このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
堺市
  • 音声読み上げ・文字拡大・ふりがな
  • サイトマップ
  • くらしの情報
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉
  • 観光・歴史・文化
  • 産業・ビジネス
  • 市政情報


本文ここから

ようこそ市長室へ

堺市長 竹山修身

市長あいさつ

 堺市議会定例会では、今年最後となる平成28年第5回定例会が、11月28日に開会しました。今議会では、大浜北町市有地活用事業の関連補正予算案など、35件の案件を提出しています。
 大浜北町市有地は、南海本線堺駅の西側に位置し、堺旧港に面した1ヘクタールの市有地です。これまでも、歴史ある堺の港ならではの魅力あるウォーターフロントの形成をめざして、活用を進めてたきところです。このたび、その活用の基本方針がまとまりましたので、民間事業者による土地活用に向けて、公募を行いたいと考えています。
 活用の基本方針としては、商業機能の導入による賑わい空間の創出、「さかい利晶の杜」などと連携した観光ネットワークの形成、周辺商店街との連携による地域の活性化などを設定しました。また、併せて、市有地と堺旧港の護岸を結ぶ連絡橋などの公共施設も整備します。
 この事業は、堺旧港地域の活性化の核となる事業です。堺旧港地域が、多くの来訪者でにぎわう魅力的なエリアになるよう事業を進めてまいります。

 11月19日から、世界文化遺産登録をめざしている百舌鳥・古市古墳群を快適に巡っていただく「もずふるレンタサイクル」の貸し出しを開始しました。貸し出しを行う自転車は、長距離移動にも利用しやすい電動自転車です。
 このレンタサイクルは、堺市・羽曳野市・藤井寺市が連携して実施します。貸出場所は3市内に4ヵ所あり、いずれの場所でも返却が可能です。
 さらに、両古墳群に隣接する松原市とも連携し、移動の間にも楽しんでいただけるよう、周遊モデルコースをはじめ、4市のグルメやショッピング情報を掲載したパンフレットを作成しました。このパンフレットもご利用いただきながら、古墳サイクリングをぜひお楽しみください。

 12月1日から、堺の冬の風物詩となっている中心市街地のイルミネーションがはじまります。従来の大小路筋約1.6キロメートルに加えて、堺駅・内川まで広がり、「堺桜彩(さかいおうさい)イルミネーション2016」として中心市街地の夜を華やかな光で彩ります。
 今年は、東京駅のプロジェクションマッピングなどを手掛けた堺市南区出身のアーティスト村松亮太郎さんに、堺地方合同庁舎前の市民交流広場などで、プロジェクションマッピングを展開していただきます。この作品は、市内の小学生がつくった、桜の花びら約9,000枚で装飾された高さ5mの桜のツリーに、映像を投影します。また、「堺の未来に咲く桜」をテーマに、イルミネーションによる桜をイメージしたスポットを作り、冬に桜のお花見空間を演出します。
 1月15日まで開催していますので、人が集い、賑わいと魅力あふれる中心市街地を、多くの皆さんに楽しく巡っていただきたいと思います。

 これから寒さがどんどん厳しくなってきます。皆様におかれましては、元気に新年を迎えられるよう、健康管理にはくれぐれもご留意ください。

[2016年12月1日]

本文ここまで



以下フッターです。
Copyright © Sakai City. All Rights Reserved.
フッターここまでこのページの上へ戻る