このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
堺市
  • 音声読み上げ・文字拡大・ふりがな
  • サイトマップ
  • くらしの情報
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉
  • 観光・歴史・文化
  • 産業・ビジネス
  • 市政情報


本文ここから

【3】3.誘客ターゲットの整理

更新日:2012年12月19日

 具体的な施策展開を検討するためには、受入地としての堺の事情だけではなく、来訪者側のニーズにも十分に配慮する必要がある。今後の施策の中心テーマを「歴史文化」に設定したことや、現在の来訪者の大層を踏まえれば、大阪府内などの比較的近隣に居住するシニア層を誘客ターゲットとして想定することがまず考えられるが、このほか、現状においても関西周辺エリアやアジアなど、様々な地域からの観光客の来訪が見られるところであり、これらの顧客のニーズをそれぞれ分析し、施策の立案を図る必要がある。このような観点から、以下のような来訪者のシチュエーションも念頭におき、各施策について具体的な検討を深めていくこととする。

〈1〉 堺への新規誘客

 堺への新規誘客を図るためのコア・コンピタンス、整備・構築・育成・PRすべき魅力分野を、観光客の属性(年齢・性別・エリア・旅行形態など)にあわせ、施策の規模やスケジュールを含めて検討していく。

〈2〉 関西に来訪する(来訪しようとしている)観光客の堺への誘致

 訪日教育旅行、修学旅行、テーマパーク(USJ)等、大阪をはじめ関西エリアへの来訪者を呼び込むため、学習性のある見学・体験要素の整備とPR、大阪観光コンベンション協会や他都市の集客観光施設、旅行会社、宿泊施設との連携、堺の立地(関西国際空港や大阪市内からのアクセス・所要時間)の認知促進等を図る施策を検討していく。

〈3〉 すでに観光以外の目的で堺に来訪している人に対する観光行動の動機づけ

 ビジネス、コンベンション、各種大会等、観光目的以外の来訪者(とくに宿泊者)の好奇心や興味を喚起し、空き時間の満足や楽しみを提供できる観光資源、サービス等の充実を検討していく。

※この大半を占めるものと考えられるビジネスマンは、中年・壮年男性で遠隔地から来訪する者が多く、歴史文化資源の集客ターゲットと合致している。しかし現状は、来訪(宿泊)しても観光行動をとっていないケースが多いものと考えられる。

地元市民を巻き込んだ誘客プロセス

 上記の3類型を想定して誘客施策を展開するに当たっては、受入れ側の状況等により、当面、必ずしも来訪者の誘導を即座に行うことが難しい場合もあるものと考えられる。
 そこで、上記誘客活動と並行して、国内ルート調査でのヒアリングや、検討委員会で指摘されたように、地元の人が動く状況を作り出し、市民が盛り上がることで、地域の魅力を磨き、資源の潜在力を高めるよう工夫する。
 次第に誘客ターゲットを広げていくプロセスを同時並行的に進めることで、上記の誘客活動が、より効果を発揮すると考えられる。

このページの作成担当

文化観光局 観光部 観光企画課
電話:072-228-7493 ファックス:072-228-7342
〒590-0078 堺市堺区南瓦町3番1号 堺市役所本館2階

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで



以下フッターです。
Copyright © Sakai City. All Rights Reserved.
フッターここまでこのページの上へ戻る