このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
堺市
  • 音声読み上げ・文字拡大・ふりがな
  • サイトマップ
  • くらしの情報
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉
  • 観光・歴史・文化
  • 産業・ビジネス
  • 市政情報


本文ここから

平成25年(2013年)堺市成人式(平成25年1月14日)

更新日:2013年1月14日

 堺市長の竹山です。
 本日晴れて成人の日を迎えられました皆さん、誠におめでとうございます。心よりお祝い申し上げます。
 また、ご多忙にも関わらず、新成人の門出を祝うためにお集まりいただきましたご来賓の皆様に、心よりお礼申し上げます。

 本日、堺市では7800余名の方々が成人を迎えられます。
 式の会場は7つに分かれていますので、本日私はここ中区ソフィア堺に参っております。他の6つの会場は、ビデオメッセージで対応させていただいています。

 新成人の皆さんは、「二十歳」という人生の大きな節目を迎えられました。これから先、長い人生を歩まれる皆さんは様々な可能性を持っています。それを実現するためには、何よりも果敢な「挑戦」が必要です。

 昨年、「挑戦」の大切さを、私たちは京都大学の山中伸弥教授によって教えられました。iPS細胞の開発に成功しノーベル医学・生理学賞を受賞されたことです。
 山中教授はアメリカ留学中に恩師から「ビジョン&ハードワーク」という言葉を教えてもらったそうです。「ビジョンを持つ」「努力をする」この一方だけではなく両方、すなわち目標を持って一生懸命努力することの大切さを教わりました。
研究は苦難の連続であったそうですが、治療法のない病気で苦しんでいる患者の役に立ちたいという目標に向けて地道な努力を重ねられた結果、今回の栄誉に浴することとなったそうです。そして、母校の小学校に「あきらめずに挑戦し続けること」が大事だと、メッセージを送られました。

 私も市長として、「挑戦」を続けています。
 1つ目の挑戦は、教育・子育て環境の整備や防犯・防災対策を充実させることにより、皆さんに将来「子育てするなら堺」と思っていただけるようになることです。
 2つ目の挑戦は、千利休や与謝野晶子など、堺の豊富な歴史・文化を活かして市民の皆さんが「誇り」を持てるまちにすることです。そして、国の内外から憧れてもらえるまち、「歴史文化のまち・堺」をつくりたいと思います。
 3つ目の挑戦は、堺が持つものづくりの力を活かし、日本で最先端の環境と産業が調和したまち「ものづくりと低炭素都市・堺」を実現すること。
ここ中区にも、ものづくり産業、伝統産業が息づいています。注染和晒、緞通などの技術が生きています。
 私はふるさと堺を今よりもっと素晴らしいまちにするため、この「3つの挑戦」をこれからも続けていきます。

 どうか皆さんも何か1つでも目標を持って、それにチャレンジしていただきたい。成功はもちろん失敗の中にも何か自分に残るものがあるはずです。
 前途ある皆さんの「挑戦」が日本の将来を切り拓いていくと考えています。そしてあふれんばかりの若いパワーで「ふるさと・堺」を盛り上げていただきたい。

 昨年野球界では、藤浪晋太郎君が大活躍しました。そして、プロボクシングの井岡一翔いおかかずと選手、宮崎亮選手が世界チャンピオンになりました。また、女子サッカーでは、ロンドンオリンピックで、阪口夢穂さかぐちみずほ選手、田中明日菜たなかあすな選手が大活躍しました。
 今年は、スポーツ以外の文化、芸術、学術の面でも皆様方の若いパワーを爆発させていただきたいと思います。

 そして最後に1つお願いがあります。皆さんは、世界に羽ばたいていただくとともに、将来必ず堺に帰って来て、この堺のまちを盛りたててください。様々なステージで培われた知識、経験を将来堺に還元してください。 

 皆さんの活躍を期待しています。本日は本当におめでとうございます。

このページの作成担当

市長公室 秘書部 秘書課
電話:072-228-7401 ファックス:072-222-8441
〒590-0078 堺市堺区南瓦町3番1号 堺市役所本館4階

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで

サブナビゲーションここから

市長の言葉

情報が見つからないときは

世界文化遺産を大阪に 百舌鳥・古市古墳群

サブナビゲーションここまで


以下フッターです。
Copyright © Sakai City. All Rights Reserved.
フッターここまでこのページの上へ戻る