このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
堺市
  • 音声読み上げ・文字拡大・ふりがな
  • サイトマップ
  • くらしの情報
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉
  • 観光・歴史・文化
  • 産業・ビジネス
  • 市政情報


本文ここから

平成28年度 幹部職員訓示式(平成28年4月1日)

更新日:2016年4月1日

 本日付けをもって、局長級・部長級をはじめとした皆さんを新しい部署に配属いたしました。

 今年は、堺市が政令指定都市になって10年目です。私たちはこの政令指定都市になるまでの45年の取り組みを、しっかりと胸に刻まなければならないと思います。
 基礎自治体の中で、最高の権限と財源を有する政令指定都市をめざして、市民、職員が一丸となって頑張ってきた。その成果が平成18年4月に結実しました。
 この政令指定都市・堺を、さらに市民にとってより良いまちにするために、福祉を増進し、まちづくりを進めていくような施策を重ねてまいりたい。

 ご承知のように、子育て、歴史・文化、ものづくりをはじめ、都市内分権、さらには安全・安心なまちづくり、この5つは市政の基本的な方針です。

 そして、とりわけ今年は「産」という漢字一文字で思いをあらわしました。子育ての「産」、世界文化遺産の「産」、産業政策の「産」の3つの産を謳っています。これを私たちは、この一年、しっかりと取り組んでいきたいと思います。

 それは、とりもなおさず局長・部長級の皆さんのお力によるところが大きい。この度の異動にあたり、私は3つのことを皆さんにお願いしたい。
 まずは、積極的な施策の立案を皆さんの自主的な創意工夫をもってしていただきたい。新しい発想で、様々なニーズをくみあげた施策を組み立てていただくのが、皆さんだと思います。
 28年度予算でも、子どもの貧困の問題、コンビニへの有害図書の陳列の問題、さらには子育てと介護とのダブルケアの問題など、今日的な課題に対して新しい施策を打ち出しました。これを更に、国内全体に向けて、発信していただきたい。

 2つ目は、チーム堺として、組織の一体化を図っていきたい。どうしても管理職の立場になると、部下に対する指導が上から目線になる。部下の思いをしっかりと受け止めて、チームとして仕事をしていくということを忘れずにしていただきたい。
 それは、部下の思いをしっかりと汲み上げ、部下の気持ちになって仕事をするということです。チームで仕事をしていくということを再確認していきたい。

 3つ目は、心身の健康です。健康管理は、皆さんにとって絶対不可欠なものです。やはり元気でこそ、良い仕事ができる。
 そして、それは部下の皆さんも元気で健康で仕事できるようにすることが、皆さんのお仕事だと思います。
 是非とも、年度当初にあたり、私は局長・部長級の皆さんとこの3つの思いを共有したい。

 今年は、様々な意味で大事な年になります。堺市がこれからも政令指定都市として発展できるかどうかという、10年の節目の大事な年です。是非とも皆さんと共に、政令指定都市・堺を発展させたい。
 皆さんと思いを共有して、市民目線・現場主義でしっかりと事業を進めてまいりたいと思います。
 堺市役所が真に市民の役に立つ所と、市民から思っていただけるように、一緒になって頑張りたい。よろしくお願いいたします。

このページの作成担当

市長公室 秘書部 秘書課
電話:072-228-7401 ファックス:072-222-8441
〒590-0078 堺市堺区南瓦町3番1号 堺市役所本館4階

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで

サブナビゲーションここから

市長の言葉

情報が見つからないときは

世界文化遺産を大阪に 百舌鳥・古市古墳群

サブナビゲーションここまで


以下フッターです。
Copyright © Sakai City. All Rights Reserved.
フッターここまでこのページの上へ戻る