このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
堺市
  • 音声読み上げ・文字拡大・ふりがな
  • サイトマップ
  • くらしの情報
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉
  • 観光・歴史・文化
  • 産業・ビジネス
  • 市政情報


本文ここから

【1】はじめに

更新日:2012年12月19日

1.目的

 堺は、古い歴史と伝統を持ちながら、現在のところ、観光誘客の点では大きな成果をあげるに至っていない。また、関連業界、市民とも、その振興に対する意識が必ずしも高いとは言えない状況にあった。市では、これまでも観光ルートの作成やキャンペーン、イベントを通じて観光客の誘致に努めてきたものの、従来型の石碑や遺址巡りを中心とした「堺観光」では訴求力は乏しく、今までとは異なる視点から施策を構築することが必要とされている。
 また近年、経済的波及効果が大きく、地域活性化に資する観光振興の重要性が広く認識され、全国各地において「地域主役の観光立国」へ向けて様々な取組みが推進されており、堺市においても、18年4月の政令指定都市移行にあわせ、観光振興を通じて、堺市の知名度の向上、都市イメージの改善、地域活性化等が重要な政策課題となっている。
 平成18年4月に策定された「自由都市・堺 ルネサンス計画」では、平成21年までに堺市へのビジター数を3,800万人とすることが、目標として掲げられている(平成14年ビジター数は3,412万人。)。
 本「堺市文化観光再生戦略プラン」は、堺が有する歴史伝統・文化などの資源を有効活用した観光振興施策のあり方を明らかにするとともに、先に掲げた目標を着実に達成することを目指して策定するものである。

2.プランの全体構成

 観光振興を図るためには、まず、利用者の評価から、現状の地域資源の強みと弱みを正確に把握し、個々の資源の改善やその連携の強化を図り、観光地としての質を向上させていくことが求められる。
 このような観点から、中立性の高い機関による科学的な調査手法を用いた集客資源調査を行った。次に、観光資源を活用した各種商品・サービスのビジネス化可能性を把握するために、一般消費者の認知度や、供給側の観光ルート開拓・開発・ビジネス化の可能性等についての調査を実施した。さらに、重点観光エリアについては、それぞれの現状及び課題を確認し、活性化の方向性等について調査・分析を行った。
 最後に、上記の各調査・基礎分析等を踏まえて総合的に堺観光の強みと弱みを分析し、検討委員会により専門的・実務的な解釈を加えたうえで、具体的施策の提示を含む観光戦略を提示する。

プランの全体構成図

このページの作成担当

文化観光局 観光部 観光企画課
電話:072-228-7493 ファックス:072-228-7342
〒590-0078 堺市堺区南瓦町3番1号 堺市役所本館2階

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで



以下フッターです。
Copyright © Sakai City. All Rights Reserved.
フッターここまでこのページの上へ戻る