このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
堺市
  • 音声読み上げ・文字拡大・ふりがな
  • サイトマップ
  • くらしの情報
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉
  • 観光・歴史・文化
  • 産業・ビジネス
  • 市政情報


本文ここから

ようこそ市長室へ

堺市長 竹山修身

市長あいさつ

 11月3日に、さかい利晶の杜で、「第2回堺和菓子ワングランプリ」を開催しました。堺の和菓子の名店13店舗に出店いただき、参加いただいた皆さんに和菓子をご堪能いただきました。合わせて、千利休のふるさと・堺ならではの、茶道三千家が一堂に会する茶席も催され、皆さんに、茶の湯の文化を感じていただいたところです。
 また、今年は、堺山之口商店街において、和菓子の販売と合わせて和菓子作り体験を実施し、「味わう」楽しみに加え、「作る」楽しみをご提供させていただきました。
 昨年の第1回に引き続き、多くのみなさんにご来場いただきました。堺の和菓子が持つ魅力や人気の高さを、改めて実感したところです。
 今後も、事業者の皆さんと一緒になって、堺の和菓子文化を全国の皆さんに発信してまいります。

 11月23日に、堺市農業祭を開催しました。実りの秋に感謝して、堺の農業に対する理解を深めていただくため、昭和51年から毎年開催しており、今年で43回目となりました。新鮮で安全な野菜やみかんなどの「堺のめぐみ」等を販売する「とれとれ市」や、花や観葉植物を販売する「花市」など、堺の農家が生産された様々な農産物をたくさんの方に購入いただきました。
 今年は、9月4日に襲来した台風21号により、数多くのビニールハウスなどの農業用施設が被災し、多くの農家の皆さんが早期の復旧に向けて懸命に取り組んでおられる中での開催となりました。朝早くから行列をつくる市民の皆さんと、活気あふれるやり取りを交わされるなど、台風被害の暗い気持ちを吹き飛ばすほどの盛り上がりが見られました。
 引き続き、被災からの復旧支援や、担い手の育成、地産地消の推進など、堺の農業がより一層元気になるように取り組んでまいります。

 10月23日から12月上旬まで、宮内庁書陵部は、仁徳天皇陵古墳の発掘調査を実施しています。今回の調査は、古墳の適切な保存管理を目的に、第1堤の遺構や遺物の残存状況を確認するもので、堺市は宮内庁からの依頼を受けて、全国で初めて宮内庁の調査に参加しました。これまでに円筒埴輪列やこぶし大の石敷きが確認されています。 
 今回、堺市が協力できたことは、宮内庁が積み重ねてこられた調査手法や知識を学ぶ、大変貴重な機会となったと考えています。
 今後も陵墓の静安と尊厳を守り、宮内庁をはじめ関係機関と連携して、我々の誇りである百舌鳥古墳群の普遍的価値を維持し、次世代に引き継いでいきたいと思います。

 2025年の国際博覧会の開催地が大阪に決定しました。関西を世界に発信するとともに、経済の活性化にも大きく寄与するものであり、大変喜ばしいことと考えています。
 堺市としても、来年の百舌鳥・古市古墳群の世界文化遺産登録も見据え、2025年大阪・関西万博と連携しながら、世界中の人々に堺に訪れていただけるよう取組を進めていきたいと考えています。

[2018年12月1日]

本文ここまで



以下フッターです。
Copyright © Sakai City. All Rights Reserved.
フッターここまでこのページの上へ戻る