このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
堺市
  • 音声読み上げ・文字拡大・ふりがな
  • サイトマップ
  • くらしの情報
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉
  • 観光・歴史・文化
  • 産業・ビジネス
  • 市政情報


本文ここから

【3】4.戦略的な施策展開 その2

更新日:2012年12月19日

 種々ある観光施策を効果的に推進していくためには、既述の現状分析やコンセプト等を踏まえ、堺市の現状、当該施策の意義や重要性、目的、効果等を明確にイメージしながら、戦略的に実施することが重要である。
 堺市の現状として、歴史文化的なポテンシャルはあるものの、必ずしも来訪者が観光を楽しめるような環境が整備されていないことが指摘されており、このような状況を踏まえて、今後の基本戦略を整理する。

早急に実施すべき具体的な観光振興施策

 観光施策の定型的な分類というものが存在するわけではないが、企業活動における製品づくり、顧客サービス、販売宣伝に対応して、〈1〉集客観光地としての新たな魅力創造、〈2〉受入れ体制、ホスピタリティの充実、〈3〉情報発信・PR活動、の3つに大別し、具体的な施策メニューを整理する。

【集客観光地としての魅力創造】

 既述の基本戦略等に基づき、市内の各エリアごとに、以下のような施策の展開を図り、新たな魅力を創造していく。

(1) 重点エリアの整備・活用方策

〈1〉仁徳陵古墳・大仙公園周辺エリア

 他の多くの都市では集客の核となるような業種・施設が存在し“集客ハブ”として機能しているが、集客資源調査結果から、現在の堺市内にはそのような集客の核が存在していないことがわかった。
 「堺観光シンボルエリア」として本エリアに「堺」観光の“集客ハブ”を創出し、“埋もれた”、“散在している”、“核がない”といった堺市観光の課題を克服することが観光戦略上重要であり、そのためには、次のような方策により、本エリアを堺観光の集客ハブとして整備していくことが重要である。

1) 仁徳陵古墳・百舌鳥古墳群の世界文化遺産登録等を通じた古代史観光の「価値」創造

 今後進められる仁徳陵古墳・百舌鳥古墳群の世界文化遺産登録に向けた活動や、それに関わる巨大古墳の国際シンポジウム開催のPR効果等に着目し、堺市に立地することや、歴史的意義などを積極的にアピールするほか、日本書紀の物語や考古学的知見、地域に伝わる伝承などを活用し、古代史観光の「価値」を来訪者が体感できる情報提供や旅行案内を行う。
 また、古い伝説の残る「宿院頓宮」や河内王朝説など、来訪者が堺に息づく古代史のロマンや、教科書に載らない歴史の面白さを味わいながら、市内の様々な資源間への接続を促す。

2) 大仙公園等における集客施設の整備充実

 世界文化遺産への登録を目指して、仁徳陵古墳を始めとする百舌鳥古墳群の保存・活用策の検討を進めるとともに、今後、大仙公園を含む周辺エリアを堺の歴史文化が体感でき、観光客が一度は訪れてみたくなるような、“集客拠点”へと整備していかなければならない。
 ついては、博物館の活性化を図るとともに、現在予定されている民間活力の導入による散策路、来園者サービス施設、展望機能、ミュシャや郷土の芸術家などの作品を展示するための施設などの整備に当たっては、観光客が堺の歴史文化を体感できるよう配慮しなければならない。
 また、合わせて、来訪者が、資源調査で評価の高かった和菓子、和食等を楽しめるような仕組みづくりを進める。

3) 面的観光への誘導を通じた“満足感”の向上

 市役所21階展望ロビーからまず全景を展望した後に仁徳陵古墳を見学し、さらに外周を回る、堺市博物館等の周辺施設を見学する、伸庵で抹茶を楽しむ、といった来訪者にとって一定の満足感が得られるような古墳観光のモデルを周知し、来訪者の円滑な案内を実施する。
 特に、堺市博物館は、古代・中世を中心に、堺の歴史文化の全体像を重要文化財等現物資料で概説する機能を有しており、来館者が楽しめる体験学習・展示等普及活動の拡充を図ることなどをあわせて検討する。

〈2〉旧市街地・中世自由都市エリア

 本エリアは、日本史の中でも最も幅広い人気をもつ中世の重要な舞台として繁栄した堺の旧市街地であるが、他方、来訪者にその魅力をアピールする施設やサービスが十分ではないという課題を有している。
 ここには、南宗寺、大安寺、開口神社や菅原神社など、古い歴史を持ち、数多くの伝説が残る名刹が数多く存在し、また、同エリア北端の北旅籠町周辺は、市内で戦災を免れた数少ない地域で、鉄砲鍛冶屋敷や重要文化財の山口家住宅などが現存しているほか、昔の面影を残す刃物や線香などの伝統産業の事業所も数多く残っている。戦前の建造物が3割を超え、歴史的町割も残されるなど文化的な価値が高い。
 このため、以下のような取組みを実施することにより、そのポテンシャルである「歴史物語」を来訪者に魅力的に伝えるとともに、仁徳陵古墳・大仙公園周辺エリアと並ぶ、観光集客の重要拠点として整備する。

1) 旧市立堺病院跡地における拠点施設整備と周辺地域の整備の推進

 堺旧市街地の中心に位置し、千利休屋敷跡や与謝野晶子生家跡に近接する旧市立堺病院跡地で取り組んでいる文化観光拠点を、民間活力の導入を図りながら早急に整備する。
 この拠点において、観光情報の提供のほか、千利休らによる茶の湯やなんばん文化といった、堺の中世の歴史などを体感できる施設や堺の物産を販売する施設、駐車場、アクセス交通機能を整備することにより、堺観光の玄関口として来訪者を集める施設、サービスの展開を図る。
 また、南宗寺等の寺社、歴史的な町家等の各スポットの改修・整備に順次取り組むことを検討するとともに、これらをつなぐレンタサイクルの利用促進や、観光周遊バスの運行、阪堺電気軌道(チンチン電車)の活用など、利用者のニーズに適応した多様な交通ネットワークを整備し、点在する中世なんばん文化をはじめとする堺固有の歴史文化を誰もが、気軽に体感できるようなまちづくりを進め、旧市街地全体で観光客を迎え入れるような面的整備を推進する。

2) 歴史物語の有効活用

 日本史の中で最も幅広い人気をもつ時代である中世の重要な舞台として繁栄した本エリアは、物語の持つ影響力を活用して来訪者の期待を充足させる、という視点を徹底させて、伝承を収集・整理し発信方法を工夫する。一般の来訪者にも、禅、茶道、戦国ロマンなど、様々な切り口から興味を引くよう、また全国的に関心を集めるよう研究や議論を行うことも重要である。
 近隣魅力資源との連携という点を考慮すれば、例えば、一休-村田珠光-千利休という人物のつながりを語りながら、南宗寺-茶道-和菓子・・・という歴史文化の連鎖を示し、来訪者が、観光資源を回遊しながら、堺の持つ文化の多様性を感じ、高い満足度を得られるよう、観光ボランティアガイドの有効活用も図りながら、来訪者への情報提供の質の向上を図る。
 また、平成18年度秋頃を目途に、市民NPOによって、環濠を遊覧する観光船が運航される予定であるが、来訪者が「歴史文化」を体験できる貴重な資源として活用、連携を行う。

3) 高評価施設への回遊促進

 市外からの一見客を中心とする本エリアへの来訪者に対しては、近隣観光情報の提供を積極的に行うことで、高評価和菓子店など周辺への回遊効果と、本エリアの魅力資源を経験することによる満足度向上、リピート率向上を図る。
 例えば、集客資源調査の客観的な評価を効果的に活用して利用者の視線を取り入れ、どの顧客層を、どこに誘致するかを明確にし、既存の施設紹介ガイドマップ、グルメマップとは異なる切り口の情報提供の実施を行うことなどを検討する。

4) 伝統産業の有効活用

 刃物、線香などの古くからの伝統産業が活動を続けている地域であり、特に刃物製造事業者においては、工房の見学、製作実演、製作体験などのメニューを用意しているが、これらの伝統産業に関する文化体験を積極的に打ち出し、その運用の改善を行う(〈3〉5.(1)で詳述)。
 また、製作体験だけの打ち出しだけではなく、来訪者が、より多く堺の魅力に触れられるよう、周辺の事業者、施設、観光スポットとの連携をあわせて行う。

5) 町家活用の推進

 重要文化財山口家住宅、堺市指定有形文化財井上家住宅(鉄砲鍛冶屋敷)、登録有形文化財清学院をはじめとする歴史的建造物の買取りなどにより、保存修理を図り、観光資源として活用する事業が計画されている。
 本エリアでは、歴史的な町並みの佇まいの活用を図るとともに、当面は、各施設でのユニークなサービス展開と周辺の伝統産業文化体験などとの連携による集客を推進する。
 また、面的な景観の整備による観光集客については、その前提として相当の町並みに整備が必要となるものと考えられるため、地域住民が地域の景観価値を共有できるレベルからコンセンサスを形成し、景観を育てる、守る主体として住民と自治体とが協働するという機運の醸成から取り組むことが必要である。

(2) その他のエリア

〈1〉ベイエリア

 臨海地域においては、様々な近代的な施設の整備が進められており、歴史文化都市としての堺というイメージ形成に直結するものではないものの、高い集客力を発揮することが期待されている成長エリアである。
 また、かつてのなんばん貿易の舞台であった堺旧港地域は、現状では商業施設も多くなく、賑わいを創出しているとは言いがたい状況にあるが、新鮮な海鮮物を提供し好評を得ている店舗や親水護岸などのインフラも整備されつつある。
 本エリアでは、以下のような施策を実施し、これらの資源の有効活用を図ることとする。

1) 大規模集客施設からの市内観光への誘導等

 「堺臨海地域」における多機能複合型市街地の形成に先立ち、大型商業・アミューズメント施設が開業しており、今後も順次、拡大していく予定である。堺市内及び大阪都市圏から年間約500万人の来訪者数が見込まれているほか、サッカー・ナショナルトレーニングセンターの開設も予定されている。
 これらの施設への来訪者は、ほとんどが観光以外の目的で来訪すると想定されるが、来訪シーンなどに応じて堺市内での宿泊へ誘導するほか、年齢、性別などの属性等に応じて効果的な誘客活動を行う。

2) 堺旧港周辺への誘客促進

 堺旧港エリアでは、堺魚仲買事業協同組合による堺魚市場のほか、資源調査を実施した出島漁港の「とれとれ市」は市外からの来訪者も多く、評価も高いことから、これらの施設を、本エリアにおける魅力ポイントとして旧市街地に広がる観光資源との相互PRなどを行い、来訪者の市内周遊を促進する。
 また、三角地と呼ばれる市有遊休地があり、この地での施設整備等が具体化するまで当面の間、その有効活用を図ることが必要である。これまで不定期にフリーマーケット等のイベントが開催されているが、これを充実し定期的に開催するなど、前述の環濠観光船とも連携すること等により、民間や行政各部局が広く協力して賑わいを創出していくことが必要である。

〈2〉泉北、南部丘陵、美原地区

 本エリアには、ショッピングモール、農産物直売所、映画館、ゴルフ場、遊園地、観光農園、大型児童館、入浴施設どの様々な集客資源が存在するが、資源調査における利用者の評価は必ずしも高いとは言えず、寺社などの「歴史文化」のテーマに関連する施設も存在するが、現状では地元の常連層を中心とした利用となっている。
 しかしながら、ファミリー向け施設などで大規模な集客を実現できている施設もあり、これらを有効に活用しながら、各施設の一層の魅力向上に取り組んでいくことが必要である。

1) 大規模集客施設のPR強化

 豊かな自然を活かした「ハーベストの丘」や大型児童館「ビッグ・バン」は、市外からの来訪者の割合が多い施設であり、大阪府下のファミリー層をターゲットとした集客資源として有力な施設であることから、ターゲットを絞った効果的なPRに積極的に取り組む。

2) 地域資源の魅力向上

 地域の寺社、黒姫山古墳、歴史博物館、商業施設等への来訪者の誘導を図るため、まず、それぞれの魅力向上を図るとともに、市内各施設との連携方策等について検討を行っていく。

(3) エリアを超えた取り組み

〈1〉人物・物語でつなぐ広域連携

 前述のとおり、古代、中世、近世、近代に至るまで、堺は多様な歴史を有しており、歴史上の様々なできごとの舞台となった地である。これまで、堺市では出身者である千利休や与謝野晶子などの先人を中心としたPRに取り組んできたが、これに加えて、堺を舞台にした戦国武将をはじめとする多彩な著名人の物語も、堺の重要な資産である。
 このため、旧市立堺病院跡地に堺観光周遊の起点として整備する文化観光拠点を各観光資源を結ぶビジターセンターとして活用するとともに、以下のような取り組みを実施し、時代、人物、著名な物語をテーマとして関連する都市や団体と連携を進めながら情報発信を行うことで集客を図る。

1) 時代によるテーマ設定

 本市に所在する仁徳陵古墳をはじめとする百舌鳥古墳群と、古市古墳群、明日香などを結ぶ古代をテーマとした広域連携を進める。

2) 人物によるテーマ設定

 堺がもっとも繁栄し、また一般的にも人気のある戦国時代をテーマとして織田信長や徳川家康などを中心とする物語を広域連携により情報発信する。

〈2〉関西国際空港・関西各都市をつなぐ広域拠点としての堺

 堺市は、我が国のハブ空港である関西国際空港に最も近い政令指定都市であり、同空港を利用するほとんどの旅客は堺を通過して目的地に向かっていることから、大阪、神戸、京都等への観光やビジネスに至便であることを生かした、関西国際空港・関西各都市をつなぐ広域拠点としてのイメージの定着を図り、市内への誘致を進める。

1) アクセス・立地特性等のPR強化

 現在、関西空港連絡協議会に参加し、他の都市とともに同空港観光案内所において観光情報の発信を行っているが、立地特性をアピールするパンフレットの作成・配架を行うとともに、他のシーンも含めて様々な機会にこれらの情報をより広く発信し、堺への来訪を促進する。

2) 関西周遊拠点としてのPR強化

 市内ホテルなど観光関連事業者と連携し、他都市へのアクセス情報や観光情報等の提供を進めることで、堺宿泊の利便性・経済性をアピールし、関西周遊観光客の堺での宿泊を促進する。

このページの作成担当

文化観光局 観光部 観光企画課
電話:072-228-7493 ファックス:072-228-7342
〒590-0078 堺市堺区南瓦町3番1号 堺市役所本館2階

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで



以下フッターです。
Copyright © Sakai City. All Rights Reserved.
フッターここまでこのページの上へ戻る