このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
堺市
  • 音声読み上げ・文字拡大・ふりがな
  • サイトマップ
  • くらしの情報
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉
  • 観光・歴史・文化
  • 産業・ビジネス
  • 市政情報


本文ここから

12月第3週(12月12日~12月18日)

更新日:2016年12月20日

今月の他の「市長の動静・トピックス」はこちらへ

他の月の「市長の動静・トピックス」はこちらへ

12月17日土曜日

J:COM 週刊シティプロモーション ご当地サタデー♪(東京スカイツリータウン内 J:COM Wonder Studio)

竹山市長は、首都圏のほか全国に向けて「世界文化遺産登録をめざす百舌鳥・古市古墳群」を中心に、刃物、自転車、茶の湯、堺名物あなごなど堺市の魅力を発信するため、ゲストに堺市出身の女優 黒谷 友香様をお迎えし、登録PRキャラクターのハニワ課長らと一緒に、J:COMの生放送番組(MC 八木 亜希子アナウンサー)に出演しました。

大阪府立堺工科高等学校 創立80周年記念祝賀会(ホテル・アゴーラ リージェンシー堺)

竹山市長は、「大阪府立堺工科高等学校、創立80周年誠におめでとうございます。貴校は昭和11年、大阪府立第5職工学校として創立され、その後、工業高校として80年の歴史を重ねて来られました。歴代校長をはじめ、教職員や保護者、地域の皆様、雪陵会の皆様のご尽力のお陰だと思います。皆様に深く敬意を表します。
これまで製造業をはじめ産業界に優れた人材を送りだすなか、数多くの卒業生が、それぞれの世界で活躍されております。
本日も、堺の伝統産業である『線香』を用いて、古墳をイメージした世界最大のモザイク画の制作に挑戦され、見事、ギネス世界記録を達成されました。おめでとうございます。そして以前にも、古墳をテーマに、ペットボトルのキャップを使ったキャップアートを作成していただきました。実際に私も拝見しましたが、とても感動しました。さらには、古墳の水質浄化活動など、皆様には大変お世話になっております。堺のまちの歴史・文化、ものづくりなどに、皆様がご尽力いただいていることを嬉しく思います。
これからも、皆様と一緒に堺のものづくりを発展させていきたいと思いますので、お力添えをよろしくお願いいたします。」と挨拶し、感謝状を贈呈しました。

12月16日金曜日

第10回堺発!安全安心うまいもの市(市民交流広場)

「第10回堺発!安全安心うまいもの市」を観覧しました。

12月15日木曜日

歳末美化キャンペーン(堺東駅前広場)

竹山市長は、「本日は寒い中、早朝にも関わらず、たくさんの皆様がご参加いただき、ありがとうございます。堺のまちを美しくしようということで、『歳末美化キャンペーン』へのご協力をお願いしたいと思います。
ポイ捨て、路上喫煙、放置自転車などの問題に対して、一つ一つ皆様と協力して、堺のまちを美しくしたいと思います。堺の各所が美しくなるように、今後もご支援、ご協力をお願いいたします。」と挨拶し、啓発活動を行いました。

要望 塩崎 厚生労働大臣(厚生労働省)

竹山市長は、大阪広域水道企業団企業長として、府域一水道の実現に向けた統合を促進するため「広域化に係る交付金制度の拡充」についての要望書を、府内10市町村の皆様、そして自由民主党大阪府支部連合会 中山 泰秀 会長ご同席のもと、塩崎 恭久厚生労働大臣に提出しました。

12月14日水曜日

来客 三国丘高等学校(市長応接室)

来年2月12日に大阪大学で開催される「グローバルリーダーズハイスクール(GLHS)合同発表会」に参加する、三国丘高等学校を代表して山田 勘太郎さんと廣瀬 彩音さんが、市長を表敬訪問されました。この後、発表テーマ「市民の防災意識をどのように向上させるか」に関することを取材するため、堺市危機管理室を来訪しました。

やっさいほっさい(石津太神社)

竹山市長は、「皆様には、秋祭りでも、勇壮・華麗なふとん太鼓を見せていただき、ありがとうございました。
やっさいほっさいは、堺市の無形民俗文化財の第1号に指定されたお祭りであり、歴史的に価値が認められた伝統行事です。今後も、この貴重な伝統文化が地域の皆様に支えられながら、子から孫へと代々と受け継がれ、堺の誇る伝統行事として、発展することを祈念します。」と、挨拶しました。

このページの作成担当

市長公室 秘書部 秘書課
電話:072-228-7401 ファックス:072-222-8441
〒590-0078 堺市堺区南瓦町3番1号 堺市役所本館4階

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで



以下フッターです。
Copyright © Sakai City. All Rights Reserved.
フッターここまでこのページの上へ戻る