このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
堺市
  • 音声読み上げ・文字拡大・ふりがな
  • サイトマップ
  • くらしの情報
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉
  • 観光・歴史・文化
  • 産業・ビジネス
  • 市政情報


本文ここから

12月第1週(12月1日~12月4日)

更新日:2016年12月6日

他の月の「市長の動静・トピックス」はこちらへ

12月4日日曜日

美原北校区ふるさとまつり・ウォーキングの集い(美原ふる里公園)

竹山市長は、「堺市では、各校区で独自に特色ある取組をしていただくため、『地域まちづくり支援事業』という制度をつくり、地域を支援しています。
今日は、皆様の誇りである地域の歴史を、地域の皆様に理解していただこうということで、健康を兼ねてのウォーキングイベントということで行われます。5キロと3キロのウォーキングで黒姫山古墳や河内鋳物師などを確認してください。私はこのように地域主体の事業が行われることが大事だと思います。また、子どもさんも楽しめるように、地域の皆様が模擬店を出店しています。是非とも、このイベントを中心に、地域の絆を深めていただきたいと思います。
災害が起きた時に一番大事なことは、地域がまとまって避難をしたり、避難所運営をすることです。是非とも、そのような時に活かせるように、日頃から備えていただきたいと思います。本日は皆さん、交通には十分注意して、頑張って歩いてください。」と、挨拶しました。

第4回北区子育てフェスタ(堺市産業振興センター)

竹山市長は、「私は子育てのまち堺と言っていますが、北区が子育て世帯が一番多いまちです。北区から子育てをしっかりできるような施策を、北区独自で考えていただくということで、今、区民評議会の皆様が考えていただいています。
中学3年生までの医療費のワンコイン化、さらには保育所の待機児童解消など、堺市の子育て支援の取組は着実に進んでいます。また、皆様が子育てに対してのご相談や、様々な悩みを打ち明けられるようにすることが大切です。地域の子育て広場を活用することや、情報が入手しやすいSNSを使うことも大事だと思います。
私は、少子化に歯止めをかけたいという気持ちがあります。堺市は0歳から2歳の3人目のお子さんの保育料は無料です。『子育てするなら堺』と言われるように、これからも頑張りますので、よろしくお願いいたします。今日一日楽しんでください。」と、挨拶しました。

平成28年度「心の輪を広げる体験作文」「障害者週間のポスター」入賞者表彰式(堺市健康福祉プラザ)

竹山市長は、「本日は、沢山の応募作品の中から入賞されました皆さん、おめでとうございます。障害者週間に先立ち、障害者への理解、促進を堺市と市民の皆様と一緒に行おうということで開催しました。
そして、共に支え合い、共に築き上げる社会づくりのために、皆様と頑張っていきたいと思っております。
今回、全国の作品の中から、ポスター部門において、秋田 直輝さんの作品が、入賞を果たしました。皆さんは、作品の中で色々と考えていただき、ありがとうございます。
皆様と一緒に、すべての人が助け合い、支え合う社会の実現に向け、取り組みを進めてまいりますので、今後ともご支援、ご協力をお願いいたします。」と、挨拶しました。

第64回堺市菊花大会表彰式(花と緑の交流館)

竹山市長は、「堺市菊花大会も回を重ね、今年は第64回となります。まずはじめに、11月3日に行われた審査の結果、入賞されました皆様方には、誠におめでとうございます。
今大会には、堺市内や近隣市から、菊の愛好家17人、137作品の出品があり、いずれの作品も丹精込めて育てられた立派なものでした。
今年の夏は厳しい暑さが続き、開花が遅れるなか、大会の開催に合わせるにはご苦労も多かったと思います。日々の生育状態に目を配り、高度な栽培技術により、素晴らしい花を咲かせられたご努力に、心から敬意を表します。
皆様には、これを励みに、さらに丹精込めて菊花を栽培していただきたいと思います。」と、挨拶しました。

平成28年度堺市書道連盟忘年懇親会(ホテル・アゴーラ リージェンシー堺)

竹山市長は、「書道は、日本の伝統的芸術文化です。書道連盟におかれましては、堺市民芸術祭への参加や、『堺っ子書道展』の開催、堺・アセアンウィークにおける民間大使を対象とした書道教室など、様々な活動を通じて、堺市の文化振興にしっかりと根付いたご指導をいただいておりますことに対し、お礼申し上げます。
『ものの始まり何でも堺』と言われるように、これからも堺市は芸術や文化を大切にするまちでありたいと思っております。
新しく芸術文化ホールが開館した際には、書道連盟の皆様にもご利用いただきたいと思います。
私たちの心、日本人の心である書道を、堺市民の皆様に、もっと浸透させる必要があると思っております。書道教育は、まさしく心の教育であると私は思います。それには、皆様のお力がなければ出来ません。今後とも、堺市の文化芸術の振興にご支援、ご協力をお願い申し上げます。」と、挨拶しました。

上野芝校区 第5回ウィンターカーニバル(上野芝駅東側広場)

上野芝校区 第5回ウィンターカーニバルを観覧しました。

「障害者週間」フェスティバル SAKAI ユニバーサル駅伝(堺市健康福祉プラザ)

竹山市長は、「本日は、『SAKAIユニバーサル駅伝』ということで、最後のチームも無事にゴールされました。皆さんが感動のゴールをされたことを嬉しく思います。
傷害の有無や世代を越えてチームをつくり、皆様が力を出し合って、この健康福祉プラザの周辺を協力しながらタスキをつなぎ合う、この駅伝に楽しく笑顔で参加されて私も嬉しい限りです。
堺市は人と人が支え合うまちづくりをめざします。そして、障害者の皆様も一緒になって住みやすいまちづくりを築いていきたいと思いますので、よろしくお願いいたします。」と、挨拶しました。

上野芝校区イルミネーション点灯式(上野芝駅東側広場)

竹山市長は、「待ちに待ったイルミネーションの点灯式です。毎年、点灯式に参加させていただいていますが、今年もワクワクしながら来させていただきました。
このイルミネーションは、駅前の風景に彩りを与え、駅を利用する方々をはじめ、多くの皆様を温かい気持ちにしてくれます。このイルミネーションも年々拡大し、今年が完成形だとお伺いしました。それでは皆様、点灯を行います。」と挨拶し、カウントダウン後、イルミネーションの点灯を行いました。

12月3日土曜日

第3回堺の森再生プロジェクト(堺市南区鉢ヶ峯寺)

竹山市長は、「この企画は、『豊かな堺の里山を、みんなの力で取り戻そう』を合言葉に開催されました。
南海電鉄株式会社様、大和ハウス工業堺工場様、高島屋泉北店様、そして地元の鉢ヶ峯寺自治会の皆様のご協力により、今年も絶好の天気の中で開催することができました。
私たちは、この緑を活かすことにより、石津川を守って海を綺麗にするという良い循環をつくっていこうを思っています。
堺はこれからも、緑、自然を再生していきたい。そして、泉北丘陵を緑あふれる場所にしたいと思っていますので、ご協力をよろしくお願いいたします。」と、挨拶しました。

西区こども芸術鑑賞会(ウェスティ)

竹山市長は、「私は市長に就任してから、『子育て』に力を入れてきました。堺で初めての救急救命センターを備えた市立総合医療センターを西区に新設し、隣に『こども急病診療センター』もつくりました。子どもの急な病気に対して、夜でも休日でも小児科の先生がいます。重症の場合でも、隣が病院なので対応が早くできます。
保護者の皆さんにお願いです。子どもには、『早寝・早起き・朝ごはん』といった良い生活習慣を身に付けさせてください。子どもの学力を上げるほか、健やかな成長にとても大切です。
堺市も、皆様とともに、子どもの健やかな成長を支える環境づくりに頑張ってまいりますので、今後ともご協力をお願い申し上げます。」と、挨拶しました。

視察 寺山南山古墳(西区上野芝町)

寺山南山古墳を視察しました。

※寺山南山古墳では、今年8月に発掘調査を実施したところ、同古墳の葺石や埴輪列、濠を確認しました 。さらに、東辺に造り出しを設けていたことが明らかなりました。百舌鳥古墳群で方墳に造り出しを設ける例を、今回初めて確認しました。これらの発掘調査の成果を広く公開するため、12月4日に現地説明会を開催しました。

堺民舞踊協会 懇親忘年会「ひこばえの集い」(アンジェリカ・ノートルダム)

竹山市長は、「皆様のお顔を拝見すると、元気に生き生きとされています。それは、日頃から民舞踊を通じて健康管理やにぎわいづくり、そして熊手づくりなどをされておられるからではないかと思います。
堺の盆踊りや堺まつりなど、様々なところで皆様にはお世話になっています。堺の力は、皆様の民舞踊、文化・芸術を大切にする気風であると思います。
皆様方は、半世紀50年を超える長きにわたり、民踊の普及と振興に取り組んでおられます。堺市としても、堺市民が、みんなで一緒に楽しめるような文化をこれからもつくっていきたいと思います。
現在、新しい『堺市民芸術文化ホール』を建設中です。皆様にはこけら落しをしていただきたい。『民踊の祭典』を新しいホールで披露していただきたいと思っています。今後とも、よろしくお願いいたします。」と、挨拶しました。

堺まつりふとん太鼓連合保存会 平成28年度忘年会(ホテル・アゴーラ リージェンシー堺)

竹山市長は、「今年の堺まつりは、前夜祭、パレードともに本当に盛り上がりました。前夜祭では、皆様が大小路をふとん太鼓の担ぎ合いで、しっかりと盛り上げていただきました。本番のパレードでも、秋晴れの下で皆様が、堺まつりのフィナーレを飾っていただき、嬉しく思います。
勇壮な堺の太鼓が、堺まつりをさらに盛り上げていると思っております。堺まつりは堺の誇り、誉れです。
ふとん太鼓、堺まつりを、これからも一緒になって盛り上げていきたいと思いますので、ご協力の程、よろしくお願い申し上げます。」と、挨拶しました。

12月2日金曜日

取材 堺ジャーナル(市長応接室)

堺ジャーナルの「新春放談」に関する取材を受けました。

来客 アーティスト Aju様(市長応接室)

堺市在住の若手アーティスト Aju様が、堺市と消防をイメージした消防局ポスターの図柄を作成され、市長を表敬訪問されました。ご協力に対し、市長から感謝状を贈呈しました。

※消防局ポスターは、火災予防の啓発ポスターとして、11月から約1年間貼り出されます。また、デザインは現在作成中の2017年版防火カレンダーの表紙にも使用します。

計盛健次 油彩展(薬業年金会館)

「計盛健次 油彩展」を鑑賞しました。

12月1日木曜日

堺市民生委員児童委員委嘱状伝達式(堺市総合福祉会館)

竹山市長は、「ただ今、12月1日付けで、民生委員児童委員並びに主任児童委員にご就任いただきました皆様に、厚生労働大臣からの委嘱状を伝達申し上げました。今後3年間、堺市の福祉行政の推進にご支援とご協力を賜りますようよろしくお願いします。
民生委員児童委員制度は、来年の平成29年に、創設100年という大きな節目を迎えます。近年、地域社会のつながりが希薄化しています。様々な支援を要する方は増加しています。また、孤立死や虐待の増加、経済的困窮など、地域社会全体で支えていかなければならない課題も多くあります。こうした中、住民の方々にとっては、地域において身近に相談できる民生委員児童委員の皆様は、大変心強い存在です。皆様が果たされる役割も今後ますます重要なものとなってまいります。
堺市としても、子どもから高齢者まで、みんなが支え合って暮らせる地域社会をつくっていく、そのためには皆様のお力が必要です。今後とも、皆様とともに、堺に住んでよかった、これからも住み続けたいと思われるまちにしていきたいと思います。
皆様には、今後とも色々とご支援をいただくことが多くなると思いますが、地域福祉の中心的な担い手として、ご尽力を重ねてお願い申し上げます。」と、挨拶しました。

市長と職員との対話(新任係長級職員対象)(秘書課会議室)

新任係長級職員と対話を行いました。

来客 関西エアポート株式会社 山谷 代表取締役社長、エマヌエル・ムノント 代表取締役副社長(市長応接室)

関西エアポート株式会社 山谷 佳之 代表取締役社長、エマヌエル・ムノント 代表取締役副社長が、市長を表敬訪問されました。

「堺桜彩イルミネーション2016-堺東 大小路 堺駅-」合同点灯式(市民交流広場)

竹山市長は、「堺桜彩イルミネーション2016ということで、堺東から山之口、堺駅までの大小路がイルミネーションで彩られます。それに今年は桜が加わります。村松亮太郎さん率いるNAKED Inc.の皆さんが、子どもたちがつくった桜の木にプロジェクションマッピングをしていただきます。堺東から堺駅まで桜のイルミネーションは5ヶ所あります。是非とも桜のイルミネーションを見ていただきながら、堺の良さを再発見していただきたいと思います。
今日は、錦西小学校音楽隊、熊野小学校少年音楽隊、堺少女歌劇団の皆さんがお祝いにかけつけてくれています。これから、堺東、堺駅、大小路をよろしくお願いします。」と挨拶し、点灯を行いました。

殿馬場中学校区 青少年健全育成協議会 講演会(ホテル・アゴーラ リージェンシー堺)

「自由・自治都市 堺の挑戦!」をテーマに、講演を行いました。

このページの作成担当

市長公室 秘書部 秘書課
電話:072-228-7401 ファックス:072-222-8441
〒590-0078 堺市堺区南瓦町3番1号 堺市役所本館4階

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで



以下フッターです。
Copyright © Sakai City. All Rights Reserved.
フッターここまでこのページの上へ戻る