このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
堺市
  • 音声読み上げ・文字拡大・ふりがな
  • サイトマップ
  • くらしの情報
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉
  • 観光・歴史・文化
  • 産業・ビジネス
  • 市政情報


本文ここから

初登庁訓示(平成21年10月8日)

更新日:2009年10月8日

 おはようございます。竹山でございます。よろしくお願いいたします。

 まず最初に昨日の台風18号接近に伴う皆さん方の対応につきまして、非常にありがたく受け止めております。幸い大きな被害はなかったものの、延べ885名の職員の方が深夜にもかかわらずご出勤いただきましてありがとうございました。私自身、自宅で待機しておりましたけれど、本当にいろいろ電話で対応させていただきまして、皆さん方が的確に動いていただいたということで感謝いたしております。ありがとうございました。

 それでは初登庁にあたりまして、ご挨拶させていただきます。

 私は歴史と伝統ある堺市の第31代市長として、本日から今後4年間の市政を担うこととなりました竹山修身です。

 私は堺で生まれ、堺で育った生粋の堺っ子です。堺市長の資質として、堺出身であることは、必ずしも必要であるとは思いませんが、行政の原点は現場主義、即ち現場を知っていることが必要であると考えており、市民の皆様方と同じ基盤に立って即座に対応できるメリットがあると考えています。そして、それ以上に私は堺が大好きですし、堺を愛しています。
 今回の厳しい選挙戦を通じまして、市民の皆様から、直接市政に対するご意見、ご要望をうけたまわり、市民の市政に対する期待の大きさとその職責の重さに身の引き締まる思いであります。

 これまで堺市職員の皆さんが、木原敬介前市長の下、地方行政が置かれている厳しい情勢の中で、市政運営に努められ、堺市の発展と市民福祉の向上に全力を尽してこられましたことに、深く敬意を表したいと思います。
 職員の皆さんには、84万市民の幸せのため、引き続き職務に特段のご精励をお願い致します。

 ご承知のように、世界同時不況に端を発する景気の後退、待ったなしの地球温暖化対策や、蔓延が危惧される新型インフルエンザ対策など、現在の地方自治体を取り巻く社会経済情勢は大変厳しい状況にあります。まさに、世界の動きが私たちの暮らしに直結するとともに、国内においても、世界に例を見ない急激な少子高齢化の進展や、現実のものとなった人口減少社会の到来、さらには、国・地方を問わず財政状況が悪化するなど、解決すべき課題が山積しています。

 この中にあって、第一に皆さん方にお願いしたいことは、私が選挙戦を通じて申し上げておりました「堺市政を市民目線で総点検」というスローガンに従って、それぞれの仕事を総点検して頂きたいと考えています。即ち、従来の行政慣行の枠を取っ払って考えて下さい、ということです。
 具体的には、その施策・事務は本当に堺市として、公としてやらねばならないものなのか、もっと効果的に・効率的に費用をかけずに執行できないものか、すべての市民に対して公平・公正なものであるかを問い直して頂きたいと考えています。

 第二に、公務員・堺市職員としての誇りを持って頂きたいということを改めて申し上げたいと思っています。堺市役所に入った時の気持ちをもう一度思い起こしてください。「堺のために、堺市民のために」という気持ち、誇りを思い起こしてください。
 「先憂後楽」という中国の古い言葉があります。私ども、公務に就く者は市民の生活の安定を先ず優先し、その後に自らの生活の充足を図るものではないでしょうか。公僕としての使命を常に忘れることなく、公共の利益のためにという自らの職務・職責を果たして頂きたいと考えます。

 第三に、分権時代をリードする「自治都市 堺」を実現したいと考えています。都市間競争が激化する中、それぞれの都市の独自性と優位性が競われています。その中で勝ち抜くためには堺市職員は更なる政策立案能力の向上に努める必要があります。自ら知恵を出し、自ら汗を流して政策をうち立てていく喜びを実感して頂きたいと思います。また、情報公開と説明責任による行政の透明化、見える化が強く求められます。堺市政において、今まで、ともすればなおざりにされていた分野ではないかと思います。市民の皆さんと情報を共有し、市政への参画を得て、「自治都市 堺」を全国に発信したいと考えています。

 最後に、組織の風通しを良くしたいと思っています。局・部・課内の上司と部下のみならず、横の組織との連携も必要です。皆さんご承知のように、市の抱えるほとんどの課題は部局横断的なものです。従来の枠組みを越え、積極的にチャレンジする気風を作っていきたいと考えます。
 私は情熱と誠意を持って、そして謙虚にかつ大胆に、誠心誠意全力で市政改革に取り組む所存であります。しかしながら、市長一人でできる改革は限られています。市民の皆さまからご支持を頂き、職員の皆さんの力を結集し、議会の賛同も得てこそ、初めて大きな改革「堺維新」が実現可能になると考えます。

 どうか、職員の皆さんには、私の思いをしっかり受け止めて頂き、そして私が市民の皆様にお約束いたしました公約「マニフェスト」の趣旨を十分ご理解頂き、公約実現のため、ご協力をよろしくお願い申し上げまして、初登庁の挨拶といたします。

このページの作成担当

市長公室 秘書部 秘書課
電話:072-228-7401 ファックス:072-222-8441
〒590-0078 堺市堺区南瓦町3番1号 堺市役所本館4階

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで

サブナビゲーションここから

市長の言葉

情報が見つからないときは

世界文化遺産を大阪に 百舌鳥・古市古墳群

サブナビゲーションここまで


以下フッターです。
Copyright © Sakai City. All Rights Reserved.
フッターここまでこのページの上へ戻る