このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
堺市
  • 音声読み上げ・文字拡大・ふりがな
  • サイトマップ
  • くらしの情報
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉
  • 観光・歴史・文化
  • 産業・ビジネス
  • 市政情報


本文ここから

平成25年度幹部職員訓示式(平成25年4月1日)

更新日:2013年4月1日

平成25年度幹部職員訓示式(平成25年4月1日)

 おはようございます。市長の竹山です。
 平成25年度の新しい体制のスタートにあたりまして、私から一言ご挨拶させていただきます。

 本日より「堺市職員及び組織の活性化に関する条例」が施行されます。この条例の趣旨については、皆様方もご存じのとおり、人事制度の透明化と、信賞必罰の徹底による職員のモラールの向上ということで、堺市という組織をパワーアップしていこうというものです。私は、この条例に思いをかけております。堺市の組織が今まで以上に活性化していって旧態依然としたところから抜け出していかねばなりません。

 ともすれば公務員組織は保守的になります。そして陳腐化していきます。これは、民間組織でも一緒です。しかし、民間組織は市場での生き残りがかかっているため、経営環境の変化に対する機動的な対応が非常に優れていると思います。そういう意味で私達は、民の良いところをどんどん取り入れていかなければならないと思っています。

 それともう一つ、皆様方にお願いしたいのは、私自身も心がけているところですが、「プレイングマネージャー」であれということです。是非皆様方にも、プレーをしながらマネージメントしていただきたいと思っています。

 私は常々堺というのは、まさに色々な文化が集まったコスモポリタンなまちだと言っています。市役所の組織にあっても、国から来られた方、民間から来られた方、そのような方々が一緒になってとけあって新しい組織の発展へと導かれていきます。そういった発展の歴史を堺は持っています。そういう意味で私は、堺のDNAはまさに自由と自治、そしてコスモポリタンだと思います。

 課題は色々ございます。少子高齢化、そして、この経済状況の中で堺としてどのような選択と集中を決断し投資をしていくか。そして、市民の幸せを追求していくうえでの課題が沢山あると思います。皆様方と一緒にその課題を解決していきたいと思います。皆様方が牽引役となって、一般職員や非常勤職員の方も含めて組織のパワーアップをして、その先頭に立っていただきたい。

 私は市長として任期の締めくくりの年を迎えました。皆様方と一緒に、組織が変わったな、職員は頑張っているなと思われるようにしたいと思っています。
 是非とも、お力添えをお願いします。チーム堺一丸となって頑張ってまいりたいと思います。

このページの作成担当

市長公室 秘書部 秘書課
電話:072-228-7401 ファックス:072-222-8441
〒590-0078 堺市堺区南瓦町3番1号 堺市役所本館4階

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで

サブナビゲーションここから

市長の言葉

情報が見つからないときは

世界文化遺産を大阪に 百舌鳥・古市古墳群

サブナビゲーションここまで


以下フッターです。
Copyright © Sakai City. All Rights Reserved.
フッターここまでこのページの上へ戻る