このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
堺市
  • 音声読み上げ・文字拡大・ふりがな
  • サイトマップ
  • くらしの情報
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉
  • 観光・歴史・文化
  • 産業・ビジネス
  • 市政情報


本文ここから

【2】1.集客資源調査結果の概要 その3

更新日:2012年12月19日

(9)市役所21階展望ロビーの評価状況

  • 当該施設の中核的商品・サービスである「眺望」の評価は極めて高く、90点を超えており回答者の約85%が「大満足」という状況である。
  • 立地・環境も高評価を得ており、アクセス容易性、周囲の雰囲気、庁舎の外観が高評価である。
  • 右表に示すとおり、「最寄駅、インター等からの案内表示」「売店」「庁舎内の案内表示」などで非常に低い評価となっており、総平均評価点でみると、満足度は今一歩という状況・である。

市役所21階展望ロビーの評価状況表

(10) 「ホテル」の評価状況

  • 一部ホテルでは有効回答が不足し、評価が不可能であった。
  • 本調査の実施機関が過去に行った全国の宿泊特化型ホテルCS調査結果と比較して、堺市内ホテルの“接客”サービスの評価は“総じて”高水準である。
  • 室内設備、寝具、風呂、といった中核的「商品」は、全国では平均的な水準にとどまる。
  • 宿泊施設としては固定化率が高く、ビジネス出張者等の定宿としての利用が多くなっているものと推定される。

「ホテル」の評価状況表

(11) 「イベント」の評価状況  -堺まつり、堺市農業祭

  • 固定化率は比較的高く、常連化している。来場者の評価は高いとは言えない。
  • 近隣市からも来場者があるが、大半は市民である。
  • 来訪者の年齢層が高くなっている。

(12)ベイエリア、旧堺港周辺地区の状況

  • ベイエリア、旧堺港周辺地区では、とれとれ市について評価を行なった。
  • とれとれ市は全体としてはやや高い評価となっており、「商品の新鮮さ」や「タコメシ、たこ焼き、かに汁」が約80点と、高評価であった。
  • また、上記2項目以外の全項目が70点台で、大きな不満点は見当たらなかった。
  • 但し、「商品表示のわかりやすさ」「その他付帯施設の有無、充実度」などで評価が人によって両極端にバラつく傾向が見られる。

(13)泉北、南部丘陵地区の状況

  • 泉北、南部丘陵地区では、ショッピングモール、農産物直売所、映画館、ゴルフ場、遊園地、観光農園、大型児童館、入浴施設、神社の計11施設について評価を行なった。
  • 対象施設では、突出して高評価を得ているものはない。
  • 市外からの利用者が、4分の3を占める施設から7%程度の施設まで幅広く存在していた。
  • 固定客が50%以上の施設が8施設と、常連客に支えられた施設が多く、また、これらの施設は概して高齢層の利用が多くなっていた。
  • 一方、それ以外の3施設は固定客比率が2から3割程度で高齢層は1割未満と、利用者層は全く異なっていた。

泉北、南部丘陵地区資源の利用者評価結果

泉北、南部丘陵地区資源の利用者評価結果表

(14)エリア間移動結果

  • 人の移動全体で見ると、各エリア内部での移動が支配的である。
  • 各エリアへの流入という視点でみると、「堺支所」エリアからの流れが最も多くなっている。
  • 市外から堺市への流入では、大阪市、泉州が中心となっている。

エリア間移動結果表

(15)業種間移動結果

  • 他都市では、周遊の起点となる集客の核となる施設・業種があることが多いが、堺市においてはこのような施設・業種が明確でなく、人の流れの結節点としての“集客ハブ”が欠如している。

ex.地方中核都市(人口45万人)では百貨店から7.8%流入,飲食店から3.8%流入
 首都圏ベッドタウン(人口6万人)では医療機関から5.0%流入,スーパーから5.8%流入
 リゾート観光地(人口3万人)では宿泊施設から19.8%流入, 美術館から5.3%流入

業種間移動結果表

このページの作成担当

文化観光局 観光部 観光企画課
電話:072-228-7493 ファックス:072-228-7342
〒590-0078 堺市堺区南瓦町3番1号 堺市役所本館2階

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで



以下フッターです。
Copyright © Sakai City. All Rights Reserved.
フッターここまでこのページの上へ戻る