このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
堺市
  • 音声読み上げ・文字拡大・ふりがな
  • サイトマップ
  • くらしの情報
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉
  • 観光・歴史・文化
  • 産業・ビジネス
  • 市政情報


本文ここから

ようこそ市長室へ

堺市長 竹山修身

市長あいさつ

 7月25日に開催された文化庁の文化審議会世界文化遺産・無形文化遺産部会及び世界文化遺産特別委員会において、今年の国内推薦として「長崎の教会群とキリスト教関連遺産」が選定されました。私たちのふるさと堺市の誇り、堺市民の誇りである「百舌鳥・古市古墳群」は選定されませんでした。堺市民の皆さま方も「今年こそは」と期待されていたこともあるので残念であり、私たちの力不足を感じているところです。
 堺市では、百舌鳥・古市古墳群を将来にわたって継承していくため、大阪府、羽曳野市、藤井寺市とともに一丸となって、来年の国内推薦の獲得に向けて、取り組んでまいります。また、「堺市民の会」や「府民会議」などの協力をいただきながら、さらなる機運醸成にも取り組んでまいりますので、市民の皆さまには、引き続きのご支援をお願いいたします。

 7月12日には、O157学童集団下痢症事件の発生から20年を迎え、「O157堺市学童集団下痢症 追悼と誓いのつどい」を開催しました。堺市では、「7月12日」を「O157堺市学童集団下痢症を忘れない日」と定めています。
 今後とも、亡くなられた方々、今なお苦しんでおられる被害者の方々を決して忘れず、二度とあのような悲惨な出来事を繰り返さない、事件を風化させないことを固く誓うとともに、市政のあらゆる分野で安全・安心な環境の構築に努めてまいります。

 7月20日には、堺区内のコミュニティーカフェで、子ども食堂のモデル事業の第一弾が開催されました。この取組は、食事をきっかけとした子どもの居場所づくりをしようとするもので、当日は、たくさんの子どもたちが、カレーライスを食べながら、楽しい時間を過ごしていました。「子どもの貧困対策」として大上段に構えて実施するのではなく、たくさんの方にこうした取組を知っていただくことを通じて、活動の輪が大きく広がればと考えています。
 今年度中に、場所や時間帯を変えながら8回程度実施することとしています。今後は、事業の結果を十分に検証したうえで、地域の取組を後押しできる仕組みを構築してまいります。
 暑さ厳しき折、くれぐれも健康管理にご留意願います。

[2016年8月1日]

本文ここまで



以下フッターです。
Copyright © Sakai City. All Rights Reserved.
フッターここまでこのページの上へ戻る