このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
堺市
  • 音声読み上げ・文字拡大・ふりがな
  • サイトマップ
  • くらしの情報
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉
  • 観光・歴史・文化
  • 産業・ビジネス
  • 市政情報


本文ここから

消防局

更新日:2014年12月28日

局長の写真
消防局長 北野 武司

市民にこのようなサービスを提供するための組織です

消防局の使命は、市民の皆さまの生命、身体及び財産をあらゆる災害から守り、また、災害を未然に防ぎ、被害を軽減することです。

このような考え方で組織を運営します

局の使命の達成に向け、「選択」と「集中」を適切に行い、より一層の消防体制の充実強化を推進し、市民の皆さまと共に地域防災力の向上を図ってまいります。

今年度は特に以下のことについて重点的に取り組みます

発生が危惧される南海トラフ巨大地震等の大規模災害や特殊災害に対する防災対策、火災による死者の低減を図るための住宅防火対策、放火防止対策を推進する必要があります。また、高齢化の進展などにより救急件数が増加する中、家庭内事故等の発生を未然に防ぐ「予防救急」を推進するとともに、更なる救急業務の高度化を図り、救命率を向上させることが求められています。
こうしたことから今年度は、以下の点について重点的に取り組みます。
○ 大規模災害時等に対する防災・減災体制の充実強化
・大規模災害発生時における災害対応力の向上を図るため、消防局OB職員で組織する「堺市消防局災害活動支援隊」を発足させます。
・平常時の地域防災力向上及び災害時の活動拠点となる「(仮称)堺市総合防災センター」の整備を推進します。(PDF:111KB)
・堺消防署管内の三宝出張所を高須出張所と統廃合して8月に新庁舎の運用を開始し、新たに救急車を配置するなど市北西部の消防体制の強化を図ります。
・大規模災害に対する防災対策として、消防協力事業所の登録を推進し、登録事業所の知識および技術を強化するため研修、訓練を実施します。
・コンビナート地域の事業所と連携し、自衛防災力の充実強化を図るとともに、屋外タンクへの緊急遮断弁設置をはじめとする地震・津波対策を推進し、危険物施設の安全確保に努めます。

○ 救急救命体制の充実強化
・(仮称)堺市立総合医療センターに堺市消防局救急ワークステーションを併設し、救急隊員に対する教育環境を整備するとともに、必要に応じ救命救急センターの医師が救急車に同乗して救急現場から救命活動を実施します。
・救急要請につながる家庭内事故等の発生を未然に防ぐため、事故発生の傾向や負傷内容等を分析し、市民へ啓発を行う「予防救急」を推進します。

○ 火災予防施策の推進
・防火対象物の違反是正を推進するとともに、重大な消防法令違反のある防火対象物の情報を利用者の判断に活用できるよう消防局ホームページで公表し、市民を含めた利用者の安全確保に努めます。
・管内の火災による死者のうち、半数以上が高齢者であることから、「高齢者等防火訪問事業」などを効果的に実施するとともに、住宅防火対策を推進し、火災による死者の低減を図ります。
・火災原因の第1位である「放火」による被害を軽減するため、地域自治会や区役所、警察と緊密に連携し、「放火させない・放火されない環境づくり」を推進します。

○ 人材育成の充実
・各部門の業務が高度化し、より専門的な知識・技術の習得が求めてられているため、役職や経験年数に応じ、各種教育機関等への派遣や研修を行い、計画的に職員の資質向上を図ります。
・災害の複雑多様化や職員の大量退職期等を踏まえ、災害現場での消防活動を総合的に充実させるため、ベテラン消防職員の知識・技術の伝承を目的とした研修及び訓練を推進します。
・災害事例を踏まえ、消防用設備や危険物施設等の規制強化が図られる中、火災予防の指導を行う豊富な知識を持った職員を育成します。

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DCAdobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

このページの作成担当

消防局 総務課
電話:072-238-6002 ファックス:072-223-1979
郵便番号590-0976 堺市堺区大浜南町3-2-5

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで



以下フッターです。
Copyright © Sakai City. All Rights Reserved.
フッターここまでこのページの上へ戻る