このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
堺市
  • 音声読み上げ・文字拡大・ふりがな
  • サイトマップ
  • くらしの情報
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉
  • 観光・歴史・文化
  • 産業・ビジネス
  • 市政情報


本文ここから

【3】4.戦略的な施策展開 その1

更新日:2012年12月19日

 種々ある観光施策を効果的に推進していくためには、既述の現状分析やコンセプト等を踏まえ、堺市の現状、当該施策の意義や重要性、目的、効果等を明確にイメージしながら、戦略的に実施することが重要である。
 堺市の現状として、歴史文化的なポテンシャルはあるものの、必ずしも来訪者が観光を楽しめるような環境が整備されていないことが指摘されており、このような状況を踏まえて、今後の基本戦略を整理する。

基本戦略

 堺市は歴史上、幾度も戦乱や戦災などで街に大きな打撃を受け、その都度再興を果たしてきた。しかし、太平洋戦争での空襲で文化財やまちなみの多くが失われたり、戦後の臨海部への工業地帯造成や大規模住宅開発等の新しい街づくりが進められてきたため、今ではかつての堺の歴史や文化を日常的に感じることが難しくなりつつある。
 堺市は他都市にはない固有の歴史を有する都市であり、来訪者も「歴史・伝統が豊かな都市」というイメージを抱いて、歴史や伝統に関連する施設を多く訪れているものの、現実には満足を感じていないという状況である。これは、来訪者にとって堺の歴史や伝統が見えにくい、分かりにくいこと、観光関連産業が十分に発達しておらず、観光客が歴史や伝統を楽しめる環境が整えられていないこと等が、大きな原因となっているものと考えられる。
 よって、堺の歴史文化を観光客が体感できるよう、その「魅力」を具体的な形にしていくことが最重要課題と考えられるため、まず、中世に繁栄を極めた堺の旧市街地、仁徳陵古墳に隣接する大仙公園及びその周辺の重点的な整備を進め、堺の歴史文化を象徴する二大戦略拠点の確立を図る。
 また、これとあわせて、観光客がその魅力を快適に楽しめるよう、観光客の受入れ体制の整備及びその質の向上、さらには、効果的なPRなどをあわせて推進する。
 さらには、「自由都市・堺 ルネサンス計画」に基づき、オンリーワンの街づくりを推進し、新しい都市ブランドの構築に取り組んでいく。

(1) 堺の歴史文化を象徴する二大戦略拠点の整備~古代、中世なんばん文化をはじめとする堺固有の歴史文化の具現化~

〈1〉百舌鳥古墳群の世界文化遺産登録と連動した大仙公園及び周辺整備

 現在、世界文化遺産登録を目指して取組みが進められている仁徳陵古墳をはじめとする百舌鳥古墳群は、現状においても、堺市においては最も高い認知度を有する資源であり、また、隣接する大仙公園及びその周辺エリアには、博物館、茶室など、堺の歴史文化を象徴する様々な施設が集積しており、本エリアは、堺観光のシンボルエリアになりうるポテンシャルを有している。
 このため、仁徳陵古墳をはじめとする百舌鳥古墳群の世界文化遺産登録を実現すること等により、本エリアを「堺観光シンボルエリア」として内外に強くアピールするとともに、各施設の魅力向上、市内各施設とのアクセス改善等をあわせて推進することにより、旧市街地の「文化観光拠点」と並ぶ、堺観光の戦略拠点としての整備を推進する。

〈2〉堺観光の玄関口となる“文化観光拠点”の整備と旧市街地・環濠エリアの魅力の再現

 堺出身者の中で最も知名度の高い千利休や与謝野晶子にまつわる屋敷跡、生家跡などの重要な観光資源がある宿院は、由緒ある寺社や古いまちなみなどの歴史文化資産が集中する旧市街の中央に位置するだけでなく、アクセスの面でも、幹線道路に面しており、関西空港や大阪と接続する高速道路のインターチェンジや、宿泊施設が集中する南海電鉄堺駅、阪堺線宿院電停に近いことなどから、堺観光の表玄関として非常に重要な位置にある。
 現在、この宿院の旧市立堺病院跡地で進められている「文化観光拠点」の整備は、堺の強みである歴史文化を活用し、弱みとなっている駐車場不足等の課題を解決するうえで、非常に重要な役割を担う、観光周遊の起点となる戦略拠点である。このため、早急に旧市立堺病院跡地に、堺観光の玄関口となる拠点施設の整備を進める。また、由緒ある寺社や古い町並みなどの魅力を増すべく周辺整備をあわせて推進し、堺固有の歴史文化を体感できるようなまちづくりを推進する。

(2) ハード・ソフトにわたる観光インフラの整備

〈1〉基礎的インフラの早急な整備

 既述の集客資源調査においては、駐車場、案内表示、観光案内所といった要素が、特に評価が厳しくなっている。これは、はじめて堺を来訪する観光客にとっては、必要不可欠な基礎的な要素であり、これらの整備・改善が進められない限り、多くの来訪者を集め、来訪者の高い評価を得ることは困難である。
 このような観点から、上記拠点施設と整合を図りつつ、これらの基礎的な観光インフラの整備にまず注力する必要がある。

〈2〉観光客へのサービス水準の向上のためのソフトインフラの充実

 堺には、刃物、茶の湯や線香作りなど、その歴史や伝統に関連する様々な体験メニューが用意されているものの、現状、必ずしも多くの来訪者を集めているとは言えない。調査で評価が高い食文化についても、同様である。
 他方、旅行に関する嗜好は多様化しており、多くの来訪者が同一の景色や建築物を見て同一の食事や名物を楽しむ、画一大量生産型・名所見学型の観光だけでなく、異文化体験・交流という個別性の高い企画が、新しい観光のスタイルとして注目されつつある。そのような観点からも、堺は高いポテンシャルを有しているものと考えられることから、堺の歴史文化を快適に体感・体験できるような仕組みづくり=観光商品の開発に官民共同で取組む。また、商品化の促進とともに、来訪者の“おもてなし”の充実を図る観点から、各現場での課題を逐一チェックし、順次改善を進めることで着実にサービス水準の向上を図り、観光を支えるソフトインフラとして、あわせて整備を推進する。

(3) 集客を実現するための観光PRの展開と新しい“堺ブランド”の形成

〈1〉短期的に集客を実現するためのPR戦略の展開

 従前のPR活動は、市内向け広報の色彩が強く、マスメディアや旅行会社等との民間企業との連携も不十分ではなかったとの指摘もあるなど、対外的に十分な認知を得ているとは言いがたい。また、現実の集客への寄与の度合いも、必ずしも十分ではないとの意見もある。
 このような指摘等を踏まえ、パンフレット等の各種PRツールや、キャンペーンの実施の方法等に関し、来訪者の関心を惹きつけるようなものとなっているのか、市外に的確に伝達されるものとなっているのか、費用対効果等の面で効率的なものといえるか、などといった点からその改善及び充実を図るとともに、堺への集客や堺の物産の販売等への貢献度を高める観点から、民間企業等との連携を深め堺市を目的地とした旅行商品、土産等の開発やその販売促進を図るなど、現実的かつ直接的な堺の“売り込み”にも取り組むこととする。
 ただし、「来て欲しい」旨を繰り返すだけでは現実の集客は困難であることを十分に認識することが必要であり、その展開にあたっては、来訪者側のニーズを想定し、適切なテーマ設定、手法を採用することが重要である。例えば、現状においても、規模は大きなものではないながら中部・中四国といった関西周辺エリアやアジアなどから堺に宿泊している団体が見られるが、これらの属性や関心に応じた商品企画や、それを足場にした営業展開を図るなど、民間企業同士の、または官民の連携を深め、他都市に“勝てる”プロモーションを行う。

〈2〉新たな“堺ブランド”構築に向けたオンリーワンの街づくり

 堺市の知名度自体を飛躍的に向上するためには、短期的に集客を実現するためのPRを観光担当部局が中心となって実施することで着実な成果をあげていくことに加えて、関係部局、関係団体が一体となって都市としての総合力を高め、新たな“堺ブランド”を構築していくことが有効である。
 都市のブランディングの定義は様々であろうが、基本的には、堺の都市イメージとして、強い価値観を連想させるような、何らかの特長を広く一般に認知させることが必要であり、そのためには、従前の価値基準を修正させることができるようなインパクトのある施策が必要となる。
 このような観点からも、仁徳陵古墳をはじめとする百舌鳥古墳群の世界文化遺産登録の実現を図るほか、「自由都市・堺 ルネサンス計画」に基づき、都市ブランド戦略として海外で堺発の情報発信を行うこと等により、海外での高評価を逆輸入するような取組みを行うことが重要である。また、サッカー・ナショナルトレーニングセンターやLRTのような他都市にはないシンボル的な都市基盤施設の整備、歴史文化を活かした国際交流等の推進をはじめ、教育、環境、産業などといった、都市格の基底となる各分野において、創造性や先進性に富んだ施策を展開し、オンリーワンの観光まちづくりを実現することが必要である。

このページの作成担当

文化観光局 観光部 観光企画課
電話:072-228-7493 ファックス:072-228-7342
〒590-0078 堺市堺区南瓦町3番1号 堺市役所本館2階

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで



以下フッターです。
Copyright © Sakai City. All Rights Reserved.
フッターここまでこのページの上へ戻る