだんじり祭りのときには、鳳公園の方までだんじりの曳行路線が伸びる可能性がある。その場合は、ぜひ鳳公園を観覧場所としていただきたいと思っている。料金については、例えば3日間の祭礼のうち、1~2回しか鳳公園の前を通らないのであれば、料金徴収はできないと思っている。しかし、曳行路線が確定し、鳳公園の前を1日に何回もまわるような路線になれば、その時には観覧席を設けて料金徴収につながるような取り組みをしたいと考えている。今後、関係団体と協議し、臨機応変に対応していきたい。

森本委員

管理の基本方針について、災害時には行政機関や地元自治会と連携を図り、責任を持って運営管理に努めるとあるが、先日の台風21号の際に、具体的にどのような対応を行ったか。

応募団体

今回の台風では鳳公園への避難者はなかったが、避難者が出た場合にいつでも対応できるように備えていた。

森本委員

鳳公園には何か被害があったか。

応募団体

樹木が折れたり、飛んだりしているものが多数あった。あまりにも費用がかかるので、所管課の方で来週に剪定等の対応をしていただく段取りをしている。

森本委員

早期の段階で、公園の現状確認を行ったのか。

応募団体

当日の夕方には本部職員も確認に行っているし、翌日には掃除を行った。

委員長

以上で質疑応答を終了する。

応募団体退室

委員長

プレゼンテーション、質疑応答等を踏まえ意見交換を行うが、意見等はあるか。

山田委員

だんじりの観覧席について、頻繁にだんじりが通るようになると観客席を設けて、料金徴収を考えているとのことだが、現状の計画では無料である。実際に料金徴収することになった場合、改めて市と協議すれば、現状の計画では無料だが、それに縛られることなく料金を徴収することは可能なのか。

事務局

指定期間の途中でも自主事業の計画変更を行うことは可能である。指定管理者からの申し出を受け、所管課が必要と認めれば承認を行うことになる。

委員長

森本委員から、台風21号の対応について質問があったが、現場確認は指定管理者と所管課のどちらが行ったのか。

所管課

指定管理者として管理してもらっているので、まずは指定管理者が確認を行い、報告を受けた。所管課は、鳳公園以外の公園を優先して現場確認を行った。

委員長

報告はいつぐらいにあったか。

所管課

所管課も現場確認等で慌ただしかったこともあり、翌日の午前中に報告を受けた。

委員長

地元密着で管理しているという部分は質疑の中でも答えていたし、実際にそういった印象である。

山田委員

実際にこれを民間企業に委託しようとすると、この指定管理料では、人件費等は賄いきれないと思う。

委員長

清掃業務で雇用されている高齢者の生きがいづくりといった地域ボランティア的な要素になっている部分もあると思う。ただ、その業務に従事している人数が5人とのことだが、もっと人数を多くすることは難しいか。

所管課

ハローワークなどいろいろなところに応募をかけていると聞いているが、なかなか応募者が集まらない状況である。

委員長

体調不良等で勤務できない人が増えた場合、公園管理に支障をきたす印象を受けた。

所管課

そこは所管課としても一番の懸念事項である。人員を多く抱えると基本給の支払いなど、給与の面で難しいかもしれないが、人員が抜けたらすぐに補充できるような体制作りをお願いしている。

委員長

それでは書類及び面接の審査を踏まえて採点をお願いする。

集計結果発表

<集計結果一覧表を委員長及び委員に配付>

(案件4)

委員長

それでは、案件4「堺市鳳公園指定管理者候補者の選定結果について」の集計結果を発表する。
総合計得点:272点

総合計得点が満点(400点)の60%以上に達しているため、応募団体を堺市鳳公園の指定管理者候補者として選定する。

本日の案件の審議はすべて終了した。
以上で本日の委員会を終了する。

閉会

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DCAdobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

このページの作成担当

建設局 土木部 建設総務課
電話:072-228-7415 ファックス:072-228-3964
〒590-0078 堺市堺区南瓦町3番1号 堺市役所高層館18階

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで

サブナビゲーションここから

指定管理者候補者選定委員会会議録等

情報が見つからないときは

世界文化遺産を大阪に 百舌鳥・古市古墳群

サブナビゲーションここまで


以下フッターです。
Copyright © Sakai City. All Rights Reserved.
フッターここまでこのページの上へ戻る