このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
堺市
  • 音声読み上げ・文字拡大・ふりがな
  • サイトマップ
  • くらしの情報
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉
  • 観光・歴史・文化
  • 産業・ビジネス
  • 市政情報


本文ここから

平成28年度 第1回堺市建設局指定管理者候補者選定委員会会議録

更新日:2016年11月25日

開催日時 平成28年5月24日  午後3時30分開会 午後5時閉会
会  場 堺市役所 本館3階 第1会議室
出席委員

委員長  目久保 秀明
〔総務局行政部行政管理課総括参事役(指定管理・事務改革担当)〕 
委 員  佐保 美奈子〔大阪府立大学大学院 看護学研究科 准教授〕
委 員  谷  義孝  〔公認会計士〕
委 員  本間 亜紀  〔弁護士〕
委 員  山田 宏之  〔大阪府立大学大学院 生命環境科学研究科 教授〕

欠席委員 な し
事 務 局

(建設総務課)松田 彰浩 課長 外

所 管 課

(公園緑地部)山上 英信 部長
(大浜公園事務所)笹木 英次 所長 外
(泉ヶ丘公園事務所)穴見 良二 所長 外
(公園緑地整備課)樫木 謙次 課長 外

傍聴人数 0人
案 件 名

(1)堺市金岡公園プール・大浜公園プールの指定管理者候補者の公募にかかる募集要項、業務仕様書、選定基準等について
(2)堺市泉ヶ丘プールの指定管理者候補者の公募にかかる募集要項、業務仕様書、選定基準等について
(3)堺市都市緑化センターの指定管理者候補者の公募にかかる募集要項、業務仕様書、選定基準等について
(4)審査方法について

会議資料 会議次第(PDF:50KB)

【資料1-1】(大浜・金岡プール)募集要項概要(PDF:120KB)
【資料1-2】(大浜・金岡プール)募集要項(PDF:656KB)
【資料1-3】(大浜・金岡プール)業務仕様書(PDF:646KB)
【資料1-4】(大浜・金岡プール)選定基準(PDF:225KB)
【資料2-1】(泉ヶ丘プール)募集要項概要(PDF:121KB)
【資料2-2】(泉ヶ丘プール)募集要項(PDF:668KB)
【資料2-3】(泉ヶ丘プール)業務仕様書(PDF:550KB)
【資料2-4】(泉ヶ丘プール)選定基準(PDF:227KB)
【資料3-1】(都市緑化センター)募集要項概要(PDF:118KB)
【資料3-2】(都市緑化センター)募集要項(PDF:610KB)
【資料3-3】(都市緑化センター)業務仕様書(PDF:381KB)
【資料3-4】(都市緑化センター)選定基準(PDF:213KB)
【資料4】審査方法及び採点について(PDF:144KB)
【資料5】同点の場合の取扱いについて(PDF:92KB)
【資料6】面接審査の方法について(PDF:69KB)
【資料7】指定管理者候補者決定までの予定表(PDF:57KB)

開会

事務局

第1回堺市建設局指定管理者候補者選定委員会を開催する。

委員長及び委員紹介

定足数確認

事務局

委員会は委員全員出席で、委員定足数を満たしている。

配布資料確認

案件確認等

事務局

本日の審議結果は、事務局から堺市に書面で報告する。
また、会議録は、非公開部分を除いて、堺市ホームページで公開する。

職務代理者の指名

委員長

堺市指定管理者候補者選定委員会規則第3条第3項により、委員長があらかじめ指名する委員長の職務を代理する者として、山田宏之委員を指名する。

会議の公開

委員長

堺市指定管理者候補者選定委員会規則第7条第1項により、本会議は公開とする。
指定管理者候補者を選定する次回以降の会議については、堺市情報公開条例第7条第5号に該当するため非公開とする。

案件審議

委員長

第1回建設局指定管理者候補者選定委員会の案件の審議に入る。

(案件1)

委員長

案件1の「堺市金岡公園プール・大浜公園プールの指定管理者候補者の公募にかかる募集要項、業務仕様書、選定基準等」について所管課からの説明をお願いする。

所管課説明

所管課

堺市金岡公園プール・大浜公園プールの募集要項、業務仕様書、選定基準の説明
(資料1-1、1-2、1-3、1-4)
(1)施設の概要について
(2)指定管理者が行う業務の概要について
(3)指定期間について
(4)管理運営の目標について
(5)市として求める目標、水準等について
(6)選定基準について  など

委員長

何か質問・意見はないか。

谷委員

選定基準について確認したい。例えば、「条例に定める指定の要件」欄の「(1)事業計画が市民の平等利用その他の観点から適切なものであること。」の審査項目が3つあるが、配点の15点は3つの審査項目を総合的に審査して採点すればよいか。

事務局

「条例に定める指定の要件」欄ごとに採点いただきたい。例えば、資料4の「5 採点を行う上での目安について」にも記載の通り、配点が15点の場合では、応募団体からの提案内容について、複数の審査項目を総合的に審査していただき、特に優れていると判断した場合は15点を、優れていると判断した場合には12点をつけていただきたい。採点等の審査方法については、案件4にて説明を行う。

山田委員

自主事業に関して評価する項目はあるか。

所管課

選定基準中の「(5)施設の効用を最大限発揮させることができること。」の「(3)自主事業の実施計画」の項目が該当する。

山田委員

自主事業が適正か、プールにふさわしいか等で評価を行えばいいのか。

所管課

選定基準の「審査の視点」欄にも記載の通り、自主事業の具体性、実現性、独創性や適切な収支計画になっているかの視点から審査いただきたい。例えば、提案のあった事業がよかったとしても、内容がプールに沿うかどうかもあるので、そのあたりも含めて評価いただければと考えている。

佐保委員

応募団体からの提出書類は審査項目順になっているのか。

所管課

そうなっている。応募団体からの提案内容の概要版を所管課で作成するので、採点時の参考にしていただきたい。

佐保委員

例えば、「(1)事業計画が市民の平等利用その他の観点から適切なものであること。」の「(3)事故発生履歴」について、死亡事故が1件でもあったら厳しい点数をつけたくなるが、判断の基準はあるのか。

所管課

事故発生履歴の項目については、事故の有無や事故の内容は当然のことながら、事故発生後どのような対応を行ったかも含めて評価いただければと考えている。
仮に事故発生履歴があったとしても、その後の対応状況を確認していただき、対策が講じられていて今後再発の可能性が低いと考えられる場合には、それも踏まえて採点いただければと考えている。

事務局

補足になるが、面接審査では応募団体のプレゼンテーションもあり、質問時間も設けているので、その際に応募団体の考え方を確認することも可能である。

委員長

他に質問・意見はないか。

委員

<質問等なし>

委員長

「堺市金岡公園プール・大浜公園プールの募集要項、業務仕様書、選定基準等」について承認することに異議はないか。

委員

<異議なし>

委員長

「堺市金岡公園プール・大浜公園プールの募集要項、業務仕様書、選定基準等」について原案のとおり承認する。

(案件2)

委員長

案件2の「堺市泉ヶ丘プールの指定管理者候補者の公募にかかる募集要項、業務仕様書、選定基準等」について所管課からの説明をお願いする。

所管課説明

所管課

堺市泉ヶ丘プールの募集要項、業務仕様書、選定基準の説明
(資料2-1、2-2、2-3、2-4)
(1)施設の概要について
(2)指定管理者が行う業務の概要について
(3)指定期間について
(4)管理運営の目標について
(5)市として求める目標、水準等について
(6)選定基準について  など

委員長

何か質問・意見はないか。

佐保委員

資料2-3の業務仕様書の中の「11 市として求める目標・水準等」の「(2)利用者サービスの向上への取組に関する目標」について、求める水準は90%以上だが、現状の満足度はどれぐらいか。

所管課

平成27年度は89.7%、平成26年度は73.7%、平成25年度は97.4%、平成24年度は96.6%、平成23年度は91.9%となっている。

本間委員

平成26年度だけ満足度が低い原因は何かあるのか。

所管課

根本的な問題としては、アンケート回収数が少ないため良くない意見が少しあると、満足度への影響が大きい。今年度の実施にあたっては、回収数を増やすように指定管理者と協議しているところである。例えば、アンケートに協力いただいた方には自主事業の割引券を渡す、アンケートの内容を簡素化する等の工夫を考えている。

佐保委員

回収数はどれぐらいなのか。

所管課

平成27年度は88、平成26年度は92となっている。

佐保委員

入場者数と比べると、本当に満足された利用者が回答してくれていると思われる。
大学でも学生が、紙のアンケートに筆記具で書くことは少ない。授業のアンケートもQRコードを利用してスマートフォンからできるように工夫している。

所管課

帰宅された方からもアンケートをとれるように、インターネット等の活用も検討しているが、新たにシステムを導入する必要等もあり、指定管理者と協議しているところである。

谷委員

自主事業にかかる人件費は指定管理業務と切り分けを行っているのか。

所管課

自主事業は指定管理業務と別会計となるため、人件費についても切り分けている。

谷委員

自主事業の時だけ職員を雇っている場合もあるのか。

所管課

自主事業の内容による。例えば、温水シャワーの自主事業では人件費はかからない。プールアトラクションといったプールで遊べるような自主事業については、それに要する人件費は必要となる。

佐保委員

施設見学した際にはわからなかったが、温水シャワーはどこにあるのか。

所管課

更衣室の奥の方にある。

佐保委員

身体障がい者等の方が利用できる多目的室には高い位置に固定式のシャワーがあったと思うが、あれは水しか出ないのか。

所管課

そうである。

佐保委員

金岡公園プールの見学時にも感じたが、車いすに乗った状態で使用するとなると固定式では下半身は洗えない。家庭でも使用しているような普通のハンドシャワーがあれば助かる方が多い。

所管課

施設の設備の話なので、別途、現場確認を行う。

山田委員

金岡公園・大浜公園プールと違う点として、車両の整理業務があるが、評価の対象とするのか。

所管課

選定基準の「(1)事業計画が市民の平等利用その他の観点から適切なものであること。」の「(2)平等利用・安全の確保」の項目の評価対象に含まれると考えている。

山田委員

提案書類に記載があればプラス評価にし、記載がなければマイナス評価するということか。

所管課

業務仕様書に車両整理の人員を配置するように記載しているため、配置しなければ仕様違反となる。業務仕様書に記載している内容の他に何か提案があった場合は、その内容により評価していただければと考えている。

佐保委員

車両の誘導に関しては研修や講習があると聞いたことがあるが、そういったものを受講した人を配置していたら安全面の確保がされていると判断してよいか。

所管課

業務仕様書において、場外車両整理員は警備業者の警備員を配置することと記載しているため、それ以上に安全面への配慮がされている提案があれば、その内容を踏まえて評価していただければと考えている。

委員長

他に質問・意見はないか。

委員

<質問等なし>

委員長

「堺市泉ヶ丘プールの募集要項、業務仕様書、選定基準等」について承認することに異議はないか。

委員

<異議なし>

委員長

「堺市泉ヶ丘プールの募集要項、業務仕様書、選定基準等」について原案のとおり承認する。

(案件3)

委員長

案件3の「堺市都市緑化センターの指定管理者候補者の公募にかかる募集要項、業務仕様書、選定基準等」について所管課からの説明をお願いする。

所管課説明

所管課

堺市都市緑化センターの募集要項、業務仕様書、選定基準の説明
(資料3-1、3-2、3-3、3-4)
(1)施設の概要について
(2)指定管理者が行う業務の概要について
(3)指定期間について
(4)管理運営の目標について
(5)市として求める目標、水準等について
(6)選定基準について  など

委員長

何か質問・意見はないか。

谷委員

資料3-3の業務仕様書の中の「5 市として求める目標・水準等」の(1)と(2)のそれぞれの目標数値について根拠はあるのか。

所管課

(1)の来館者数について、昨年は19万人を超えたが、30年間運営してきた中で2回目である。今までの指定期間中も18万人を目標にしていたが、目標数値に達したのは昨年だけである。今回も来館者数18万人は確保してほしいため目標数値に掲げている。都市緑化に係る相談件数については、最近の相談件数が2,500件程度で推移していることと、また、昨今はインターネット等で簡単に調べることができる状況で、来館や電話による相談が今後減る可能性があるが、2,500件は確保してほしいため目標数値としている。(2)の満足度については、今までのアンケート調査が都市緑化センターで開催している講座の受講者を対象にしており、満足度が100%近い数字であった。今回は対象者を拡大し、一般の来館者にもアンケート調査を行い、80%の方に満足していただきたいと考えている。

谷委員

先ほどの両プールの満足度が90%であったことと比べると低く感じる。

所管課

講座受講者ではない一般の来館者の方に対するアンケートの満足度90%という数値はハードルが高いと判断した。また、従来のアンケートは5段階で「普通」があったが、今回からは「普通」を無くし、4段階にしようと考えている。一般来館者にも一定の満足をしていただきたいということから80%に設定している。

山田委員

都市緑化センターで開催されているホタルの観賞会が人気なようだが、業務仕様書の中には一切記載がないが、自主事業ということか。

所管課

ホタルの観賞会は指定管理者の自主事業ではない。主催者が「堺仁徳ライオンズクラブ」と「公益財団法人堺市公園協会」であり、指定管理者が堺市に代わって許可を出して施設を貸している状況である。

山田委員

もし指定管理者が代わってもホタルの観賞会はあのまま継続されるのか。

所管課

ホタル観賞会の主催者が今後も開催する意向であれば、今までと同様に実施される可能性が高い。

山田委員

そのあたりの事情は現地説明会等で説明するのか。

所管課

現地説明会等の説明に加えることにする。

谷委員

選定基準の配点割合について、配点を高くしている部分は理由があると思うが、採点の参考にしたいので少し詳しく説明していただきたい。

所管課

選定基準の「(5)施設の効用を最大限発揮させることができること。」に関して、都市緑化センターは「花と緑に関する拠点施設」であり、市内全域に都市緑化の普及啓発をしてほしいという思いから最も配点を高くし、20点に設定している。そのあとは、「(3)使用者の意思及び人権を尊重し、常にその立場に立ったサービスが提供できること。」と「(4)効果的かつ効率的な管理を実施できること。」を2番目に高い15点に設定している。(3)については、利用者ニーズの把握や来館者への人権尊重、各年代に対する適切な対応ができるかは重要な視点と考えている。(4)については、技術をもったスタッフの配置ができているかは、重要な視点と考えている。

委員長

他に質問・意見はないか。

委員

<質問等なし>

委員長

「堺市都市緑化センターの募集要項、業務仕様書、選定基準等」について承認することに異議はないか。

委員

<異議なし>

委員長

「堺市立都市緑化センターの募集要項、業務仕様書、選定基準等」について原案のとおり承認する。

(案件4)

委員長

最後の案件である「審査方法について」を事務局から説明をお願いする。

事務局説明

事務局

審査方法及び採点について(案)の説明(資料4)
書類審査と面接審査時における同点の場合の取扱いについて(案)の説明(資料5)
面接審査の方法について(案)の説明(資料6)

委員長

何か質問・意見はないか。

谷委員

書類審査はどのように行うのか。

事務局

応募団体からの提出書類に基づいて審査を行う。提出書類は分量が多いので、所管課で提案内容をまとめた概要版を作成し、委員に事前説明を行う予定である。各委員は提出書類の内容により書類審査時に採点を行っていただきたい。

谷委員

不明な点は所管課に確認すればいいのか。

事務局

そうである。

本間委員

資料4の「4 採点方法を指定する項目について」要件を満たせば加点されるが、これは通常の配点の100点満点とは別でさらに加点するということか。

事務局

そうではなく100点満点の中に含まれることになる。項目としては、選定基準の「(6)管理経費の縮減が図られること。」の「(3)指定管理料の削減」や「(7)前各号に掲げるもののほか、市長が定める要件」の「(5)市の施策に整合する取組実績等」が該当する。

佐保委員

採点方法を指定する項目について、委員で採点が変わるということはないか。

事務局

それはない。応募団体からの提出書類をもとに所管課が確認を行い、その項目についてはあらかじめ点数をつけた審査表を委員に配布する。

委員長

他に質問・意見はないか。

委員

<質問等なし>

委員長

案件4について承認することに異議はないか。

委員

<異議なし>

委員長

案件4について原案のとおり承認する。

委員長

最後に指定管理者の決定までのスケジュールについて説明をお願いする。

事務局説明

事務局

指定管理者決定までの予定表の説明(資料7)

委員長

何か質問・意見はないか。

委員

<質問等なし>

委員長

本日の案件の審議はすべて終了した。
以上で本日の委員会を終了する。

閉会

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DCAdobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

このページの作成担当

建設局 土木部 建設総務課
電話:072-228-7415 ファックス:072-228-3964
〒590-0078 堺市堺区南瓦町3番1号 堺市役所高層館18階

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで

サブナビゲーションここから

指定管理者候補者選定委員会会議録等

情報が見つからないときは

世界文化遺産を大阪に 百舌鳥・古市古墳群

サブナビゲーションここまで


以下フッターです。
Copyright © Sakai City. All Rights Reserved.
フッターここまでこのページの上へ戻る