このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
堺市
  • 音声読み上げ・文字拡大・ふりがな
  • サイトマップ
  • くらしの情報
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉
  • 観光・歴史・文化
  • 産業・ビジネス
  • 市政情報


本文ここから

事業所紹介 社会福祉法人みささぎ会(ジョブシップさかい活用企業)

更新日:2017年2月23日

事業所及び活動概要

(法人概要)
社会福祉法人みささぎ会(設立 昭和62年)

  • 所在地

藤井寺市藤井寺4丁目11番7号

  • 代表者

理事長 奥田 益弘

  • 事業内容

特別養護老人ホーム、ショートステイ、デイサービスセンター、ホームヘルパー、ケアプランセンター、グループホーム、障がい者デイサービス、障がい者ショートステイ、障がい者ホームヘルパー、地域包括支援センター、認知症予防自立支援推進事業、無料低額宿泊所、地域公益活動

  • 従業員数

325人(平成29年2月1日現在)

(取材先)
社会福祉法人みささぎ会 高齢者ケアセンター大仙もずの音

  • 所在地

堺市堺区大仙町1番2

  • 施設長

吉田 啓太

「ジョブシップさかい」とは

 堺市にお住まいの方なら、年齢や性別、障がいの有無に関わらず、全ての求職者が利用できるジョブシップさかい。こちらでは、仕事を紹介するだけではなく、その人の個性や経験、能力などを丹念にヒアリングして、仕事と求職者のマッチングを行います。
 求職者には、専属の担当者がつき、就職活動に関する個別相談、情報提供、職業適性診断、面接練習や応募書類添削などを無料で行っています。また、パソコンルームの開放や就労支援職業能力開発講座を実施し、就労後も職場定着を支援します。「なかなか思うような仕事が見つからない」「自分に適している仕事はなんだろう」そんな方にお勧めです。
 また、人材を求める企業に対しては、その企業の実情を把握した上で、求職者とマッチングさせ、ニーズに合った人材の採用を後押しします。
 今回は、ジョブシップさかいの利用者を積極的に採用している「社会福祉法人みささぎ会 高齢者ケアセンター 大仙もずの音」を訪問し、お話を伺いました。

ジョブシップさかいでミスマッチをなくす

 みささぎ会は、地域に密着した福祉施設として社会貢献の視点を持ち、堺市で高齢者ケアセンター「大仙もずの音」を運営しています。地元の方に働いていただきたいとの思いと人材の長期定着を考えてジョブシップさかいを利用しています。
 大手求人サイトを利用した際には、応募者数が多い反面、ミスマッチも非常に多いのが悩みでしたが、ジョブシップさかいでは、私たちが必要としている人材をしっかりと把握し、その条件に合った方を的確に紹介していただけるので助かっています。
 ジョブシップさかいが開催する介護職員初任者研修講座では、その講義を受講して資格を取得した方に対して、福祉関係企業の合同面接会を行っており、ミスマッチの少ない採用支援が特徴の一つではないでしょうか。実際採用させていただいた方は、すでに3年以上継続して働かれています。

業務分担により尊厳あるケアを実現

 みささぎ会が介護事業者として大切にしているのは、尊厳あるケアです。その一例が「食事用エプロンゼロ」。介護施設では、食事の際に利用者にエプロンをつけることがよくみられます。しかし、私たちは「赤ちゃんの前掛けのようで、高齢者の方々の尊厳を傷つけているのではないか」との考えからエプロンの使用を廃止しました。介助方法を見直し、食事姿勢、テーブルや椅子などを工夫することで食べこぼしを減らし、すべてのご利用者様にエプロンなしで食事を楽しんでいただいています。その他にも、法人設立以来29年継続している「褥瘡(床ずれ)ゼロ」や、「自己実現の実施」が尊厳あるケアの柱となっています。「自己実現の実施」においては、利用者様個々の希望に応じた「買い物」「外食」や「観劇鑑賞」「一泊旅行」などを実施しています。
 これらのケアを実現するためには、経験豊富な介護スタッフや看護師が自らの力を存分に発揮できる環境が必要です。そこでみささぎ会では、業務の分担を積極的に実施しています。介護事業所には、介助や看護をはじめとした資格が必要な業務(直接業務)と、洗濯や掃除、リネン交換、配膳、事務など、資格を必要としない業務(間接業務)が混在しています。それらを、ルーティーン化やルールによってうまく分担することで、介護スタッフや看護師が、最大限に、専門的な業務に力を注げるようにしているのです。

その人にあった仕事で高齢者も活躍

 業務の分担を推し進める中で、間接業務を担当していただける方の募集を行うわけですが、ここでもジョブシップさかいを活用しています。
 「介護事業所」として求人を出すと、どうしても介護の資格を持たない方が応募をためらわれたり、知識が無いまま応募されて「こんなはずじゃなかった」というミスマッチが起こりえます。
 その点、ジョブシップさかいでは「間接業務を担当していただける方を採用したい」と伝えれば、資格の有無にかかわらず、ぴったりの方をご紹介いただけるのです。実際に、清掃業の経験がある65歳の高齢者を、洗濯やリネン交換で採用させていただきました。現在の業務に慣れてきていただければ、徐々に食事の配膳下膳や、食器洗い、利用者様の居室の整理整頓等、職務の幅を増やし、希望があれば介護の資格取得をしてもらうなどの道筋もできていきます。
 少子高齢化社会が進む中で、高齢者に活躍していただくことは不可欠です。また高齢者が働ける環境を整えることは、その方の介護予防にもつながります。ジョブシップさかいでは、シニア就職面接会なども企画されているので、そうした機会も積極的に利用しています。

ユニバーサル就労や無料低額宿泊所など地域公益活動にも積極的に取り組む

 業務分担を行う背景には、みささぎ会がユニバーサル就労に力を入れていることも上げられます。ユニバーサル就労とは、様々な理由で一般就労が困難である方を支援しながら就労の機会を提供するものです。私たちは、受け入れた方々の個性や事情を尊重しながら、その方に適した働き方をつくってきたのです。
 このような地域公益活動は、社会福祉法人の使命と思って取り組んでいます。他にも、緊急を要する生活困窮者に対して、総合生活相談の実施や、一時的な衣食住といった社会生活にリトライできる環境を提供する無料低額宿泊所の運営なども行っています。
 この地域公益活動は、スタッフの育成にもつながるとも考えています。高齢者や生活困窮者から学ぶことは本当に多く、また多様な仕事を経験できるからです。私たちが、施設を「学び舎」と呼ばせていただいているのは、このためです。

「福祉は人である」との考えから就労支援、人材育成、福利厚生に注力

 みささぎ会では、スタッフがイキイキと働き、日々成長することが、ご利用者の喜びに繋がると信じています。そのために、スタッフが働きやすい職場環境をつくることが重要だと考え、就労支援、人材育成、福利厚生にも力を注いでいます。
 まず就労支援では、タブレット端末やインカムによる業務効率化を図っています。また、子ども一人につき1万円の保育手当を支給、夫婦のうち1人が常勤で、その配偶者が非常勤として法人内で勤務されている場合には、ボーナスとは別に年度末に30万円の夫婦応援手当も支給しています。職員が将来に渡り、働きやすい環境づくりをめざしています。また、最寄駅からの自転車の無償貸与、駅前駐輪所の費用負担など、通勤しやすい制度も構築しています。

 次に人材育成では、作業療法士や介護福祉士などの国家資格や、ケアマネジャーの資格取得や更新研修をサポートする奨学金制度を設けています。資格取得者には資格手当も支給しています。また内外での豊富な学習会や海外研修、外部発表会への参加など、多彩なプログラムを用意しています。
 福利厚生では、メンタル&ヘルスサポート、社員旅行、永年勤続表彰なども行っています。さらに、親睦会や同好会活動への費用補助も実施しています。
各施設に職員専用のコーヒサーバーを設置し、無料で提供したり、職員食堂や休憩室を設けたりと、健やかに日々の業務に臨んでいただける風土作りを行っています。

職場見学・体験を随時実施中

 インターネット環境の普及の影響なのか、近年は現場を見ずに仕事探しをされている方が多いように感じます。しかし、ネット情報や求人誌の情報だけでは掴みきれない職場の空気や仕事内容がたくさんあります。だからこそ、みささぎ会では職場見学や職場体験、ボランティア体験などを随時行い、ミスマッチなく働いていただけるようにしています。興味のある方は、ぜひ見学にお越しください。

このページの作成担当

産業振興局 商工労働部 雇用推進課
電話:072-228-7404 ファックス:072-228-8816
〒590-0078 堺市堺区南瓦町3番1号 堺市役所高層館7階

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで



以下フッターです。
Copyright © Sakai City. All Rights Reserved.
フッターここまでこのページの上へ戻る