このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
堺市
  • 音声読み上げ・文字拡大・ふりがな
  • サイトマップ
  • くらしの情報
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉
  • 観光・歴史・文化
  • 産業・ビジネス
  • 市政情報


本文ここから

環境局

更新日:2016年4月28日

局長の写真
環境局長 津田 隆年

市民にこのようなサービスを提供するための組織です

 環境局の使命は、現在及び将来の市民が安全で健康かつ快適な生活を営むことができる、良好な環境の確保です。そのため、環境の保全と創造に関する基本的・総合的な施策を実施・推進するとともに、市民及び事業者の自発的な活動を支援していきます。

このような考え方で組織を運営します

局の使命の達成に向け、次のとおり組織を運営します。

  • 持続可能な環境共生都市の実現に向けて、低炭素化、資源循環及び生物多様性に資する取組を進めます。
  • 市民にとって安全で快適な生活環境が保てるよう、環境保全対策や省エネルギー対策、ごみの適正な処理、まちの美化に係る施策を着実に実施します。
  • 環境に配慮したライフスタイルが市民の文化として定着するよう、小・中学生など次代を担う若い世代を中心に、環境活動の普及や情報発信を行っていきます。
  • 環境と経済の好循環が実現するよう、企業と連携した先進的な環境の取組を進めます。

今年度は特に以下のことについて重点的に取り組みます

 環境への負荷が少ない「循環型社会」の構築をめざして、市民・事業者・行政の三者協働による取組を推進してきた結果、清掃工場搬入量は着実に減少してきましたが、近年、横ばい傾向であることから、更なるごみの減量化・資源化に取り組む必要があります。
 また、市域のエネルギー使用量について、民生家庭及び業務部門では増加傾向、運輸部門では横ばい傾向にあることから、「堺市環境モデル都市行動計画」に基づき、市民、事業者の皆様と協働し温室効果ガスの削減に向けて、一層のエネルギーマネジメントに取り組む必要があります。
 さらに、昨年度行ったレッドリスト改訂及び外来種ブラックリスト作成により、市内の在来種の生息・生育環境が外来種等により脅かされていることが改めて明らかとなったことから、各主体と連携し、本市の生物多様性の現状について広く普及啓発するとともに、生物多様性の保全・再生・創造に向けた活動の促進を図っていく必要があります。
 こうしたことから、今年度は、以下の点について重点的に取り組みます。

ごみの減量化・資源化の推進(PDF:115KB)

ごみの減量化・資源化意識向上のため、積極的な情報発信を行うとともに、効果的かつ効率的な資源化体制の構築をめざします。

地域エネルギー施策の推進(PDF:120KB)

市域における温室効果ガス削減のため、市役所及び公共交通機関を含む、民生家庭部門や業務部門において、更なるエネルギーマネジメントに取り組みます。

生物多様性に配慮したまちづくりの推進(PDF:109KB)

市域における生物多様性の保全・再生・創造のため、多様な主体が参画する連携体制を構築し、情報発信や普及啓発に取り組みます。

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DCAdobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

このページの作成担当

環境局 環境都市推進部 環境政策課
電話:072-228-3982 ファックス:072-228-7063
堺市役所高層館5階(郵便番号590-0078 堺市堺区南瓦町3番1号)

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで



以下フッターです。
Copyright © Sakai City. All Rights Reserved.
フッターここまでこのページの上へ戻る