このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
堺市
  • 音声読み上げ・文字拡大・ふりがな
  • サイトマップ
  • くらしの情報
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉
  • 観光・歴史・文化
  • 産業・ビジネス
  • 市政情報


本文ここから

【3】1.堺観光の魅力(強み)と課題(弱み)についての検討 その1

更新日:2012年12月19日

 今回行った調査、及びその基礎的な分析結果から、堺観光の潜在力と、堺観光の現状に関し、それぞれ魅力(強み)と課題(弱み)、さらには今後の検討の方向性について、以下にまとめた。

堺の潜在力

(1) 古代遺産 「仁徳陵古墳」「百舌鳥古墳群」

魅力

 全国的に知名度の高い「仁徳陵古墳」は、観光客誘致の動機づけ、及び来訪者の興味をひく、他都市にはないシンボリックな資源となるポテンシャル、価値を備えている。

課題

  • 知名度が高いにもかかわらず、堺市に立地することや、歴史的意義などに対する一般の認知や知識が十分ではない。また、開放されていない、写真で見た前方後円墳の形を実際に視認できない、それを補完する情報や周辺エリアの整備が不十分であるといった側面が、来訪者から高い満足度を獲得できていない要因となっている。

課題

  • 仁徳陵古墳や百舌鳥古墳群の全容を展望できるビューポイントである市役所21階展望ロビーを積極的に活用し、古墳観光の価値や満足度の向上につなげる。
  • 「見えない」ことを逆に利用して、神秘性を活かしたイメージづくりを行い、日本書紀の物語や考古学的知見、地域に伝わる伝承などを通じた新しい古代史観光を模索する。
  • 全国的に注目を集めている世界文化遺産登録に向けた活動や、政令指定都市への移行を機会に、堺市に立地すること、歴史的意義などをPRする。

(2) 中世の繁栄 「自治都市・堺」

魅力

 旧市街地は、中世の重要な舞台として栄え、千利休をはじめとする有名人を輩出するとともに、茶道、和菓子に代表される文化、伝統の源泉である。また、織田信長、徳川家康など全国的に愛好者を持つ歴史的人物が足跡や伝説を残している。
 旧市街地区はなんばん貿易の舞台でもあり、環濠の名残を示す内川・土居川、古い形を残す堺旧港など、往時をしのばせる遺構が存在する。中でも、南宗寺・大安寺周辺エリアなどには、戦災を免れ中世の面影を残す名刹や我が国でも稀少な町家が残っている。
 市内・外ともに 「歴史・伝統のある都市」というイメージがもたれている。

課題

  • 都市イメージとしての認知や往時の痕跡はあるが、来訪者にそれをアピールできるサービスや体制等の整備が不十分である。
  • 旧市街地区に、魅力のある資源が集中するものの、時代や分野の異なる、多様多彩な観光資源が混在しており、また、集客の核となる拠点が明確でないため、来訪者に魅力が伝わりにくく、周遊も容易でない。

検討

  • 観光集客の核となる施設を創出する必要がある。
  • 来訪者がテーマ性をもって、楽しみながら観光資源を周遊できるようにするためのガイダンス施設やパンフレットが必要である。
  • 南宗寺・大安寺周辺エリアの魅力である「和菓子」と「中世の物語」を活かしつつ、来訪者の視点で情報を整理し発信方法を工夫する。
  • 歴史や伝統を来訪者が感じとることのできる体験プログラムを開発し、商品化する。
  • 戦国武将、千利休など、著名人が堺を舞台に繰り広げた中世の物語をアピールする。
  • 古い町並みを保存し、関係者の協力を得て主要な町家や寺院の公開や施設整備等を進める。

(3) 近世の伝統産業文化 「製作体験メニュー」

魅力

 刃物、線香等の製造事業者では、工房の見学、製作実演、製作体験などのメニューを用意して 積極的に観光客を受け入れているところが多い。市場でも体験型ミュージアム等が人気を集めており、旅行業者に対するヒアリングから、堺打刃物の製作体験なども有力な観光メニューのひとつになりうるとの意見があった。

課題

  • 伝統産業体験施設が集まる北旅籠町周辺エリアは、市の中心部から2km程度離れており、他の市内観光資源との周遊利便性は高くない。
  • 堺刃物伝統産業会館は、打刃物の技術などの知識を学ぶことができる施設であり、製作体験メニュー(「まちかどミュージアム」)との連動を考慮する必要ある。
  • 製作体験メニューの市外への情報発信が不足しており、市外での認知度は低い。
  • まちかどミュージアム参加企業は小規模な事業所が多く、日曜日は休業であったり、大規模な団体には対応できない。
  • 現在、体験希望者が、直接、個々の事業所に予約を入れ、交渉しており、使いにくいものとなっている。

検討

  • 製作体験メニューを練り上げ、内容、消費時間、費用、PR方法などを工夫することで、旅行業者の企画商品への活用など、本エリアへ集客する際の主力資源とする。

(4) 現代に生きる「食文化」

魅力

 中世の自由都市堺では、海外から香料や鉄砲など最先端の技術や文化がもたらされ、いわゆるなんばん文化が花開いた。千利休により大成された「茶の湯」の影響を現代に伝える和菓子の評価は他都市と比較しても高く、お土産として購入されるものも菓子類が多い。今でもケシやニッキなどが菓子の材料に用いられたり、香料を原材料とする線香産業が盛んであったり、当時の影響を伝えるものがある。
 このほか、昆布、和食など、食品小売店・飲食店の評価も高い。

課題

  • 市場調査では堺市のイメージとして「食べ物がおいしい」を挙げたのは3割程度にとどまる。情報露出が少ないため、市外での認知度が高くないものと考えられる。また、観光資源との一体的な情報提供などによる連携も不十分である。
  • 市民による購買が多く、市外からの広域的な集客につながっていない。
  • 過去に業界の協力により「燈台もなか」が開発され、現在も販売されているが、堺のみやげものとして一般に認知されるに至っていない。
  • 堺の和菓子には生菓子が多く、一般的な観光土産品とくらべ、かさばる、高価、保存期間が短いなどの点が購買の障害となっているものと考えられる。

検討

  • ガイドツール、メディア、百貨店への出展など情報露出を積極的に行い、市外へ向けた認知度向上を図る。
  • 観光資源での情報提供によって利用者を飲食店等に誘致し、あらゆる来訪者に高評価の「食文化」を体験させる。
  • 和菓子は、歴史的な意味付けなどの物語を付しての販売促進、対外的な知名度向上に取り組むことが必要である。また、供給力の向上や全国レベルでのブランド化を目指すためにも、産業としての育成を並行して検討していく必要がある。

このページの作成担当

文化観光局 観光部 観光企画課
電話:072-228-7493 ファックス:072-228-7342
〒590-0078 堺市堺区南瓦町3番1号 堺市役所本館2階

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで



以下フッターです。
Copyright © Sakai City. All Rights Reserved.
フッターここまでこのページの上へ戻る