このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
堺市
  • 音声読み上げ・文字拡大・ふりがな
  • サイトマップ
  • くらしの情報
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉
  • 観光・歴史・文化
  • 産業・ビジネス
  • 市政情報


本文ここから

堺産品ブランド強化事業 公開セミナー

更新日:2018年11月26日

 堺産品ブランド強化事業の公開講座として、自社のブランドや製品をより魅力的にし、販路を開拓するための実践的なセミナーを実施します。お悩みにあわせて、ぜひご参加ください。(参加無料) 

申込方法(全回共通)
以下内容を本文に記載の上、開催の3日前までに委託事業者である株式会社ライヴスまでメール(sakaibrand@lives.ne.jp)にてお申込みください。
(1)申込されたいセミナーのテーマ (2)会社名 (3)部署・役職 
(4)参加者氏名/参加人数 (5)住所 (6)TEL・FAX 

※開催3日前を過ぎた場合も空きがあればご参加いただけますので、
 お問い合わせください。

堺産品ブランド強化事業とは

各回の概要

  日程 場所 テーマ 内容
第1回

平成30年6月20日(水曜)
13時30分~14時30分

(公財)堺市産業振興センター 3F会議室5 自社を知る

・ブランディング基礎
・自社の強みの棚卸し

第2回

平成30年7月4日(水曜)
13時30分~14時30分

(公財)堺市産業振興センター5F会議室4 市場を知る

・マーケティングとは
・4Cを活かした事例からヒントを得る
・自社の顧客を理解しよう

第3回

平成30年7月18日(水曜)
13時30分~14時30分

(公財)堺市産業振興センター5F会議室4 伝え方を知る

・ブランドコミュニケーションとは
・コミュニケーション手法

第4回

平成30年12月14日(金曜)
13時30分~14時30分

(公財)堺市産業振興センター5F会議室1

バイヤー目線での商品提案

・バイヤーの商品選定目線に沿った提案型営業の必要性
・バイヤーとの関係構築の手法

第1回セミナー「自社を知る」 

講演内容

 一般消費者向けの高付加価値商品の事例を参考に、自社の魅力を棚卸するセミナーを開催します。

<ブランディングの基礎>
 ・ブランディングとは
 ・ブランディングの目的と必要性
 ・ブランディングのプロセス

<自社の強みの棚卸し>
 ・強みとは(事例)
 ・自社の強みの設定方法

第1回講師プロフィール

株式会社ラボラトリアン 代表取締役 本田 吉昌 氏

大阪市生まれ。デザイン専門学校卒業後、インテリアデザイン事務所、グラフィックデザイン事務所に勤務。2006年よりデザイン事務所設立。現在は事業戦略やブランディングのコンサルティングサービスやクリエイティブディレクションを展開。飲食、アウトドア、アート、観光などの企業のプロデュースやディレクションを得意とする。

<主な実績>
・東京西海陶器のコンセプト作成、HP制作のディレクションを担当。
・木雑貨ブランドSAOUSEの商品企画、プロデュースを担当。

第2回セミナー「市場を知る」 

講演内容

 一般消費者向けの高付加価値商品の事例を参考に、ターゲットとすべき消費者や市場を考えるセミナーを開催します。

<マーケティングとは>
 ・フレームワーク4Pの理解と4Cへの移行

<4Cを活かした事例からヒントを得る>
 ・大手メーカーヒット商品と中小メーカーの事例紹介 
 ・ターゲットとその心理を理解

<自社の顧客を理解しよう>
 ・「自社の顧客」と「競合企業の顧客」
 ・ターゲットのニーズが高まるシーンや理由を考察

第2回講師プロフィール

株式会社ドゥ・ハウス 消費者リサーチ事業部マネージャー 村田 豊 氏
マーケティング分析を専門とするリサーチ会社にて、消費者リサーチを担当している。

第3回セミナー「伝え方を知る」 

講演内容

一般消費者向けの高付加価値商品の事例を参考に、自社の魅力を設定した消費者、市場に発信するためのデザインコンセプトや媒体発信手法に関するセミナーを開催します。

<ブランドコミュニケーションとは>

 ・ターゲットの確認と満足度が高まるデザインコンセプトやアプローチ方法の理解

<自社の強み、競合企業の戦略、 市場について考えてみよう>

・ベースとなるネーミングとロゴについて

・コミュニケーションを「展開」する情報発信媒体について

第3回講師プロフィール

株式会社ライヴス CaBasブランドディレクター 金谷 杏奈 氏
愛知県の三河木綿を使用した国産バッグブランドのディレクションを務める。
インスタグラムを始めとしたSNSでの情報発信を強化し、オンラインショップでの売り上げを拡大中。

第4回セミナー「バイヤー目線での商品提案」 

講演内容

商談会や展示会、販売先へのプレゼンなど販路開拓に向けて、バイヤーの商品選定基準に沿った提案型営業の必要性やバイヤーとの関係構築を中心に基礎とコツを学びます。

<事前準備>
・事前視察のポイント
・商習慣の基礎
・販促ツールについて

<バイヤー視点>
・売り場提案
・自社商品を取り扱うメリット
・刺さるトークのポイント

第4回講師プロフィール

株式会社ライヴス あべ松 裕司 氏
福岡県出身。リクルート入社後、人事部門・とらばーゆ企画部門・人材採用媒体営業など経て、株式会社ボックスグループ入社。中古TVゲームショップFC開発、中古ゴルフショップ/ゴルフ・ドゥの展開、化粧品ブランド/ルアンルアンの商品開発・販売など、業態開発・FC展開、商品開発から販売、FC展開など多岐にわたる職務経歴を持つ。
現在はオリジナル商品「非加熱はちみつマヒカ」の商品開発、営業管理、販路開拓を担当。

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DCAdobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

このページの作成担当

産業振興局 商工労働部 ものづくり支援課
電話:072-228-7534 ファックス:072-228-8816
〒590-0078 堺市堺区南瓦町3番1号 堺市役所高層館7階

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで



以下フッターです。
Copyright © Sakai City. All Rights Reserved.
フッターここまでこのページの上へ戻る