このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
堺市
  • 音声読み上げ・文字拡大・ふりがな
  • サイトマップ
  • くらしの情報
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉
  • 観光・歴史・文化
  • 産業・ビジネス
  • 市政情報


本文ここから

議会事務局

更新日:2015年5月28日

局長の写真
議会事務局長 北田 靖浩

市民にこのようなサービスを提供するための組織です

 市議会は二元代表制の一翼を担い、団体意思の決定や執行機関を監視・評価する権能を有しています。議会事務局は、市議会がその本来有する権能を十分に発揮できるよう、その構成員たる個々の議員に市政に関する様々な情報の提供並びに政策立案に向けたサポートを行い、議会での活発な議論、政策提言を通して市民福祉の向上、市政の発展につなげる役割を担っている組織です。

このような考え方で組織を運営します

 局の使命の達成に向け、平成25年4月に施行された堺市議会基本条例の理念に基づき、市民に身近で開かれた議会を創造し、もって市民福祉の向上及び市政の持続的発展に寄与することに努めます。
 特に、議会の本来的役割である次の点について十分な責務が果たせるよう、議会活動をサポートすることに努めます。

(1)議事機関として議案の審議・審査を行い、本市の意思決定を行うこと。
(2)市長等の事務執行について監視し、政策の効果を適切に評価すること。
(3)市政の課題等について調査を行い、政策立案及び提言を行うこと。
(4)決議、意見書等により、国または関係行政庁に対し意見表明を行うこと。

今年度は特に以下のことについて重点的に取り組みます

 政務活動費の不適正使用が報道されるなど議会に対する市民の関心も高くなっているなか、議員に対し政務活動費の改善に資する情報提供を行う必要があります。
 また、地方分権の進展による権限移譲と政令指定都市移行に伴う権限・財源の拡大により、執行機関をチェックする立場にある議会(議員)の役割も重要性が増し、議会改革の推進や市民に身近で開かれた議会を実現することが求められています。一方で、議員の一斉改選に伴う新任議員に対する研修や、議会としての市政発展に寄与する活動も求められています。
 さらに議会事務局においても、議会が担う役割を十分に発揮できるような組織づくり、人材育成に努める必要があります。
 こうしたことから、今年度は以下の点について重点的に取り組みます。

(1)政務活動費の改善に向けた取り組み(平成27年5月から順次実施)
・政務活動費の運用指針の見直し方針に基づき、雇用契約書・賃貸借契約書の写しや会計帳簿の提出を義務化するなど、改善を進めます。
・また、新たに外部有識者によるチェックの仕組みを構築するとともに、議員に向けた政務活動費研修会を開催します。

(2)議会改革の取り組み(平成27年度中)
・本会議や委員会のインターネット放映、議案に対する賛否の公表、陳情者の意見陳述のほか、新たに実施した議案書のホームページ上での公開を継続します。
・市民に向けて議会報告会を開催するとともに、小学生向けの議会見学会を検討するなど、市民に開かれた議会の取り組みを進めます。

(3)一斉改選による新任議員に対する研修等(平成27年度上半期)
・議員の一斉改選により、新任議員に対する研修を十分行うとともに、適宜適切な助言等を行うことで、議事運営に必要な知識を習得できるようサポートします。

(4)政策プロモーションの取り組み(平成27年度中)
・本市の特色ある政策や議会改革の取り組みを積極的にPRするため、他都市議員の本市への視察を積極的に受け入れるとともに、その機会を活用して本市の誇りである百舌鳥古墳群、千利休・与謝野晶子、伝統産業などもアピールし、シティプロモーションに寄与します。

(5)議会事務局の機能強化(平成27年度中随時)
・議会事務にかかる基本的研修や政策課題研修の実施、常に根拠を確認する習慣の醸成、改革意識とそれらを実行する意識の醸成により、事務局の機能強化を図ります。

このページの作成担当

議会事務局 総務課
電話:072-228-7811 ファックス:072-228-7881
堺市役所本館10階(郵便番号590-0078 堺市堺区南瓦町3番1号)

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで



以下フッターです。
Copyright © Sakai City. All Rights Reserved.
フッターここまでこのページの上へ戻る