このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
堺市
  • 音声読み上げ・文字拡大・ふりがな
  • サイトマップ
  • くらしの情報
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉
  • 観光・歴史・文化
  • 産業・ビジネス
  • 市政情報


本文ここから

平成27年度 幹部職員訓示式(平成27年4月1日)

更新日:2015年4月1日

 新年度に当たり、皆さんに一言ご挨拶させていただきます。
 今年度予算のテーマは、「誇りを感じ、憧れを抱くまち さかい」としました。その実現に向けた取組みに重点化して予算配分し、「堺の魅力、子育て・歴史文化・ものづくり大作戦」と銘打ち、皆さんと一丸となって取り組んでいこうということを申し上げたところです。

 堺市マスタープランの中の3つの挑戦、そしてリーディングプロジェクトとして取り組んできた様々な施策が、ようやく花を開き、実を結んできたところです。これを大きな花に、大きな果実にしていきたいと思っています。
 歴史・文化では、先月20日に「さかい利晶の杜」が無事オープンしたところです。3日間で1万4千人の方々が観に来られました。
 月曜日には、百舌鳥・古市古墳群の世界文化遺産登録について、国会議員44名の皆様が議員連盟を結成してくださり、百舌鳥・古市古墳群を応援するということで、力強くスタートできることを有り難く思っています。これで、7月の国内推薦に向けて、府及び3市が一丸となって取り組んでいけると思っています。

 また、今年は地域のことをしっかりと、地域で進めていこうではないかということで、「区民評議会」と「区教育・健全育成会議」をスタートさせます。区長の皆さんと、本庁部局の皆さんと一緒になって、地域から堺市を変えていく取り組みをしていきたいと思います。

 私は皆さんに、4つのことをお願いします。
 一つは「情報発信」です。もっと積極的に国の内外に堺市を発信していきたい。そして、本市が現在行っていることを、市民と一緒になって発信していく、特に幹部職員が率先してご指導いただき、本市一丸となって取り組んでいきます。
 一つひとつの取組みが実を結び、大きな花となっていくと思います。一つひとつの取組みをこれからも積み重ねていきたい。

 二つ目は「政策議論」です。市民の皆様や議員の方々と政策議論をしっかりと行っていく。そのためにはエビデンス(根拠)を示しながら政策議論を行っていく事が必要だと思います。もっとオープンな形で政策議論をしていかなければ、なぜこうなっているのかということが分かりにくいと思います。私達は透明性を高めて、公開の場で市民の皆様、そして外に向かって政策議論をしていきたい。

 三つ目は「市民力」です。市民力をどのようにして強化していくか。私は3月末から4月上旬にかけて各区を回り、区の連合会長と色々お話しています。地域のことを解決するには連合会長をはじめ、地域の皆様の盛り上がりが必要ですよ、市民力が必要ですよ、上から押しつけて区民評議会、区教育・健全育成会議をするのではないですよ、という事を理解していただけるよう、地域を回っています。市民力をいかにして高めていくかということが、今後、堺の自治を強固にしていくと思います。
 ぜひとも皆さんの部局でも、市民の皆様に関心を持って頂き、いかにして協働していただけるかということを考えていただきたい。我々は、そのためのオルガナイザーであると思っています。

 最後に、「心と体の健康」です。皆さんの健康のみならず、部下職員の心と体の健康を保って頂きたい。もちろん、ご家族の皆様も健康であることが、良い仕事をする上で必須条件です。

 今日申し上げた4つのポイントをお願いしながら、チーム堺として、堺市民の皆様の満足度ナンバーワンにする事業をしていきたい。
皆さんに期待しています。よろしくお願い致します。

このページの作成担当

市長公室 秘書部 秘書課
電話:072-228-7401 ファックス:072-222-8441
〒590-0078 堺市堺区南瓦町3番1号 堺市役所本館4階

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで

サブナビゲーションここから

市長の言葉

情報が見つからないときは

世界文化遺産を大阪に 百舌鳥・古市古墳群

サブナビゲーションここまで


以下フッターです。
Copyright © Sakai City. All Rights Reserved.
フッターここまでこのページの上へ戻る